転職

【転職前】転職失敗談から学ぶ転職失敗回避術!!

さとし
さとし
はぁ、せっかく転職しようと思ったのに失敗するんじゃないかって不安になってきたぜ…。
アサミ
アサミ
転職での失敗は事前に準備することで全て回避できるわ!
さとし
さとし
そうなのか!一体どうすればいいんだ!!!
アサミ
アサミ
じゃあ今回は転職を失敗しない方法について教えていきましょう!

今の会社に不満を感じたり、自分のキャリアアップのためにせっかく転職したのに、その転職が失敗に終われば元の子もありません。

今回は転職を失敗する方よくある6つのケース、転職する前にどうすれば失敗を回避できるかについて紹介していきます。

これから転職しようとしている方はあらかじめこの記事を読んで失敗を回避しましょう!

では、行きましょう!

転職失敗の6つのケースと解決策

ではまずは転職を失敗する方によくある6つのケースとその解決策について見ていきましょう!

①面接時に自分の希望をうまく伝えられなかった

まずよくある失敗として「面接時に自分の希望をうまく伝えられなかった」ということです。

面接時に受かりたい一心で、自分の希望を伝えられず、転職後に希望していない部署や仕事に配属されたというパターンです。

24歳
24歳
経理として採用されたのですが、入社後すぐに総務の仕事も任されてしまいました。
転職した直後ということもあり、断れずに引き受けてしまいました。今では当然のように総務の仕事も担当しています。
確かに、面接の時「経理以外はやらない」と伝えたわけではないのですが、戸惑っています…。

引用元:doda

28歳
28歳
現在の仕事内容に満足できず、「やりがい」を求めて転職を決意。
しかし、面接で希望と違う職種を薦められました
提示された待遇のよさに魅力を感じ、そのまま入社することに…。給料はいいのですが、仕事内容にやりがいを感じられず、本来の目的を達成できませんでした。
今よりも給与は下がっていいので、もう一度転職をしようと思っています。

引用元:doda

以上のように面接時に希望を伝えられなかったことから、ズルズルと後から後悔してしまうことが多くあります。

ではこの場合どうすればいいのでしょうか?

以下で見ていきましょう!

転職前にできる解決策

このような状況にならないためにする方法とは、面接で自分の希望をはっきり伝えることです。

採用を気にするあまり、面接で自分の希望を伝えることを躊躇してしまう方が意外と多いのです。

せっかく転職を思い立ったのに、蓋を開けてみたら転職先でやりたくない仕事をしてしまう希望していなかった条件や職種で働くとなると本末転倒です。

しかし、面接時に希望ばかりを伝えていれば、面接官にマイナスなイメージを与えてしまい採用から遠ざかったしまいます。

そこで、絶対譲れない条件をいくつか決めて、ある程度は企業の要求を受け入れるというのが失敗するリスクを限りなく少なくできるでしょう!

面接でこう言った気持ちを伝えることが心配なら転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントでは依頼者が希望した条件、職種キャリアアドバイザーが十分にヒアリングした上で求人を提案してくれます。

また、希望者には模擬面接を行い、転職のプロが一人一人にあった面接の成功術を教えてくれます。

さらにこういったサービスを全て無料で利用することができます。

転職エージェントについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

【2020年最新版】総合型転職エージェントを徹底比較!おすすめ転職エージェント6選「転職サイトはどこがいいんだろう?」 「転職したいけど何から始めればいいんだろう?」 初めて転職される多くの方が何から始めれ...

②転職先が決まる前に会社を退職してしまった

次によくある失敗が転職先が決まる前に会社を退職してしまうというケースです。

36歳 通信
36歳 通信
営業をしていましたが、サービス残業が多すぎてプライベートの時間を作れなかったので退職を決意しました。
幸い、貯金もあったので、リフレッシュしようと思い退職。
しかし、大変だったのはそこからで、意外に内定が取れないのです。
特に、私は今回ホワイトな企業ということで大手やその子会社を目指していたので、人気も高く、営業職の仕事でも書類に通らないものも多かったです。
徐々に、貯金も切り崩すのもストレスに感じ、結局「営業経験があれば大歓迎」という会社に入社しました。
そこは前よりも、厳しい会社でサービス残業がますます増えてしまいました

引用元:Career Theory

以上のようなケースです。

転職前に退職してしまうと以下のような問題が生じます!

  1. 貯金を切り崩してしまう
  2. 経済的に焦ってしまい、転職に失敗しやすくなる
  3. 職歴にブランクができてしまう

上のような問題が起こった場合はどうすればいいのでしょうか?

