転職

【怪しい企業一覧を徹底解剖】ブラックな怪しい企業の見分け方を解説!

さとし
さとし

新しく入る予定の会社が友達から怪しくないかって言われてるんだが、なんか調べる方法はないのか。。

アサミ
アサミ

そうねー。怪しい企業を調べる方法としては、SNSとかネット検索、あと転職エージェントにストレートに聞くくらいかしらね。

それに、法令違反で罰則を受けてるブラック企業一覧ならすぐにチェックできるわよ!

就職活動をしている人なら、誰もが怪しい企業なんかには入りたくないでしょう。

怪しいだけでなく、ブラック企業や法を犯しているような企業もやっぱり嫌ですよね。

そこで今回は、怪しい企業やブラック企業・法令違反を犯している会社の一覧、それらの見分け方などについてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

それでは参ります。

おすすめ退職代行サービス

退職代行SARABA
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業14年&17,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!

退職代行ガーディアン
【労働組合の運営組織だから安心】
東京労働経済組合という労働組合が運営しているため、会社との交渉が可能です!

怪しい企業とは

怪しい企業を調べる方法として少し前までは、『ブラック企業マップ』と呼ばれるマップがありました。

引用:ブラック企業マップ

しかしながら現在はサイト自体が閉鎖しており、ブラック企業を確認する事が出来ません。

【ブラック企業一覧】あの厚労省が名指しをした危ない企業の実態とは?ブラック企業一覧を調べるには、厚労省が発表するブラック企業リスト、またはブラック企業大賞にノミネートされたリストを確認する方法があります。就活や転職する方は、ホワイト企業へ入社するためにもぜひ確認しておきましょう!...

ではどうやって怪しい企業を見つけていけばいいのでしょうか?

そもそも怪しい企業とはどんな企業なのでしょうか?

怪しい企業の特徴

怪しい企業と言われる理由は様々ですが、このサイトでは

・ブラック企業だと言われている
・法令違反が多い

という特徴など基に怪しい企業ということにします。

さとし
さとし

確かに怪しいって言ったって色々あるもんな。

怪しい企業一覧

実は厚生労働省が「労働基準関係法令違反に係る公表事案」、いわゆるブラック企業リストを公開しているのはご存知でしょうか?

厚生労働省が労働基準法をはじめとする労働基準関係法令に違反した会社を実名で出し、それに加え、会社の所在地・事案の概要等をリスト化し、公表しているものです。

原則、毎月更新され、一度企業名がそのリストに載った場合、1年間は公表され続けることとなります。

これはその一部の画像です。

厚生労働省より引用

上図より、労働基準関係法令に違反した企業は、厚生労働省によって1年間ブラック企業として、リストに公表されるのです。

もし自分がいる会社はブラック企業ではないか?転職する会社はブラック企業ではないか?と思う方はこちらのサイトで一度確認してみてはいかがでしょうか。

労働基準関係法令違反に係る公表事案

さとし
さとし

厚生労働省、意外と仕事してるじゃんか!

また上記の厚生労働省の公表している企業とは別に、弁護士や大学教授などの有識者が立ち上がりブラック企業委員会というものを行なっています。

おすすめの弁護士退職代行サービスまとめ
弁護士のおすすめ退職代行サービス10選 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で...

毎年一回、『ブラック企業大賞』という大賞を発表し世間に対してブラック企業の根絶を訴えております。

参考に2018年のノミネート企業を見てみましょう。

第7回ブラック企業大賞2018

1.株式会社ジャパンビジネスラボ
2.財務省
3.三菱電機株式会社
4.株式会社⽇⽴製作所・株式会社⽇⽴プラントサービス
5.株式会社ジャパンビバレッジ東京
6.野村不動産株式会社
7.スルガ銀⾏株式会社
8.ゴンチャロフ製菓株式会社
9.株式会社モンテローザ

ブラック企業大賞について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【ブラック企業大賞】転職してもブラックばかり?大手企業の実態を暴露!2019年のブラック企業大賞は2年連続で三菱電気が選ばれています。ノミネートされた企業はKDDI・セブンイレブン・電通・ロピア・トヨタ・吉本興業・楽天といった大手ばかりです。...

ちなみに、2016年には、一見ホワイトに見える日本郵政(郵便局)がブラック企業大賞に選ばれています。

【ブラック企業大賞】郵便局がブラックすぎると言われる8つの理由 郵便局(日本郵政)はもともと2015年に郵政民営化されるまでは公務員ということもあり、一見ホワイト企業の...

このブラック企業大賞の特徴は、大企業や政府機関などが多いということです。

ではこの大賞に選ばれないような中小企業や、中堅大企業はどうやって見つければいいのでしょうか?

