【絶対退職できる】退職する勇気がない人のためのたった一つの解決方法!

退職 勇気

退職したいけど勇気がない…。

そのように感じている人は多いと感じます。

なぜなら、私自身、そして周りの同僚もそうだったからです。

退職は大きな人生のターニングポイントであると言えます。

下のグラフを見てください。

辞めたいのに辞めてない人の割合

引用:typeメンバーズパーク公式ホームページ

なんと、会社を辞めたいと思っていてもそのまま働き続けている人が約40%もいるのです。

驚きの数字ですね。

この事態を招いている原因の大部分は

「退職する勇気がでない」

からでしょう。

ということで今回は、勇気がなくても絶対に辞められる方法などを紹介していきます。

それでは早速確認していきましょう!

勇気が出ない理由とは

自分の「退職する勇気が出ない理由」を理解することは非常に大切でしょう。

なぜなら、理由を知ることができれば、解決策が見えてくるからです。

大きく分けると、この2つが原因であることがほとんどです。

2つの原因
  • 上司との人間関係
  • 転職活動への不安

下記を見ていきましょう。

上司との人間関係

「退職を申し出て怒られたらどうしよう」

「異常に引きとめられたり、仕事量が増えたりしたらどうしよう」

など、上司の反応が怖くて勇気を出せない人もいます。

一瞬の恐怖に耐えられない人や、引きとめを断れない自分が想像できてしまうのかもしれません。

【解決策】退職の相談に乗ることも上司の仕事の一つなのです。

上司に対して

『ちょっと怖いなぁ』

と思う程度であれば、思い切って退職の意思を伝えてみましょう。

上司は、会社が円滑に動き続けるために退職の時期や引き継ぎ方法の相談に乗ってくれるはずです。

それも、上司の仕事の一つなのです。

しかし、退職を伝えると怒鳴られたり、パワハラに近い環境に置かれている人もいるでしょう。

その場合、そこに黙って居続けてはいけません。

周囲の信頼できる人や社内の相談窓口、厚生労働省の総合労働相談窓口コーナーに相談してみてください。

また下記の画像は厚生労働省の総合労働相談窓口コーナーの詳細です。

こちらに相談してもいいでしょう。

自分一人で抱え込んでも、問題は解決しません。

転職活動への不安

『次の転職が決まるだろうか』

『次の職場が決まらない内に辞めてしまったら、生活は成り立つのだろうか』

など、次の環境に対する漠然とした不安があり、辞めることを言い出せない人がいます。

これは、具体的な根拠があって、不安になっている訳ではありません。

不安が漠然としているために解決策が立てられず、不安のスパイラルに入っているのです。

『今のままで良い』

と面倒くさくなるか、切り出す勇気がしぼんでしまうタイプです。

【解決策】「不安」を具体的に書き出す

不安を感じる原因を明らかにすると解決策が見え、不安が解消されます。

まずは、何が不安なのかを具体的に書き出してみましょう。

例えば

『生活費が足りなくなるのではないか』

という不安があるとします。

その場合

  • 一年に年にいくら必要?
  • 年収はどれくらい?
  • 貯金はいくら?
  • 収入がなかった場合何カ月耐えられるか?

など具体的に掘り下げていくのです。

お金が足りないと分かったら

『次のボーナスまでは浪費を我慢しよう』

『親に相談してみよう』

など、具体的に対策が立てられるようになります。

そして、モヤモヤが晴れたことに気づき、転職に対する気持ちが切り替わることを実感できます

転職準備について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

転職 流れ 1

転職の流れを徹底解説【5つのポイント】

2019年3月4日

退職に関する知識や、手順を知らなければ、勇気があっても退職できません。

ここから、退職の基本的な知識をお伝えします。

確認していきましょう!

退職の知識について

ポイント

退職の知識がなければ、退職するハードルというのは上がります。

知らないものに挑戦する時、人は勇気が入りますよね。

それと同じです。

「退職の意思表示をすれば、2週間後には退職することができる」

というような法律もあります。

民法627条1項
当事者が雇用期間を定めなかったときは、各当事者はいつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申し入れの日から二週間を経過することによって終了する