転職前にできる解決策

このような状況にならないために、できる限り会社を辞めずに転職活動を行いましょう

会社を退職してからの転職活動は非常に危険です。

先ほど挙げた経済面職歴にブランクといった問題が生じてしまうと、転職に失敗してしまう確率が大きくなってしまいます。

また、転職活動中に前の会社の方が条件が良かったとなる方も多くいます。

そうなってしまった場合、元の会社に戻ることはほとんどできません

こういったデメリットからもできる限り会社を辞めずに転職活動を行いましょう

しかし、今の会社を今すぐどうしても辞めたい場合、会社を辞められるかどうか不安で転職活動に支障が出る場合は会社を辞めてから転職活動をした方がいいと言えます。

こういった方が会社を続けたまま転職活動を行う場合、「本当に会社を辞めれるのかな」「早く転職先を決めて今の会社をすぐに辞めたい」と会社を辞めることへのストレスで転職先を決め急いだり、あまり条件のよくない会社に転職をしてしまうなど失敗してしまう可能性が大きくなってしまいます。

もし会社を辞めることへの不安で転職活動を躊躇している場合、または転職活動がうまくいかない場合は退職代行サービスを利用するのも1つの手ではないでしょうか?

退職代行サービスとは依頼者に代わり、退職の意思を会社に伝えてくれるサービスになっています。

退職代行サービスを利用すれば、会社を辞めることへの不安は一掃され、転職活動に全力を注ぐことができると言えるでしょう!

退職代行サービスについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

③転職先の給与が前職より下がった

次に紹介するのは「転職先の給与が前職より下がった」というケースです。

まずは以下をご覧ください!

28歳
28歳
退職したのが4カ月前。
なかなか転職先が決まらず、ようやく1社から内定が出ました。
給与や待遇、福利厚生は前職と同水準だったので、すぐに入社の意思を伝えました。ところが、入社後に分かったのですが、試用期間中は給与が下がるし、月に1度は土日出勤。
もう、耐えられません。

引用元:doda

転職する理由として年収UPを第1条件にしている方は少なくないでしょう!

そういう方からするとこのケースは大失敗です。

こうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

転職前にできる解決策

こうならないための解決策は入社前に給与体系をしっかりと確認しておくことです。

これはごくごく当然のことで、なに当たり前のことを言っているんだ?と思いの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職活動中はなかなか内定が出ないことに焦ってしまい、いざ内定が出ると気持ちが舞い上がってしまうことは確かです。

そういった状況では給与体系を十分に確認せずに入社を決めてしまう方が少なくないのです。

こういった状況を回避するためには、内定後に今一度、内定通知や労働条件通知書などをみて給与体系を確認してください!

また希望の職種に内定をもらったけど、給与に満足いかない場合は内定後に給与交渉をするのも1つの手です。

その際に押さえておきたいポイントは正直に希望額を提示することその根拠を伝えることです。

根拠がしっかりしていれば、希望の給与をもらえる可能性もグンと上がります。

こうしたことは内定後にいいづらいのもわかりますが、給与に不満を持って働くことは意外としんどいことです。

せっかく転職したのに、また不満を持って働くことは本末転倒です。

入社してからの給与交渉はほとんどできないと言えるので内定後、入社前にはっきりと伝えましょう!

④残業が多いなど、内定時と条件が違う

次によくある失敗が内定時の条件と実際に働いてみての条件が異なっているというケースです。

29歳
29歳
実際に入社してみると、面接で聞いていた印象よりも残業が多い。
確かに繁忙期は残業があると聞いていたが、ここまで多いとは思っていなかったので、心身共に毎日疲れてしまっている。

引用元:マイナビ

29歳
29歳
働き始めてみると、求人票に書いてある内容と大きく違うところがあり、収入も減る一方だった。

引用元:マイナビ

以上のように内定時の条件が実際に働いてみて違ったというケースがあります。

このようなことにならないためにはどうすればいいのでしょうか?

当サイトでは、転職エージェントサービスの利用をオススメします。

転職エージェントとは

転職エージェントサービスとは、通常の転職サイトなどとは違い個別に担当者が付き転職のサポートを行ってくれるサービスのことです。

転職エージェントサービスを利用することで、転職サイトには載っていない求人情報を知ることができる・企業の採用担当者ではないので企業のより深い部分について聞くことができるといったメリットがあります。

ではデメリットはあるのかというと、実はデメリットはありません!!!

サービスの利用料も全て無料で、一切費用がかかることはありません転職エージェント経由で必ず就職しなければいけないということもありません

今日本では、人口減少による人手不足が深刻化して来ています。

そのため、企業は採用費を多くかけてでも自社にあった人を採用したいという思いが大きいのです。

そのため、転職エージェントに入る企業からの費用も多く無料でデメリットなしで利用することができるのです。

またその影響を受け近年、物凄い勢いで市場が伸びており転職エージェントサービスの数も増加してきました。

そこで問題となったのが、質の低い転職エージェントサービスの乱立です。

質の低い転職エージェントサービスを利用してしまうと、逆にブラック企業を紹介されてしまうのです。

そこで当サイトがおすすめする転職エージェントサービスは、業界最大手クラスの『マイナビエージェント』です。

関西エリア・関東エリアの方への紹介が強く業界最大手なので担当者の質も高いです!

登録は数分で完了しますので、一度登録しいろいろな質問をしてみてください!

