転職の入社日って延期できるの?理由によってはNG!たった一つの解決法!

NGサインを出す女性

内定を転職先からもらったら必ず決めなければならないのが入社日です。

在職者の場合採用面接後に内定の通知が届き次第、上司と退職日についての相談の後に内定先の企業と入社日を調整します。

しかしどうしても入社日を変えたい時がありますよね。

・在職中の会社の今関わってるプロジェクトの後任の引き継ぎが思うようにいかない
・退職を上司に相談したが強い引止めにあう
・有給消化中に入社日があるため延期したい
・その他(私的な事情)

そんな時どうすればいいのかについてこの記事では紹介してきます!

入社日は変更できるのか

転職先への入社日が決まっている場合、原則として変更できません。

そもそも何故、入社日の変更が難しいかというとあなたを採用した企業は、そのタイミングで人材が欲しくて採用しているので、一刻も早く会社の業務に携わって欲しいのです。

そして中途採用を行う企業にとっては即戦力となる人材をすぐに採用するのが目的であることがほとんどなのでその思いは強くなるでしょう。

入社日が予定よりも1か月以上延期になる場合は採用が白紙になる可能性が高くなり、3か月以上ともなれば転職できる可能性は限りなくゼロに近づきます。

それほどタイミングが重要視されてしまうのが転職活動なのです。

在職者の場合は退職交渉や引継ぎなど、有給消化を考慮すると、2、3ヶ月が入社までの期間の目安と考えるのが一般的でしょう。

例えば、前職の退職後から転職先への入社までの間に旅行や帰省がしたかったが、前職の退社日が引き継ぎの関係で延びてしまった。

そのため、旅行や帰省ができなかったから転職先の入社日を延期しようとする方が稀にいますが、このことが次の転職先で明るみになれば一気に信用を失ってしまいます。

せっかく見つけた新たな転職先であなたの肩身が狭くなってしまうでしょう、、、

そのため私的な理由での入社日の延期は絶対やめましょう

入社日の変更の交渉が可能な正当な理由としては、引き継ぎが思っていたよりうまくいかず「予定していた入社日に間に合いそうにない」など、特別な事情のときのみです。

入社日を変更する前に

転職先に入社日の延期を申し入れる前にもう一度、現職の上司などに相談しましょう

  • 退社日を早めてもらうことはできないか
  • 自分の代わりに引き継ぎをしてくれる人はいないのか
  • 今進行中のプロジェクトのマニュアルを作成しての引き継ぎは不可なのか

など、もう一度在職中の職場で交渉してみましょう。

それでも無理な場合、法律で2週間で退職できると定められています。

会社から無理に引き止められ、辞められない状況になれば法的手続きをするのも1つの方法です。

内定後の入社日交渉の注意点

交渉の際の注意点

在職中の場合、内定通知が届いたら現職場の上司と相談し、内定先の担当者と話し合い入社日の調整をしましょう。

原則として内定先の意向に従う形で、出来る限り早い日程を先方に伝えるように意識しましょう。

入社可能日を決定する際の注意点としては、余裕を持たせたスケジューリングが大切です。

後任者を見つけるのに時間がかかったり、退職時の強い引止めにあったり、時間のかかることもあるので退職にかかる時間を多めに見積もっておきましょう。

入社日交渉では、携わっている業務の都合などで入社までにある程度期間が必要であればその理由もしっかりと説明しましょう。

しかし引継ぎが必要だからといって不用意に時期をのばすのはよくありません。

転職先に交渉する場合はメールでもかまいません。下記を参考にメールを作成しましょう。

入社交渉のサンプルメール

人事総務部 (担当者氏名)様
お世話になっております。
内定の通知を頂きました(氏名)です。
入社初日の日程を〇月〇日でご調整頂いていたと思いますが、私の後任者が体調不良により、引継ぎが予定よりも2週間ほど遅れています。
上司と相談を重ねましたが、他に引き継ぎができる者がいないため、可能であれば退職日を少し延期してほしいとの要請がありました。
ご迷惑をおかけするのは重々承知しておりますが、〇月〇日の入社日を、〇月〇日に変更して頂くことはできますでしょうか。
なるべくよい形で引き継ぎ、退職したいと思っております。
こちらの都合で恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
―――――――――
(氏名)
メールアドレス:(Eメールアドレスを書く)
電話番号:(携帯電話)
―――――――――

まとめ

理由にもよりますが、転職先への入社日を延期することは可能です。

転職先に迷惑をかけないためにしっかりと現職の上司などと話し合い、退社日を確定してもらいましょう。

転職先にとっても転職前の企業にとっても、なにより自分自身にとって円満退社することが一番大切です。

転職前の会社の人と一緒に仕事をすることもあるかもしれません。

円満退社は転職を成功させる大切なポイントです。内定後も油断せず退職日と入社日の調整をして下さい。

あなたの新たな旅立ちを願っています。