退職代行を利用すれば引き継ぎなしで退職できるの?【徹底解説】

退職代行は現在多くの退職者に利用されています。

退職したくても中々言い出せない人の強い味方です。

退職代行をこれから利用しようとしている人はいくつかの疑問があると思います。

今回はその疑問の1つ。

『退職代行で退職する時引き継ぎはしなくてもいいの?』

という疑問を解説していきます。

退職する時、多くの場合引き継ぎ業務をすることになるでしょう。

退職代行で会社に行かず退職する場合引き継ぎ作業はどうなるのでしょう。

下記で解説していきます。

では早速、見ていきましょう!

退職代行とは

まずはじめに、退職代行についてや、退職代行の流れを解説していきます。

退職代行とは、本人に代わって勤め先の会社に退職の意思表示をしてくれるサービスです。

「退職するのにお金を払うなんて考えられない。」と思われる人も少なくないのではないでしょうか。

多くの場合、会社に何らかの問題があり、簡単に退職することができない会社に勤める社員に対して退職代行の需要が高まっています。

退職代行の流れ

退職代行サービスの一連の流れを紹介します。

それぞれの業者によって手順に誤差はありますが、大体はこのような感じです。

退職代行の流れ
  • STEP1 相談

    電話、LINE、メールで退職の相談をします。(業者によって様々です)

  • STEP2 依頼

    依頼をする旨を業者に伝えます。

    振込にあたっての詳細情報が送られてきます。

  • STEP3 料金の支払い

    振込先に料金を振り込むと、振込の確認をしてもらえます。

    (利用明細を確認する業者もあるので、利用明細票は保存しておきましょう。)

  • STEP4 退職代行実施前の最終確認

    支払いの確認ができたら、依頼者が会社に伝える事はないか、退職理由などの最終確認があります。

  • STEP5 退職代行実施

    依頼者の勤め先に業者が退職の意思をお伝えします。

  • STEP6 結果の報告

    会社に郵送しなければいけないものや、会社から送られてくるものの確認をします。

    ここで退職届けの記入をして郵送します。(業者から退職届のフォーマットをデータで渡されるのがほとんどです。)

  • STEP7 退職手続き開始

    離職票や、年金手帳が会社から送られてきます。

    他に足りないものがあれば業者に確認して連絡してもらいましょう。

  • STEP8 退職完了

    会社に必要書類を郵送し会社側も確認し、会社から送られてきたものに不備がなければ、無事退職完了となります。

以上が退職代行の流れになります。

次は、今回のテーマ「退職代行での引き継ぎはどうなるのか」という点を解説していきます。

確認していきましょう!

退職代行は引き継ぎ無し退職できる?

結論から言えば、退職代行を利用すれば、引き継ぎなしで退職できることが多いです。

そもそも、退職代行を利用して退職すれば二度と会社に出勤せずに退職できます。

それゆえに、会社に来ない人に引き継ぎ作業をしてもらうことは会社側も不可能と考え、引き継ぎせずに退職できるのです。

しかし

「自分しか知らない顧客情報」

自分しかできない担当業務についての資料」

などがあれば、それらをまとめて会社に郵送しなければならないことはあります。

引き継ぎ作業は法律などでしなければならないと法律で義務ずけられているわけではありません。

引き継ぎ作業をしていないからといって、訴えられることはないので安心してください。

まとめると、

「会社に出勤しての引き継ぎ作業はしなくてもいいが、会社の重要な書類や自分しか知らない顧客データなどがあれば書類にまとめて郵送する必要はある」

ということになります。

退職代行を利用し、即日退職すれば、会社での引き継作業はせずに退職することは可能でしょう。

ここからは、引き継ぎをせずに退職した場合のリスクを以下で紹介していきます。

大切なことなので、一つ一つ確認していきます!