マイナビエージェントはこちら

⑤転職先の仕事がやりたい仕事ではなかった

転職先の仕事がやりたい仕事ではなかったというのも転職におけるよくある失敗の1つでしょう。

24歳
24歳
経理として採用されたのですが、入社後すぐに総務の仕事も任されてしまいました。
転職した直後ということもあり、断れずに引き受けてしまいました。
今では当然のように総務の仕事も担当しています。
確かに、面接の時「経理以外はやらない」と伝えたわけではないのですが、戸惑っています…。

引用元:doda

せっかく転職したのにこのような不満を持ってしまいながら働くことは転職した意味がありません。

ではこういった状況にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

転職前にできる解決策

こういった問題を防ぐためにしなければならないことは、面接時に自分の希望を面接官に伝えることです。

これは当たり前のことなのですが、転職活動を始めるとなかなか内定が出ず焦ってしまい、内定欲しさに面接で自分の希望を言えずじまいになってしまうという方が多くいるのです。

自分が何をしたくて転職をし始めたのか、今の会社にどんな不満を持って転職しようと思ったのか今一度整理してみましょう。

こうして出た自分の希望や条件はできる限り伝えることが大切です。

たしかに面接時に自分の希望ばかり伝えていれば、採用からは遠ざかってしまいます。

そこでこういったときに利用したいのが転職エージェントです。

なぜ転職エージェントの利用をオススメするかというと、転職エージェントでは一人一人にキャリアアドバイザーがつき面接などの対策を行ってくれるからです。

模擬面接なども行ってくれ、面接官にマイナスに思われないような自分の希望する条件や職種の伝え方も学ぶことができます。

もっと転職エージェントについて知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

【2020年最新版】総合型転職エージェントを徹底比較!おすすめ転職エージェント6選「転職サイトはどこがいいんだろう?」 「転職したいけど何から始めればいいんだろう?」 初めて転職される多くの方が何から始めれ...

⑥前の会社の方がよく思えてきた

転職後に前の会社の方がよく思えてくるのも転職における失敗の1つです。

ここに名前
ここに名前
給料や待遇に不満を感じて転職活動をし、それを解消してくれる企業と出会い迷わず入社。
しかし、前職のほうが、居心地もよく、やりがいを感じながら働けていたような気がしてどうにか前の会社に戻れないものかと悩んでいます。

転職先で馴染めなかったり、入った結果やりたい仕事をさせてもらえなかったりすると、どうしても前の会社がよく見えたりするものです。

この場合どうすればいいのでしょうか?

転職前にできる解決策

こういったことを防ぐためには、転職する前に自分がなぜ転職するのかもう一度確かめることが重要です。

「自分が今の会社で満足できないことはなんだろうか?」「転職先では何を求めるのか?」といったことをもう一度よく考えてください!

ここで考えたことをしっかり頭に入れて転職活動を進めていくだけでもこういった失敗を防ぐことができます。

また、転職先が決まる前に会社を退職してしまったでも紹介しましたが、会社を辞めて転職することはとても危険です。

会社を続けながら転職活動を進めていくことで、今の会社も転職先の1つと考えておくことができます。

今一度、今の会社の年収や条件と求人情報を見比べて転職先を探すことでこういった失敗のほとんどは取り除けるのでしょう。

転職で失敗しない方法

上では転職でよくある失敗の6つのケースとその対処方法について紹介させていただきました。

転職を失敗するほとんどの原因「転職先の情報不足」です。

情報不足のせいでいざ入社してみたら想像と全く違ったということが失敗につながるのです。

ではこの情報不足はどうすれば解消できるのでしょうか?

それはごくごく当たり前のことなのですが、情報を得ることです。

何を当たり前のことを言っているのだろうかと思うかもしれませんが、転職における失敗の全ては情報不足といっても過言ではないのです。

転職する人の多くは今の会社に何らかの不満があるから転職しようと思います。

今の会社が嫌で他社の求人情報を見れば、いい情報しか書いておらず、実際よりはるかにいいイメージが先行してしまうのは確かです。

そういった盲信が転職失敗につながるのです。

では実際の会社のありのままの姿を知るためにはどうすればいいのでしょうか?

当サイトでは以下の方法をオススメしています。

転職エージェントを利用する

では詳しくみていきましょう!

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが求人希望者一人一人につき、希望の職種や条件をヒアリングしてくれ、その上で保有する求人の中から一人一人に合った求人を紹介してくれる無料のサービスになっています。

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、いわば転職のプロであり、転職業界や企業の情報に精通していると言えます。

インターネットに載っていない情報、企業とキャリアアドバイザーだけが共有している情報やエージェントを利用して転職した人の実際に働いた声などを提供してもらうことができます。

転職という情報戦に勝つためには、転職エージェントを利用することは必須です。

転職エージェントについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

【2020年最新版】総合型転職エージェントを徹底比較!おすすめ転職エージェント6選「転職サイトはどこがいいんだろう?」 「転職したいけど何から始めればいいんだろう?」 初めて転職される多くの方が何から始めれ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

転職しようとしている方が、情報をできる限り入れ理想の会社に入社できるよう祈っています!

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/