退職

試用期間中に即日退職は100%不可能!その意外な理由とは?

さとし
さとし

くっそー!せっかく転職したのに思ってた環境じゃなかった!!

試用期間に即日で退職できる方法なんかないよな…。

アサミ
アサミ

さとしくん落ち着いて。

通常、試用期間に即日で退職するのは、法的な観点から見ても難しいの。

これから説明していくわね。

入社前は、誰もが期待感を持っていますよね。

でも、試用期間を通して

『この会社の仕事は自分に合わない』

思ってた(聞いてた)環境と違う

と感じる人もいます。

『なら、すぐに退職して転職先を探したい!』

と思う人も多いでしょう。

では、試用期間に即日退職はできるのでしょうか?

それではさっそくみていきましょう!

即日退職は試用期間にゼッタイできない!?その理由とは…

まだ試用期間だからすぐに辞められる」とお考えの方もいますが、労働契約を結んでいる以上、他の従業員より退職しやすいわけではありません。

また、民法上は2週間前に退職の申し出をすると定められていますし、就業規則では1ヵ月以上前に申し出るルールを定めていることが多いです。

それでは、試用期間中に即日退職できない3つの理由について、それぞれ説明いたします。

試用期間中に即日退職できない理由

●試用期間でも労働契約を結んでいるため

●退職は2週間前に申し出ることは民法上のルール

●退職の申し出は1ヵ月前とする就業規則が多い

試用期間でも労働契約が締結しているため

まず、試用期間であっても、会社と従業員はきちんと労働契約を結んでいますよね。

この労働契約を覆して即日退職したいと申し出ても通りません。

会社にとっての試用期間とは、入社した社員が一人前として働けるようになるまでの準備期間です。

業種や職種によっては、かなりの人件費を投入して人材育成に注力するでしょう。
中でも、将来的な活躍を見込んで雇い入れた新卒は強い引き止めにあう可能性が高いです。

新卒2
新卒が早期退職をするオススメ理由とは?退職理由の伝え方を徹底解説学校を卒業したその年に、会社に就職するいわゆる新卒の社会人。 その新卒の社会人が3ヶ月〜1年で退職する、早期退職と呼ばれる退職が年...

仮に、即日退職を申し入れたとしても、人事担当者からは

「でも、あなたは面接の場でやりたいことは〇〇だとおっしゃっていましたよね?」

「入社前に、〇〇を目指しているとおっしゃっていたのはウソだったんですか?」

などと責められるでしょう。

会社としては、優秀な人材を雇い入れるためにコストをかけてきたわけですから、投資した分を回収するまでは働いて欲しいと願うのも当然です。

会社から引き止められた場合に、非があるのは100%こちらであり、会社が正しいため、反論の余地はないのです。

民法上は2週間前に退職を申し出るルール

仕事を辞める場合、2週間前に会社へ申し出ることは、民法上において定められています。

当事者が雇用期間を定めなかったときは、各当事者はいつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申し入れの日から二週間を経過することによって終了する

引用元:民法627条1項 | ウィッキブックス

法の観点からみても、即日退職を実現することは違法行為と言えるでしょう。

民法上の退職2週間ルールについて、詳しい情報は下記の記事もご覧ください。

退職届を提出する女性
2週間で退職可!有休は取得できる?口頭でもOK?民法上のルールを解説いざ会社を辞めると決意しても、何から始めていいか分かりませんよね。 そこでこの記事では ・退職って2週間でできるの? ・退...

就業規則に退職の申し出についてルールがある場合も

就業規則は、会社によって内容が当然違ってきますが、退職についてルールが課せられていることがあります。

良くあるのが、「退職の申し出は1ヵ月前にする」ルールです。

もし、勤めている会社の就業規則に退職に関するルールがある場合、従業員はこれに従う義務があります。

試用期間に即日退職をした人のデメリット

試用期間に即日退職をしたい理由は人によって様々だと思いますが、退職後に生じるデメリット・リスクに関しては皆共通です。

下の内容を見てください。

試用期間に即日退職するデメリット

●職歴のマイナス評価を受けやすい

●退職後の生活費が必要

●退職を口頭で申し出ても断られるリスクがある

ここからは、試用期間に即日退職をするデメリットについて、一つずつ解説していきます。

転職活動への悪影響が大きい

たとえ試用期間であっても、転職活動時に過去の会社勤めをした履歴は、必ず記載しなければいけません。

もし、面接の場で試用期間で退職したことを隠していても、会社は採用手続きのときに雇用保険の加入記録を確認するため、前に勤めていた会社名が知られてしまいます。

よって、経歴詐称をしたことが100%バレてしまうのです。

ですので、転職活動を始めてから採用されるまでずっと、履歴書に試用期間中に退職した過去を記載し続けることになります。

エントリー先の会社は、試用期間中に退職した人材に対して、高い評価をすることはまずないでしょう。
また、採用されたとしても、「どうせまた試用期間中に辞めるんだろ?」などと思われるかもしれません。

よって、試用期間中に退職をすることは、今後の人生に大きな悪影響を与えることになるのです。

さとし
さとし
マジかよ…。

転職するときは、履歴書に辞めたことを書かないでおけばいいと思ってたのに…。

アサミ
アサミ
さとしくん!

そんな、人に後ろ指さされるようなことをしてはダメよ!!

本当に退職してしまう前に、そもそもなぜ会社を去りたいと考えたのか、もう一度自分自身に問いかけてみなさい!