さとし
さとし

お、俺が入る企業はそんな大企業じゃないぜ。。。

怪しい企業の見分け方

それでは実際に怪しい企業の見分け方をご紹介します。

怪しい企業の見分け方

・SNSでリサーチする
・検索時の予測変換からリサーチする
・転職エージェントに聞いてみる

それぞれ詳しくみていきます。

SNSでリサーチする

怪しい企業の見分け方の一つ目は、SNSでリサーチすることです。

特に相性がいいのは、ツイッターで日々多くの情報が投稿されています。

自分が入りたい会社の名前を検索し、どんな人が働いているのかなどをチェックしてみてください。

ただし、匿名での投稿が多いため全ての情報を信じてはいけません。

自信で情報の信用性を確認しながら情報収集してみてください。

検索時の予測変換からリサーチする

google怪しい企業の見分け方の三つ目は、Googleなどで検索をするとこのように予測変換が表示されます。

この予測変換を利用して会社の評判などを調べる事で、自分が知らなかった会社の実情を知る事ができたりします!

転職エージェントに聞いてみる

怪しい企業の見分け方の四つ目は、転職エージェントに聞いてみるという方法です。

転職エージェントとは、転職サイトとは別に個別に担当者が付き転職をサポートしてくれるサービスのことです。

利用料は無料で就職したとしても一切費用はかかりません。

では一体なぜ、無料なのでしょうか。

それは企業の人手不足が深刻化しており、高い費用を払ってでも自社にマッチした人材を雇用したいと考えているからなのです。

そのため、転職エージェントは企業から報酬を受け取るため利用者には一切の料金を請求しないのです。

つまり転職エージェントは、利用したもの勝ちのサービスなのです!

もちろん担当者によっては、雑な対応をしかしない転職エージェントも存在します。

そこで当サイトでは実際に転職エージェントを利用し、対応を見極めた上で2つのエージェントをオススメします!

リクルートエージェント
マイナビエージェント

どちらも業界最大手の転職エージェントサービスで扱う企業数や、担当者のレベルなども非常に高くいいサービスです。

一つのエージェントだけに登録するのではなく、両方に登録することで同じ企業でも情報を二箇所から得られる事になります。

就職するという大事な意思決定をするわけなのですから、数分の手間を理由に調べるのをやめてしまうのは危険です!

どちらも一切お金がかかる事なく無料で利用できるので登録しておきましょう!

リクルートエージェントはこちら
マイナビエージェントはこちら

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は怪しい企業の一覧とその見分け方についてご紹介しました!

最後に重要な事なので、怪しい企業の見分け方についてもう一度まとめておきます。

怪しい企業の見分け方

・SNSでリサーチする
・口コミサイトを確認する
・検索時の予測変換からリサーチする
・転職エージェントに聞いてみる

アサミ
アサミ

しっかり企業を見分ける力をつけて、怪しい企業に入らないようにしてね!

さとし
さとし

よし!俺も、自分が入る会社を調べてみるか!!!

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ
色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしてあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にしてちょうだいね。
退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができる上に、実績・知名度ともに業界トップクラスと言えます。
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価
利用料金一律 27,000円
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

おすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

口コミ・評判

20代男性
20代男性
色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

うつ病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、辞めることができたのは本当に良かったです。

詳細ページ公式サイト

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。
2021年1月時点で退職者の人数は18,000人を超えており、業界No1の実績を残しています。
世間に退職代行サービスが知れ渡ったのは、「退職代行EXIT」がメディア掲載などで注目を集めたからですが、実は退職代行ニコイチの方がEXITより10年も前から退職代行サービスを始めているため、非常に信頼できる退職代行業者といえます。
総合評価
利用料金一律 27,000円
返金保証
会社との交渉
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード

おすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング3位は退職代行ニコイチです。

多くの退職代行サービス業者や弁護士事務所の営業は朝9時からスタートですが、退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができる大きなメリットがあります。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ

30代男性
30代男性
本当に助かりました。僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。
依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていましたし、そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、本当にHPのとおりでした。

詳細ページ公式サイト

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。交渉権を持つ組合によって対応してもらえるため、安心して利用できます。
料金は一律29,800円に設定されており、他社と比べてリーズナブルと言えるでしょう。
総合評価
利用料金一律:29,800円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間
24時間 365日
申込方法ライン・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

おすすめポイント!

「退職代行ガーディアン」が他業者と大きく違う点は、東京労働経済組合という労働組合を発足しているところです。

「退職代行ガーディアン」なら、労働組合として活動しているため、会社との交渉をする権利があります。

ですので、ブラック企業から退職するときに何か問題が起きても、毅然とした態度でこちらの権利を主張することができるメリットがあります。

詳細ページ公式サイト

アサミ
アサミ
耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な退職代行業者を比較してるから、参考にしてみてね!
【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/