未分類

【元教師の体験談】心の病になる前に小学校の教員を辞めませんか?

▼当サイトおすすめ退職代行サービスはこちら

退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行EXIT
【業界NO.1の知名度/実質0円利用可能】
テレビ・新聞などのメディア掲載実績No.1。転職で全額キャッシュバック制度有り!

弁護士法人みやび
【弁護士が行う退職代行/業界最安値級】
弁護士なのにたったの55,000円ポッキリ。法律の専門家なので失敗することなしの絶対安心!

「小学校の教員をやめたい…」

この記事を読んでいる小学校の教員の方は1度ではなく、何度もこういったことを思ったことがあるはずです。

しかし、いざ辞めようと思ってもなかなかやめられないのが実情です。

「小さい頃から小学校の先生が憧れの職業だった」

「クラスの担任をしているから」

「せっかく公務員になれたのにもったいない」

辞めようと思っても、こういったことを思ってしまうから辞めにくいんではないでしょうか?

しかし、もしあなたがこのまま無理して働き続けていると、うつ病などの精神疾患になってしまう可能性があります。

大げさに言っているとお思いでしょうが、現に年間5千人以上の方がうつ病などの精神疾患で休職しているのです。

「学校が辛くて仕方がない」

「学校の教員をやめたい」

こういったことを一度でも思ったことがある方はこの記事を読んで、うつ病などの精神疾患になる前に退職することを考えませんか?

小学校の教員をやめたいなら今すぐやめよう!

小学校の教員だからやめづらいということはありません。

教員の方でもしっかりと辞められますし、転職できます。

教員の方は無理して働き続けることで、うつなどの精神疾患になる可能性が十分にあり得るのです。

教員の年間5千人が心の病で休職している

平成29年の文部科学省の調査によると、うつなどの精神疾患によって休職している方が平成29年度には5,077人もいるのです。(精神疾患による病気休職者の推移

これはうつ病による休職者の数字であり、退職者の数字を加えると莫大な数になると思われます。

小学校の教員は他の職業に比べて、やりがいを感じられる反面、精神的に疲労しやすい仕事であることは間違いありません。

生徒や保護者のことを考えると辞めづらくなってしまうのは確かです。

しかし、生徒や保護者ではなく、あなたにとって一番大切なことは自分の身体や心です。

本当に自分をすり減らしてまでやりたい仕事でしょうか?

心の病になってまでやりたい業務でしょうか?

今一度、自分に問いかけてみましょう。

教員免許を持っていれば、いつでも教員に戻れる!

「辞めたら後悔するかもしれない」

「他の仕事に移っても、また教員に戻りたくなったらどうしよう」

こういった理由で小学校の教員を辞めることを躊躇している方もいるでしょう。

しかし、教員免許を持っていればいつだって教員に戻ることができるのです。

非常勤講師や臨時採用などを含めれば、教員免許を持ってさえいれば、教員の募集などいくらでもあります

こうした理由で躊躇するのは辞めて、安心して転職しましょう!

小学校の教員を辞めた理由4選

では、次に小学校の教員を辞めた理由で特に多かったものを4つ紹介していきます!

  1. 想像以上に業務が多く、常に長時間労働
  2. 教員同士の人間関係が悪い
  3. 理不尽な保護者の対応が辛い
  4. 生徒との関係がしんどい

では詳細についてみていきましょう!

①想像以上に業務が多く、常に長時間労働

小学校の教員はとにかく業務が多く、長時間労働を余儀なくされます。

定時出勤、退勤することはほとんどなく、12時間以上の勤務が当たり前の環境になっています。

小学校の教員は全科目を担当することになるので全授業の準備、宿題のチェックやテストの採点、連絡帳を通して保護者とのコミュニケーション、配布用のプリント作りなど、とても定時では終わらないような業務量です。

また小学校の教員は給付法(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)という法律により、基本給の4%を月額給与に上乗せすることで残業手当を払わないというルールになっており、ほとんどがお金にもならないサービス残業になっています。

理不尽な保護者の対応が辛い

最近はすっかい定着した「モンスターペアレント」という言葉。

自分の子供が心配なあまり、学校や教員に無理な要望を押し付けてくる保護者が近年、さらに増加しているようです。

こうした無理な要望に一つ一つ、言葉を選びながら対応していくのは神経をすり減らします。

保護者への対応のストレスで辞めてしまう教員の方も少なくはありません。

教員同士の人間関係が悪い

教員同士の人間関係が悪いことも教員を辞めた理由の人になっています。

先ほど述べた理不尽な保護者への対応や長時間労働で大きなストレスを抱えているので、教員同士でぶつかってしまうことがしばしばあります。

④生徒との関係がしんどい

先述したモンスターペアレントが原因で、教員が生徒になかなか怒れないというのが状況になっています。

そうした状況を見透かした一部の生徒は、教員の言うことを一切聞かず、授業中に騒がしくしたり、他の生徒に迷惑をかけたり、いわゆる「モンスターチルドレン」が台頭してきています。

ただでさえ、保護者や教員同士の人間関係に疲弊しているところに生徒まで言うことを聞かなければ、精神が崩壊してしまうのは当然です。

実際に教員をやめた人の体験談

では実際に教員を辞めて転職に成功した方の声を聞いてみましょう!