引き継ぎせずに退職して発生するリスク

引き継ぎをせずに退職する場合、いくつかのリスクが発生します。

以下で解説していきます。

損害賠償請求の可能性

『引き継ぎもせずに、即日で退職して、会社から損害賠償を請求されるのではないか』

と思う方もいると思います。

結論から言うと

退職については労働者に対して法律で認められている権利なので損害賠償が請求されることはありません。

しかし

「金銭の横領や機密情報の漏洩」

「顧客情報の漏洩など意図的に会社に対して損害を与える」

など会社として深刻な問題がある場合はまた別の問題ですがそういったことがない限り、基本的に訴えられるケースは絶対にありません。

退職代行を利用する上で、損害賠償を懸念する必要はありません。

退職代行の損害賠償請求に関して詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

退職代行を利用して損害賠償を請求されることってあるの?【徹底解説】

2019年7月23日

懲戒解雇される可能

退職代行を利用して引き継ぎせず、会社を辞めたことで懲戒解雇される可能性は、損害賠償請求と同様に限りなくゼロに近いです

たしかに会社は社員の退職を取り消して、懲戒解雇処分にすることは可能です。

しかし、「引き継ぎをしなかったから」という理由に対して懲戒解雇はあまりにも重すぎる処分なのです。

たとえ、裁判になったとしても認められることは無いでしょう。

しかし、明らかに誰がみても法律に反する行為を行ったのであれば、処分されてしまいます。

ここまで引き継ぎなしの退職で心配されることが多い「損害賠償請求」と「懲戒解雇処分」について解説しました。

心身ともに疲れていて、健康を害してしまうような状態であれば強気に退職すべきです。

すぐに辞めても処罰を受ける心配はありません。

退職代行業者は今現在多く存在しています。

選ぶ基準や、選んではいけない業者の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

下記で失敗しない退職代行業者の選び方を解説していきます。

失敗しない退職代行業者の選び方

退職代行業者は多くいて、それぞれで特徴料金が異なっています。

では、数多くある退職代行の中から失敗しない業者を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは退職代行業者の選び方をご紹介します。

選び方の重要なポイントは4つあります。

ポイント
  1. 対応の速さ
  2. 連絡の取りやすさ
  3. 料金
  4. 法的なトラブルがあった際の対応

一つ一つ見ていきましょう!

①対応の速さ

退職代行を利用する人の多くは「すぐにでも会社を辞めたい」という人がほとんどです。

そのため、相談してからどのくらいの時間で退職手続きをしてくれるかチェックしておきましょう。

早いところでは相談した日に契約を決め、費用を振りこめば翌日には退職手続きに動いてくれます。

素早く動いてくれる業者に依頼する場合は、自分自身で準備しておかなければならないこともあります。

雇用されているのであれば健康保険証の返送、失業保険の手続きなどは代行サービスは行ってくれません。

退職手続き後にすぐ動けるよう準備しておきましょう。

②連絡の取りやすさ

あなたが退職を考えているのと同じように、全国にはすぐにでも会社を辞めたいという人が大勢います。

近年、退職代行サービスを利用する人が増えており、大手の退職代行サービスは依頼者が殺到して連絡が取りづらくなっているようです。

連絡が取れたとしてもすぐに対応してもらえなかったということもあります。

できればいくつかの候補を絞っておき、すぐに対応してくれるかどうかを見ておきましょう。

利用する時はサイトに登録する必要はなく、LINEで相談できるところもあります。

連絡しやすい手段を採用している業者を選ぶこともおすすめです。

③料金

退職代行の会社は利用料金が異なります。

安いところでは3万円ですが、高いところとなると10万円もの費用がかかるところもあるのです。

自分が出せる料金設定のところを選んでおくことも大切です。

料金はネットの公式HPから確認できますので、相談前に一度見ておきましょう。

万が一失敗した時は全額返金保証付きという退職代行業者もいます。

ただ、退職というのは基本的には自由で、本人が辞めたがっているのに会社が辞めさせないということは違法です。

そのため退職代行を利用して退職できないということはまずないので安心してください。

④法的なトラブルがあった場合に弁護士を紹介してくれる

退職する際に残業代や給料の未払い・上司からのパワハラなどに対する慰謝料を請求する場合、退職代行では対応できません。

弁護士に依頼する必要があります。

退職代行の中には弁護士を紹介してくれるところもあります。

もし法的なトラブルを抱えているのなら担当者に相談しておきましょう。

上記のことを踏まえ、当サイトがおすすめする退職代行サービスを紹介していきます。

早速確認していきましょう!

