30代転職のデメリット~大手転職サイトでは教えてくれない真実~

内定辞退 法律2

転職は、人生の中でも大きなイベントです。

20代の転職と比べると年齢的に厳しいと言われる30代の転職。

今回は30代で転職を考えている方に向けて、知っておきたい転職のデメリット、未経験の職種にも就ける可能性や転職に有利な資格などをご紹介しています。

昨今、大手の転職サイトはメリットだけを紹介していたり、あまり大きくデメリットの部分を取り上げようとしません。

なので!今回はデメリットのみを記載しています。

メリットの記事もあるのでご安心ください。

では転職経験者の体験をもとに「リアルな30代の転職」を解説します。

30代の転職の主な動機

転職デメリット

引用:type

上記のグラフを見ると業務内容を理由に退職される方が多いですね。

詳しくは下記を見ていきましょう。

✔︎ 会社の将来性に不安

✔︎ 今の給与が不満

✔︎ スキルアップしたい

✔︎ プライベートな事情

✔︎ 会社の将来性に不安

何年も勤務していると会社の将来性や業界の先行きに対する不安が出てくる事もあります。

ネガティヴな理由ですが、現在の会社に勤務し続けても期待ができず、現状を変えるために転職を行うのは正当な理由です。

✔︎ 給与が不満

どの年代の方でも今の職場での給与に不満があり、転職を目指す方は多くいます。

しかし、年収アップのためだけに転職をしようとするといくつか落とし穴があります。

のちに解説します。

✔︎ スキルアップしたい

30代の転職は前述のような、ネガティブな理由だけではなく

  • 「自分のスキルを別の職場でも生かしてみたい」
  • 「さらに知識や技術を伸ばして自分の市場価値を高めたい」

などのポジティブな理由で転職される方も多くいます。

✔︎ プライベートな事情

男性・女性に限らず、30代は人生の転機になる出来事が多い年代です。

結婚や出産など喜ばしいものだけでなく、親の介護、突然の病気など、今後のキャリアや自分の人生を考え直さなければならない事もあります。

30代の転職のデメリット

 

三十路 太郎

博士!!デメリットばっかじゃ不安だ!

転職マスター

知識は力じゃ!!

 

✔︎ 待遇が悪くなる

✔︎ 一からの人間関係

✔︎ 年下の上司がいる場合もある

✔︎ 未経験職への挑戦が難しい

✔︎ ローン審査が不利になる

✔︎ 待遇が悪くなる

転職をしたものの、前の職場より年収が下がったり、残業が続いたりと、転職前よりも状況が悪くなるケースはあります。

今の年収やポジションがあるのは、長い間その会社で積み上げてきた評価によるものです。

転職すれば評価はいったんリセットされ、前職より低い年収やポジションからスタートするのが一般的です。

✔︎ 一からの人間関係

新しい職場、新しい人に慣れるには、ある程度の時間が必要です。

前職のルールが当たり前になっている場合、転職先の雰囲気になじめずに苦労する人もいます。

30代の中途採用の場合は特に、20代のフレッシュさもないため、新しい職場に馴染むには時間がかかるでしょう。

✔︎ 年下の上司がいる場合もある

30代の転職だと上司が自分より年下になることが多々あります。

企業の中には、実績を第一に考え役職を与えている成果主義のところもあります。

そのため、年齢や勤続年数で役職が上がっていた企業にいた人は、苦労するかもしれません。

しかし、前向きにとらえることで、新しい価値観を学べることにもつながります。

✔︎ 未経験職への挑戦が難しい

年齢的な事はもちろんのこと、今までの経験が通用しない未経験職種への転職は、企業からみると即戦力として期待ができないため、20代と比べて非常に不利になります。

未経験職種に挑むのであれば、年収が下がることや20代の頃のような新人としての扱いを受ける覚悟が必要です。

✔︎ ローン審査が不利になる

30代の方だとローンで車、家などの購入を考えている人は少なくないでしょう。

しかし勤続年数が短くなり、年収が下がることによって、ローン審査が通らなくなるケースもあります。

ローンを組む予定があり、まだ申込みをしていない人は、転職前に済ませておくことをおすすめします。

転職すると勤続年数が短くなり、ボーナスの支給時期がずれ、年収が下がることがあります、注意しまししょう。

30代の転職で多い失敗

上記で30代の転職でのデメリットを紹介してきました。

今30代で転職を考えている方は、自分が同じ失敗をしないように知っておきましょう。

転職の悩みグラフ

引用:en転職

上記は「年代別、転職で一番苦労したこと」のアンケートグラフです。

年代によって様々な違いがありますね。

では30代の具体的な失敗例を紹介します。

活動が長引き経済的に困る

経済的に困るのは、転職先を見つける前に今の会社を辞めてしまった30代に多い失敗です。

30代の転職活動期間は一般的に3ヶ月~半年くらいですが、中には1年以上かかる人もいます。

活動が長期化すれば、失業手当を受け取り終わり、貯金も底をつくなどして、生活に困ってしまうでしょう。

条件にこだわりすぎて転職先が見つからない

30代は転職において、仕事内容のほか、年収や待遇、通勤距離など、さまざまな条件を持つ人が多い世代です。

条件設定も必要ですが、こだわり過ぎることで、そもそも応募できる求人が見つからないという失敗があります。

最終面接まで行っても、条件面での折り合いがつかずに採用に至らないケースも見られます。

家族の理解を得れない

30代になると職場で責任ある立場を任されるようになり、家庭においての役割も重要になります。

大黒柱として家計を支えたり、家庭の事情で勤務地域に制限があることもあります。

30代になると転職は自分だけの問題だけでなくなるため、転職を家族に引き止められて失敗することがあります。

転職先での人間関係で悩む

職場の人間関係は30代の方だけでなく誰もが悩みのタネになるものです。

前の職場の人の方が丁寧に指導してくれた、転職先では派閥があって苦労したといった声はよく聞かれます。

人間関係がうまくいかないとストレスの原因となり、転職が失敗だったと気づくことがあるでしょう。

まとめ

経験を積んだ30代だからこそ、転職を考える際には真剣に見極める必要があります。

30代の転職は、20代の転職とは企業側のニーズがまったく異なります。

転職したいと考えたら、まずは自分のキャリアを振り返って実績や強みを洗い出しましょう。

できるだけ高く評価してくれる会社を選ぶという視点を持つことが大切であると知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です