退職

二週間以上待っても離職票がもらえない!一人でも出来る対処法について解説します

会社から離職票がこないときの対処法

▼当サイトおすすめ退職代行サービスはこちら

退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行EXIT
【業界NO.1の知名度/実質0円利用可能】
テレビ・新聞などのメディア掲載実績No.1。転職で全額キャッシュバック制度有り!

弁護士法人みやび
【弁護士が行う退職代行/業界最安値級】
弁護士なのにたったの55,000円ポッキリ。法律の専門家なので失敗することなしの絶対安心!

さやか
さやか
アサミ先生!

退職してから二週間以上待っても離職票が届かないんです…。

もう会社と連絡なんて取りたくないし、どうすればいいんでしょう?

アサミ
アサミ
離職票が届かない…!?

失業保険の手続きができないと分かってるハズなのに、ブラックな会社ね…!

でも大丈夫。ハローワークに連絡すれば対処はカンタンよ。

さやか
さやか
あっ!なるほど。

わざわざ会社に言わなくても、ハローワークから連絡してもらえば良いんですね!

アサミ
アサミ
そうね。

企業は退職者が出たら10日以内にハローワークへ届け出を出す義務があるのよ。

この辺のルールについても、ちょっと詳しく解説するわね。

離職票を用意するのは会社側の義務

まず、会社は従業員が退職すると、退職日の翌日から10日以内にハローワークへ「雇用保険被保険者資格喪失届」を提出する義務があります。

アサミ
アサミ

まれに、離職票が届かないことを会社に連絡すると、「給料日以降にならないと郵送できない」などと言い訳をされるケースがあるそうね。

でも、これはまったくのウソ。
法を犯しているのは会社側なんだから、堂々と権利を主張するべきなのよ。

雇用保険法

第七十六条
3 離職した者は、厚生労働省令で定めるところにより、従前の事業主又は当該事業主から徴収法第三十三条第一項の委託を受けて同項に規定する労働保険事務の一部として求職者給付の支給を受けるために必要な証明書の交付に関する事務を処理する労働保険事務組合に対して、求職者給付の支給を受けるために必要な証明書の交付を請求することができる。その請求があつたときは、当該事業主又は労働保険事務組合は、その請求に係る証明書を交付しなければならない。

引用:電子政府の総合窓口イーガブ

労働基準法

第二十二条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

引用:電子政府の総合窓口イーガブ

会社が退職者が出たときにハローワークへ報告することは、「雇用保険法」「労働基準法」の規定からも、会社の義務なのです。

もし、退職してから有給消化をした場合、退職日は有給消化が完了した翌日となります。

会社が離職票をハローワークへ郵送するのは、あくまでも退職日から10日以内なので、有給が残っている方は勘違いしないようにしてください。

退職してから離職票がもらえるまでの流れ

退職をしてから、手元に離職票が届くまでは、以下の工程があります。

退職してから離職票がもらえるまでの流れ
  • 1.会社からハローワークへ必要書類を提出
     
  • 2.ハローワークから会社へ離職票を郵送
     
  • 3.会社から退職者へ離職票を郵送
     
離職票が届くまでの流れ※タップして拡大
ハローワークから会社へ離職票を郵送※タップして拡大
会社から退職者へ離職票を郵送※タップして拡大

会社を退職してから、離職票が届くまで二週間程度かかるのが一般的です。

すぐに届かない理由としては、会社とハローワーク間で一度書類郵送のやり取りをはさむためです。

ですので、今離職票が届かず不安を感じている方も、最低でも二週間は待ってみましょう。

離職票が二週間待っても届かない!ときの対処法を解説します

二週間経っても離職票が届かない場合、前述の「会社」「ハローワーク」のどちらかで対応が遅れている可能性があります。

しかし、心配はいりません。

仮に離職票が手元になくとも、ハローワークにて失業保険の仮申請をすることができます。

それでは、詳しく解説していきます。

離職票が届かないときの確認手順
  • 1.会社へ確認する
     
  • 2.ハローワークへ確認する
     

1.会社へ確認する

会社を退職するときに、「離職票をください」と伝えておかないと、稀に対応してもらえないことがあります。
単純に会社へ伝わっていないことも考えられるため、確認の連絡を入れてみましょう。

その際、面倒ですがまず最初に「メール」を送信した後、「電話」で催促をする手順で進めましょう。
両方の手段で連絡を取っておくと、「メールなんて届いてない!」とか、「言った・言わない」の不毛な論争を避けられます。

