資格は転職に本当に役に立つの?【資格を徹底解説】

メリットの画像

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。

転職活動をしながら資格の勉強は、なかなか時間がなくて難しいものです。

今のうちから準備することをおすすめします。

そこで今回は、転職アドバイザーがおすすめする、転職に有利な資格をご紹介します。

本当に資格が有利になる?

「資格を取っておけば、転職が有利になる」と、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

それは間違いではありません。

採用担当者は30秒~40秒で応募書類に目を通すので、長々と記載された文章よりも、端的に記載された「資格」は印象を強く与えられるでしょう。

転職活動で役に立ったという経験を聞いたアンケートによると

  • 資格を取得したらスカウトの数が増えた
  • 応募できる幅が広がった。
  • 学びに対して意欲的だという印象を与えられた

などの声があります。

こうした背景から、資格取得の勉強に取り組んでいる人が多いのです。

いざ転職しようと思ったときに、「やっておけばよかった……」と後悔しないように情報収集からはじめてみることをおすすめします。

資格が必要な職業・職種

資格は自分の能力を端的に伝えられる非常に有効なツールです。

ここでは、応募時に求められる職業・職種を紹介します。

✔︎ 医療の仕事

薬剤師、看護師、放射線技師など。

✔︎ 建築・建設の仕事

建築士、施工管理、電気工事士など。

✔︎ 管理栄養士
食事のアドバイスなどは、専門スキルが必要。相手の健康状態を把握したうえで、アドバイスを行なうため、医療との関係性が深い仕事です。

✔︎ 初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)

なかなか耳にしない、ひよこ鑑定士の資格でニワトリのオス・メスを見分ける証明となります。

日本に置いても年収500万円~600万円が稼げるのですが、ヨーロッパでは特に需要が大きく、年収800万円以上も可能。

海外勤務を視野に入れて取得する人も多い資格です。

✔︎ 気象予報士
朝のニュースでお馴染みの天気予報は、資格がなければできない仕事です。合格率は毎年4%と、超難関。また、資格を取得しても、就職先が限られているため、資格を活かして働く道は、とても狭き門です。

有利になる資格一覧

営業職

✔︎ 中小企業診断士

✔︎ TOEIC

✔︎ ファイナンシャルプランナー

✔︎ 宅地建築取引士

✔︎ 中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を解決するためのアドバイスを行なう専門家で国家資格として認められています。

中小企業と行政・金融機関を繋ぐ役割を担っているため、金融系の営業職はもちろん、人材系営業職や経営コンサルタントでも重宝される資格です。

✔︎ TOEIC

メーカーや商社、外資系企業では英語力を必要とする場面が多々あります。

その他にも、近年は、海外展開を積極的に行なっている企業が多いため、持っていて損はない資格です。TOEIC600点以上が目安です。

✔︎ ファイナンシャルプランナー

家族構成、収入・支出の構成、資産、負債、保険、などのデータをもとに、個人の資金計画を立てることをファイナンシャル・プランニングといいます。

金融系の営業職だけではなく、不動産系の営業職などでも活かすことが可能で個人に対して、大きな金額の商品を販売する際には、活かせる機会が多いと思います。

✔︎ 宅地建築取引士

不動産の契約をする際に必要な資格です。

主に、不動産関連の仕事で役に立ちます。

資格手当として月3万円を用意している企業が多く、月収アップに繋がるので、持っていて損はないでしょう。

事務職・管理職

✔︎ 日商簿記

✔︎ 社会保険労務士

✔︎ メンタルヘルス・マネジメント

✔︎ 貿易事務

✔︎ 医療事務

✔︎ 日商簿記

会計士や税理士を目指す人にとっての登竜門として知られています。

経理や財務、一般事務など活かせるフィールドはとても広い資格です。

✔︎ 社会保険労務士

企業が人を雇用するうえで欠かせない社会保険制度に関するスペシャリストです。

社会保険の加入手続はもちろん、労働保険料の計算、労動規約の作成など、さまざまな業務を従業員が安心して働けるよう、さまざまな面からサポートします。

✔︎ メンタルヘルス・マネジメント

近年、労働者のストレスがニュースになっていることで注目を集めている資格です。

企業は労働者に対して、ストレスチェックの実施が義務化されています。

✔︎ 貿易実務

貿易の自由化が進む中で、これから先も、貿易は活性化されると予測されています。

定型業務をこなすために必要な知識があると証明できる資格であるため、事務職からのキャリアアップを目指したい方に、おすすめです。

✔︎ 医療事務

病院でかかった治療費を集計し、国や患者に請求する業務を医療事務といいます。

この仕事は、資格がなくても就業可能。

資格を持っていることで「独学で勉強した」という意欲を示すことができます。

十分に転職を有利にさせる資格だと思います。

エンジニア職

✔︎ 基本情報技術者

✔︎ 情報処理安全確保支援士

✔︎ マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

✔︎ 基本情報技術者

プログラマーやシステムエンジニアなどのIT業界で活躍する職種で活かせる資格です。

情報処理に必要な思考の仕方、基礎的なIT知識が出題されます。

IT業界への入門資格といえます。

✔︎ 情報処理安全確保支援士

情報社会が加速する中で、企業などのサイバーセキュリティ対策の重要性が高まっています。

サイバーセキュリティに関する専門化の証として創設されたのが、情報処理安全確保支援士です。

急速にニーズが拡大しているセキュリティ分野だからこそ、市場に約8万人もの人材が不足していて狙い目の資格と言えるでしょう。

✔︎ マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

エンジニアはハードルが高い…と感じてしまう方は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)がおすすめです。

ビジネスシーンで利用するWord、Excel、Power Point、Access、Outlookのそれぞれにおいて、操作の基本知識を問われます。

パソコン操作に関しては問題がないという証明になるため、エンジニアだけではなく、事務系の職種にも活かせるでしょう

技術職

✔︎ 危険物取扱者

✔︎ 施工管理技術者

✔︎ 建築士

✔︎ インテリアコーディネーター

✔︎ 危険物取扱者

危険物取扱者は、甲種(コウシュ)、乙種(オツシュ)、丙種(ヘイシュ)という3種類に分けられ、扱えるモノがそれぞれ異なります。

タンクローリーの運転手や石油メーカー、化学メーカーなど、さまざまな企業で活かすことができます。

✔︎ 施工管理技術者

建物の品質を守ることはもちろん、工事の安全面をチェックする重要な役割を担っている施工管理。

資格がなくてもできる仕事ですが、保有していると会社から資格手当をもらえたり、年収アップに繋がります。

✔︎ 建築士

建物を建てるための設計図を作成することができる資格です。

1級・2級があり、設計できる建物の大きさが異なります。

建築士の道は、なかなか険しいのが現実で資格を持っていたとしても、手掛けたい建物の設計ができるとは限りません。

✔︎ インテリアコーディネーター

部屋全体のインテリアを考えるだけではなく、建築の構造などの知識を駆使して、間取りなども意見できるようになります。

インテリアコーディネーターの仕事は資格がなくても、就業可能です。

まとめ

たくさん資格を取得することは、けっして悪いことではありません。

希望職種に関連するものや、取得が難しいもの、自己啓発の姿勢がうかがえるものは、転職活動を有利にさせるでしょう。

ですが安易に取得した資格をすべて記載してしまうと、「趣味のように資格を取得しているのでは……?」と企業の担当者から思われ、逆にマイナス評価をされることも。

そんな誤解が生まれないように、しっかりと将来の自分に必要な資格はどれか見定めてから、資格取得をしていきましょう。

いざ転職活動をするときに、「資格」という自分の強みがあれば、きっと心強いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です