生活ができなくなるリスク

新卒であれば、雇用保険の加入要件が満たせず、退職後に失業保険を受け取ることができないでしょう。

仮に、上司や周りからパワハラ等の被害を受けていて、うつ病などの精神疾患を抱えてしまった方でも、社会保険加入期間が1年未満の場合、傷病手当金等のサポート制度を利用することができません。

うつ
うつ病で退職するには?退職理由の書き方と失業保険を徹底解説うつ病でも無理して働いている社会人は多いはずです。 うつ状態で無理に仕事を続けても遅かれ早かれ限界が訪れます。 本当にうつで...

試用期間に退職となれば、この短い期間でメンタルに支障をきたしたことを証明することも難しく、前例もないでしょうから、ツライ転職活動になってしまうかもしれません。

試用期間中に退職できても、すぐにアルバイト等で生計を立てなければなりません。
今後の転職活動において、バイト生活期間が長くなるほど会社からの印象は悪くなる一方です。

退職を申し出て断られたら…

試用期間を問わず、即日退職を希望する方すべてに言えることですが、上司に退職を申し出てもしも断られたら…その後には、ハッキリ言って地獄が待っているでしょう。

  • 他の上司にも退職を申し出たことが広まってしまう
  • 会社内の評価が下がる
  • 上司から異常に気を遣われて逆に働きづらい
  • 仕事に前向きに取り組めず、毎日がツライ

何より、「辞めたいな…」と思いながら働くのと、実際に「辞めさせてください」と伝えた後で働くのは、後者の方がよりツライんです。

筆者は過去、約10年勤めた会社を自己都合退職した経験があるのですが、今でも思い出すツライ時期は、口頭で退職を申し出てから辞めるまでの約1ヵ月半です。

状況的には、会社にとって自分は「いらない存在」なわけですが、それでも毎日、引継ぎ等のためだけに出社して仕事をしなければいけません。

それに、会社の引継ぎといっても、大変なのは最初の一週間程度ですから、その後の会社内で感じる疎外感はハンパないですね。

仕事への拒否反応は、あれが原因?症状の種類と効果的な対処方法を徹底解説! 朝起きたら手が震えている、仕事帰り全てのやる気をなくしてしまったりするなんて事はありませんか? もしかしたらそれは...

会社の資料室等に異動させて、事実上のリストラを行う大企業の話をよくドラマやマンガで見かけますよね。

人は誰にも必要とされていない環境では何もガンバれないのです。

試用期間に即日退職できるケース

これまで、試用期間中に即日退職をするのは、法的にも社会の常識としてもNGであることや、デメリットやリスクが大きいことを解説してきました。

しかし、実は例外的に、試用期間に即日退職できるケースがあります。

それが以下の3つです。

  • 会社に相談して合意が得られた場合
  • 労働環境が明らかに悪い場合
  • 入社14日前に解雇を言い渡された場合

1つ1つ解説していきます。

会社に相談して合意が得られた場合

退職までには法律で2週間、会社のルールによっては1ヶ月、2ヶ月と期間が設けられるのは説明した通りです。

この退職までの期間が設けられている背景には

「業務の引継ぎなどに時間を要するため」

などの理由があると考えられます。

つまり、会社は仕事の引継ぎも無しにすぐ辞められると困るからこそ、退職までの期間にルールを設けているわけです。

では、社員に即日退職されても問題がない場合はどうでしょうか。

たとえば上司に

『今日で退職させてください』

と相談してみたところ「OK」と言われた場合。

このように退職の相談をして、合意が得られれば即日退職は可能です。

メールを送っている画像
メールで退職相談してもいい?退職の切り出し方や件名まで徹底解説【例文あり】退職の相談をしたいけれど、なかなか言い出せない。 朝の朝礼で伝えようとしたけど、結局伝えることができずに退社してしまった経験ってあ...

引継ぎ無しの急な退職は少なからずトラブルの原因になるため、会社側が合意してくれるケースは少ないかもしれません。

ですが、正社員に比べて責任のある仕事を任されない試用期間の社員であれば、退職の申し出がすんなりと受理される可能性は高まります。

また、急な怪我などで業務の続行が不可能と判断された場合も、即日での退職を認めてくれることがあります。

労働環境が明らかに悪い場合

サービス残業(無給の残業)の横行や、事前に説明された労働内容との相違(説明されていた給料より低いなど)、パワハラやモラハラといった各種ハラスメントなど法律に違反するくらいに労働環境が悪い場合も即日退職できることがあります

この場合は上司に相談して退職とはいきません、労働基準監督署に相談してみましょう。

メールを送っている画像
メールで退職相談してもいい?退職の切り出し方や件名まで徹底解説【例文あり】退職の相談をしたいけれど、なかなか言い出せない。 朝の朝礼で伝えようとしたけど、結局伝えることができずに退社してしまった経験ってあ...

違法性があると分かれば適切な処理を行ってくれるはずです。

また、直属の上司からハラスメント行為を受けているのなら、さらに上の上司へと報告することで、すぐに仕事を辞められる可能性もあるでしょう。

入社14日以内に解雇を言い渡された場合

会社側は試用期間の社員に対して、入社して14日以内に解雇を言い渡せば即日解雇できることになっています(通常は解雇の予告が必要)。

つまり、試用期間が始まってから14日以内に解雇を言い渡された場合も即日退職できることになります。

しかしこれは、あくまでも会社側から退職を言い渡された場合です。

日本の法律では、よほどの理由がない限り社員が突然解雇されることはほぼあり得ません。

さとし
さとし

「辞めたい」っつって同意してくれるなんてあるのか…?

アサミ
アサミ

基本的にないわね。会社の就業規則でも退職の申し出は1ヶ月前となってる場合がほとんどね。

1ヶ月後に退職することが認められても、退職日までは出勤しなきゃならないから、その間上司から冷たい態度や嫌がらせを受けるケースもあり得るわ。

 

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/