当サイトおすすめ退職代行

当サイトがおすすめする退職代行業者をいくつかのポイントを踏まえご紹介していきます。

EXIT

料金

正社員・契約社員 50,000円 (税込)/アルバイト・パート 30,000円(税込)

今ある退職代行業者の中で1番の知名度と言っても過言ではないでしょう。

料金は正社員・契約社員が50,000円、アルバイト・パートが30,000円と、雇用形態によって値段が変わります。

追加料金はなく、相談は無料です。

現在までの退職成功率は100%

即日対応も可能ですが返金保証はありません。

成功率100%の自信が伺えますね。

✔︎ ポイント
  • 知名度No.1
  • 退職成功率100%
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし

SARABA

料金

一律 29,800円(税込)

こちらもよくメディアに取り上げられてる退職代行業者「SARABA」です。

サービス料金はどの雇用形態に関わらず一律29,800円とリーズナブルで利用しやすいと思います。

退職成功率はほぼ100%。

公式サイトによると、依頼者が退職ではなく求職を選択し退職を辞退したため、“ほぼ100%”になっているようです。

返金保証もあるので安心してご利用頂けます。

✔︎ ポイント
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり

辞めサポ

料金

一律24,800円(税込)

退職代行業界では最安値の価格です。

辞めサポも雇用形態に関わらず一律24,800円で実施しています。

退職率も100%、返金保証付きと何かと安心です。

相談も無料ですので、退職に悩んでいる方はまず一度相談してはどうでしょうか。

✔︎ チェック
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 業界最安値
  • 追加料金一切なし
  • 後払い有り
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり

汐留パートナーズ法律事務所

汐留弁護士事務所公式サイト

汐留パートナーズ法律事務所公式サイト

料金

一律 54,000円(税込)

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

即日対応も可能で、対応してくれます。

安心の退職代行サービスです。

✔︎ ポイント
  • 知名度バツグン
  • 即日対応
  • 事前相談無料

誰が見ても非常識な辞め方は控える

退職代行を利用して辞めるとしても、最低限のマナーを守って辞めることは心がけましょう。

例えば、あなたが随分前から引き継ぎをしてほしいと会社から明確に求められていた場合

  1. あなた以外に引き継ぎができる人物がいない
  2. 引き継ぎをしないことで会社に確実に実損が生じる
  3. 正当な理由なく「面倒」などの理由で引継ぎもせず、代行業者に意思表示だけ依頼して退職する

というようなことは避けるべきです。

このようなケースは非常に稀とは思いますが、退職前に立ち止まって慎重に検討することくらいはしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

会社を辞めたいけど言い出せない、辞めさせてくれない…

今現在もこの悩みで苦しんでいる人が大勢います。

そんなお悩みを抱えている人は、退職代行を利用しましょう。

退職代行を利用すれば言い出しにくい退職を伝えてくれるうえ、もう会社に行かずに済みます。

転職者数は年々増加傾向にありますので、我慢してひとつの会社に居続ける必要はありません。

下記は今回の記事のまとめです。

まとめ
  • 退職代行を利用すればすぐに会社を辞められる
  • 『引き継ぎをしたくない』と言う意思を伝えてくれる
  • 退職代行を利用する場合でも「引き継ぎ」するかしないかは自分次第
  • 退職代行を選ぶ時はスピード・連絡の取りやすさ・料金をチェック
  • 法的なトラブルがある場合は弁護士に相談する
  • 退職代行を使う場合でもマナーは守る

退職代行を利用する際はいくつかの注意点もあります。

ここで紹介したことを参考に、トラブルなく退職して新しいスタートを切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です