小学校の教員にオススメの転職先

次に教員の方にオススメの転職先について紹介していきます!

ではみていきましょう!

①学習塾

小学校の教員は辞めたいけど、「教える」ということが好きであれば、学習塾をオススメします!

小学校の教員のように全科目担当するということもなくなり、授業の準備の負担もかなり楽になります

今まで小学校の教員で培ってきたスキルを存分に発揮できます!

②事務職

小学校の教員は授業で使用するプリントや保護者に配布するプリントなど書類作成に長けており、そのスキルは事務職で活かすことができます。

小学校の教員の時より給与はダウンしてしまうかもしれませんが、基本的に定時出勤、退社、土日は休むことができるので、プライベートを充実することができます!

③営業職

小学校の教員は児童生徒だけではなく、教員、保護者、地域の方々など様々の世代の人たちと関わっているので、コミュニケーション能力が高い傾向にあります。

そのスキルを用いて、営業職で大いに発揮するといえます!

うまくいけば、収入を小学校の教員の時よりも大幅に増やすことができま

小学校の教員から以上のような他業種に転職するには、当サイトでは転職エージェントを利用する方法をオススメしています!

以下で小学校の教員にオススメの転職エージェントを紹介していますのでぜひご覧下さい!

小学校の教員にオススメの転職エージェント

小学校の教員から転職を考えている方には転職エージェントを登録することを強くお勧めします

なぜなら、転職エージェントは転職した方が転職先で仕事を続けることでお金がもらえるので、ブラック企業などを紹介される可能性は極めて低いからです。

また、転職エージェントに登録すれば、一般には出回らない優良求人が非公開で公開されるのでこういった求人情報を取りこぼしたくない方は登録必須です。

登録自体も数分で終わりますので、絶対に登録しておいてください!

登録や利用に料金は一切かかりません。

大手の転職エージェントを下記にまとめましたので、参考にしてください。

ワークポート

馴染みのないサービス名かも知れませんが、転職エージェントでは最大手クラスと言っていいエージェントです。

転職者決定数は業界No.1で、多くの情報を持っている転職エージェントであることは間違いありません。

担当者が親身になって相談になってくれるのも有名で、転職を考えている方は必ず登録した方がいいエージェントの一つです。

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、業界に精通したアドバイザーがいており、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

自分の会社の業界での平均的な給料や、勤務形態なども教えてくれるので自分は良い方なのか、悪い方なのか知りたい方は是非登録して相談してみてください!

公式サイトはこちら

リクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど多くの求人を囲っています。

これを知らなければ、より有利な条件がある会社があるのに知らないまま転職したということが起きてしまいます。

選択肢を増やし、自分に合った会社を探すためにも、ブラック企業にハマってしまわない為にも是非参考にしてください!

公式サイトはこちら

他にも多くの転職エージェントが存在しますが、まずはこの3つのエージェントは必ず登録しておいた方がいいです!

小学校の教員を円満に辞める方法とは?

では実際に小学校の教員をやめるにはどうすればいいのでしょうか?

当サイトでは小学校の教員を確実にやめる2つの方法についてお教えしていきます。

  1. 新学期の前に退職
  2. 学期の途中でも退職代行を使って退職

ではみていきましょう!

①新学期の前に退職

小学校の教員が最も辞めやすい時期は新学期の前の時期です!

この時期は転任などの人の入れ替わりが多く、過度な引き止めもなくすんなりとやめることができます。

逆にこの時期を逃し、新学期が始まってしまうとなかなかやめることができません

小学校の教員を辞めたい方は、新年くらいまでに退職の意思を伝えておき、この時期に辞めりのが最も円満に退職できる方法です!