会社に連絡をして、すでに離職票等の書類をハローワークへ郵送していた場合は、日付と日時の確認をしておきましょう。後で、ハローワークへ確認するときに役立ちます。

また、会社が意図的に離職票を郵送しておらず、嫌がらせをしていた場合は、ハローワークへ相談しましょう。
ハローワークから会社へ催促の連絡が入ります。

2.ハローワークへ確認する

すでに会社からは郵送していた場合は、ハローワークへ確認を取りましょう。

ハローワークは、一般的に退職者が増える「3月」「9月」が繁忙期と言われており、忙しいあまり事務作業が遅れている可能性も考えられます。

離職票を届けないブラック企業の場合は失業保険の仮申請をする

もし、ブラックな職場で意図的に離職票を郵送せず、嫌がらせをされていた場合は、自分で対処する必要はありません。

ハローワークに離職票が届かないことを伝えれば、自分の代わりに会社へ催促の連絡を入れてもらえます。

また、ハローワークでは、事情があって離職票が手元にない場合でも、失業保険の仮申請をすることができます。

失業保険の仮申請は、退職日から12日間経過していることが条件なので、会社に請求してもダメなら、離職票ナシでハローワークへ求職手続きをしてください。

求職手続きをするには、「退職証明書」や「社会保険資格喪失証」を用意して、ハローワークへ直接行く必要があります。

ただ、仮申請をしてから最初の失業認定日までには、離職票を用意しておく必要があります。

ハローワークの求職手続きについては、下記の記事もご確認ください。

ブラック企業から逃れるために退職代行サービスも視野に入れる

本記事では、離職票が手元に届かない場合は、退職日から12日経過後に失業保険の仮申請ができることを解説しました。

ただ、仮申請をしてから最初の失業認定日までには、離職票を用意しておく必要があるため、ブラック企業から逃れるために退職した方にとっては、とてもハードルが高い作業になるでしょう。

今後の退職に不安を感じている方は、退職代行サービスの利用を検討してください。

退職代行サービスとはあなたに代わって退職する意思を伝えてくれるサービスです。

退職代行サービスを利用すれば、明日から会社に行かずに退職することができるため、引き止めの心配をすることもありません。

退職代行サービスの業者はたくさんありますが、ほとんどが退職成功率100%の実績があるため、退職を断られる心配もありません。

どうしても会社を辞めたいから、あなたは退職を考えたんだと思います。

辞めたいと辛い思いを抱えて働き続けることで精神的に大きなダメージを受け、今後うつ病などの精神の病気を患ってしまう可能性もあります。

1日でも早く辞めたいという方には多少費用がかかりますが、退職代行サービスを利用することをオススメします。

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ

色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にして頂戴ね。

退職代行SARABA(サラバ)
労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができ、実績・知名度共に業界トップクラス
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価 5.0
利用料金一律 27,000円(追加料金なし)
返金保証あり
会社との交渉出来る
営業時間24時間 365日
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

SARABAのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

SARABAの口コミ

20代 男性
20代 男性

色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

鬱病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、やめることができ本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行EXIT
退職代行『exit』公式ページ
退職代行のパイオニア『EXIT』。人気芸人のEXITを起用したCMや、電車のつり革広告など非常に有名なサービスです。
特にメディア掲載実績はNo.1で、安心の退職代行サービスとなっております。
総合評価 4.5
利用料金正社員:50,000円(追加料金なし)
アルバイト30,000円(追加料金なし)
返金保証なし
会社との交渉出来ない
営業時間不明
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

EXITのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスランキング2位は退職代行EXITです。

NHK、テレビ朝日、Yahoo!ニュースと多数の有名メディアに紹介されており、退職代行サービスを知るきっかけがEXITだったという人も多いんではないでしょうか。

退職代行サービス業界でEXITパイオニア的存在であり、知名度ダントツでNo.1

退職者数累計2500人以上退職率100%と安心して会社を辞めることができます。

会社を絶対にやめたい、安心してやめたいという人にはおすすめできる退職代行サービスとなっています。

EXITの口コミ

30代 男性
30代 男性

正直本当に辞めれるのかなって不安がありました。
色々調べたりして、実際に辞められたって感想があったので大丈夫なのかなと思い利用を決意しました。
ラインで問い合わせたのですが、当日に実行して頂き問題なく退職する事ができました。
とても辛かった仕事が簡単になくなり、はじめは信じられませんでした。

詳細ページ公式ページ

弁護士法人みやび(旧:汐留パートナーズ)
退職代行『弁護士法人みやび』
弁護士が行なっている退職代行サービス。料金体系が分かりやすく、他の弁護士が行う退職代行サービスよりリーズナブルな料金です。
弁護士が行う退職代行なので、もしもトラブルになった際も安心です。
SARABAや、EXITでも問題なく退職可能ですがより安心したいという方にお勧めです。
総合評価 4.5
利用料金一律:55,000円
返金保証なし
会社との交渉出来る
営業時間24時間・365日
対応方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

弁護士法人みやび(旧:汐留)のおすすめポイント!

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

弁護士が退職代行をおこなうので、他社ではできない会社との「交渉」といった業務もできます。

未払いの残業代や給与がある、損害賠償で訴えられるということがあっても弁護士がしっかり対応してくれますので、他社にはない絶大な安心感があるサービスです。

費用は他社と比べ高くなっていますが、値段に見合った質の高いサービスを提供しているので安心して会社を辞めることができます。

弁護士事務所ですが、事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

弁護士法人みやび(旧:汐留)の口コミ

20代 女性
20代 女性

私は勤続年数が少し長いため、退職代行を使った際に残業代や退職金の一部などを支払って頂けないリスクが気になりました。
そこで少しばかり値段が高いですが、弁護士事務所が提供する退職代行サービスを使おうと思いました。
金銭の請求に関しては、オプション料金となっていますが、
着手金は必要なく、成功報酬だったこともあり安心して利用することができました。

詳細ページ公式ページ

アサミ
アサミ

耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な業者を比較してるから、参考にしてみてね!

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/