②学期の途中でも退職代行を使って退職

学期の途中になるとクラスを受け持っていたり、授業を持っていたりと辞めることがなかなか困難になってしまいます

しかし法律上では退職の14日前までに退職の意思を伝えておけば問題ないとされています。

ただ法律上問題ないとしても、学期の途中に退職を言いだすとなると過度な引き止めにあうことは容易に想像できます。

ただでさえ、精神的に疲弊しているのに引き止めのストレスまで感じるとなると気が滅入ることでしょう。

こういった場合、当サイトでは退職代行サービスの利用をオススメしています。

退職代行サービスとは、あなたに代わって退職する意思を伝えてくれるサービスになっています。

退職代行サービスを利用すれば、明日から小学校に行かずに退職することができます

生徒や保護者、他の教員のことを考えると後ろめたくなる気持ちもわかりますが、精神に大きなダメージを受けながら働き続けてなんの意味があるのでしょうか?

心の病で休職するリスクを抱えながら、働き続けることに意味はあるんでしょうか?

他人に迷惑をかけたくない気持ちはわかりますが、無理して働き続けて心の病で休職したとしても誰も責任はとってくれません。

今一度自分の心の声に耳を傾けて、自分の身体・心にとって最善の選択をしてください!

退職代行サービスは会社にとっては非道なサービスと思われがちですが、会社や学校を辞めたくて困っている方に最も寄り添った思いやりのサービスだと思っています。

以下でオススメの退職代行サービスを紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ

色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にして頂戴ね。

退職代行SARABA(サラバ)
労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができ、実績・知名度共に業界トップクラス
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価 5.0
利用料金一律 27,000円(追加料金なし)
返金保証あり
会社との交渉出来る
営業時間24時間 365日
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

SARABAのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

SARABAの口コミ

20代 男性
20代 男性

色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

鬱病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、やめることができ本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行EXIT
退職代行『exit』公式ページ
退職代行のパイオニア『EXIT』。人気芸人のEXITを起用したCMや、電車のつり革広告など非常に有名なサービスです。
特にメディア掲載実績はNo.1で、安心の退職代行サービスとなっております。
総合評価 4.5
利用料金正社員:50,000円(追加料金なし)
アルバイト30,000円(追加料金なし)
返金保証なし
会社との交渉出来ない
営業時間不明
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

EXITのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスランキング2位は退職代行EXITです。

NHK、テレビ朝日、Yahoo!ニュースと多数の有名メディアに紹介されており、退職代行サービスを知るきっかけがEXITだったという人も多いんではないでしょうか。

退職代行サービス業界でEXITパイオニア的存在であり、知名度ダントツでNo.1

退職者数累計2500人以上退職率100%と安心して会社を辞めることができます。

会社を絶対にやめたい、安心してやめたいという人にはおすすめできる退職代行サービスとなっています。

EXITの口コミ

30代 男性
30代 男性

正直本当に辞めれるのかなって不安がありました。
色々調べたりして、実際に辞められたって感想があったので大丈夫なのかなと思い利用を決意しました。
ラインで問い合わせたのですが、当日に実行して頂き問題なく退職する事ができました。
とても辛かった仕事が簡単になくなり、はじめは信じられませんでした。

詳細ページ公式ページ

弁護士法人みやび(旧:汐留パートナーズ)
退職代行『弁護士法人みやび』
弁護士が行なっている退職代行サービス。料金体系が分かりやすく、他の弁護士が行う退職代行サービスよりリーズナブルな料金です。
弁護士が行う退職代行なので、もしもトラブルになった際も安心です。
SARABAや、EXITでも問題なく退職可能ですがより安心したいという方にお勧めです。
総合評価 4.5
利用料金一律:55,000円
返金保証なし
会社との交渉出来る
営業時間24時間・365日
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

弁護士法人みやび(旧:汐留)のおすすめポイント!

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

弁護士が退職代行をおこなうので、他社ではできない会社との「交渉」といった業務もできます。

未払いの残業代や給与がある、損害賠償で訴えられるということがあっても弁護士がしっかり対応してくれますので、他社にはない絶大な安心感があるサービスです。

費用は他社と比べ高くなっていますが、値段に見合った質の高いサービスを提供しているので安心して会社を辞めることができます。

弁護士事務所ですが、事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

弁護士法人みやび(旧:汐留)の口コミ

20代 女性
20代 女性

私は勤続年数が少し長いため、退職代行を使った際に残業代や退職金の一部などを支払って頂けないリスクが気になりました。
そこで少しばかり値段が高いですが、弁護士事務所が提供する退職代行サービスを使おうと思いました。
金銭の請求に関しては、オプション料金となっていますが、
着手金は必要なく、成功報酬だったこともあり安心して利用することができました。

詳細ページ公式ページ

アサミ
アサミ

耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な業者を比較してるから、参考にしてみてね!