また、退職の意志表示は会社の就業規則など関係なく、メールか電話でも

『退職します。』

と上司に伝えれば、2週間後に退職することができます。「LINE」でも構いません。

退職の法律について詳しく知りたい方はこちら

退職届を提出する女性

2週間で退職可!有休は取得できる?口頭でもOK?民法上のルールを解説

2019年1月18日

法律では、「労働者の自由」というのは強く、保証されているのです。

このような知識を知っているだけで、気持ちが楽になるはずです。

では、退職についてもう少しだけ見ていきましょう。

退職の切り出し方

上記でも言いましたが、退職の意思表示をすれば会社の強い引き止めなど一切関係なく退職することができます。

その、退職意思表示の切り出し方を知っていれば、また一歩退職に近ずけます。

勇気がなくても、自分のできる範囲で退職まで、一歩一歩近付いて行きましょう。

退職の切り出すポイント
  • 退職を切り出す人は直属の上司
  • 退職を切り出す場所は会議室の個室
  • 退職を切り出す時期は繁忙期を避ける
  • 上司に切り出す前に同僚や先輩に言わない

退職の切り出し方について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

退職 切り出し方 メール

絶対失敗しない退職の切り出し方を解説!メールや電話での退職はNG?

2019年6月13日

次は退職の勇気が出ない人に絶対に知っておいて欲しい、必ず退職できる方法を紹介していきます。

早速、確認していきましょう!

退職代行を利用する【絶対に退職できる方法】

退職する勇気がない人の最後の砦となるのが、退職代行サービスです。

下記で紹介していきます。

退職代行サービスとは

「退職代行サービス」とは、業者が退職希望者に代わって会社に退職の意向を伝えるサービスのことです。

このサービスを利用すれば、退職に関しての面倒な連絡も完全に業務委託することができます。

そして、退職代行サービスは退職成功率100%なのです。

つまり、必ず即日で退職できるということです。

明日から、職場に行くこともなく退職できます。

辞めたいのに辞められず、精神的に体力的にもボロボロになって、働き続ける人が多く存在しています。

もちろん、退職する勇気が出ない人も利用しています。

そんなニーズに応えるためにできたのが、退職代行サービスなのです。

退職代行サービスはに関する詳しい記事はこちらをどうぞ

裁判所のイメージ

退職代行サービスは違法?問題点は?なぜ即日で辞めれるのか徹底調査してみた!

2018年12月22日

転職サポートのある退職代行サービス【EXIT】

EXIT 転職

引用:EXIT公式サイト

退職する勇気の出ない理由の一つに

「転職活動での不安」というものがあります。

なんと、退職代行サービスで転職までサポートしてくれる業者まであります。

「退職を切り出す勇気がない」

「転職に対する不安がある」

この、二つの不安を一気に解決できます。

では、下記で転職サポートのある退職代行業者を詳しく紹介しますね。

料金

正社員・契約社員 50,000円 (税込)/アルバイト・パート 30,000円(税込)

今ある退職代行業者の中で1番の知名度と言っても過言ではないでしょう。

料金は正社員・契約社員が50,000円、アルバイト・パートが30,000円と、雇用形態によって値段が変わります。

追加料金はなく、相談は無料です。

現在までの退職成功率は100%

即日対応も可能ですが返金保証はありません。

成功率100%の自信が伺えますね。

さらに、転職サポートまであります!

✔︎ ポイント
  • 知名度No.1
  • 退職成功率100%
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
  • 転職サポート付き

当サイトオススメの退職代行サービス

当サイトがおすすめする退職代行業者をいくつかのポイントを踏まえご紹介していきます。

では、下記へ参ります。

SARABA

料金

一律 29,800円(税込)

こちらもよくメディアに取り上げられてる退職代行業者「SARABA」です。

サービス料金はどの雇用形態に関わらず一律29,800円とリーズナブルで利用しやすいと思います。

退職成功率はほぼ100%

公式サイトによると、依頼者が退職ではなく求職を選択し退職を辞退したため、“ほぼ100%”になっているようです。

返金保証もあるので安心してご利用頂けます。

✔︎ ポイント
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり

辞めサポ

料金

一律24,800円(税込)

退職代行業界では最安値の価格です。

辞めサポも雇用形態に関わらず一律24,800円で実施しています。

退職率も100%、返金保証付きと何かと安心です。

相談も無料ですので、退職に悩んでいる方はまず一度相談してはどうでしょうか。

✔︎ チェック
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 業界最安値
  • 追加料金一切なし
  • 後払い有り
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり

汐留パートナーズ法律事務所

汐留弁護士事務所公式サイト

汐留パートナーズ法律事務所公式サイト

料金

一律 54,000円(税込)

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

即日対応も可能で、対応してくれます。

安心の退職代行サービスです。

✔︎ ポイント
  • 知名度バツグン
  • 即日対応
  • 事前相談無料

次は、なんらかの事情で退職する勇気がなかったが、勇気を出して退職した人たちの体験談を紹介します。

では、参ります。

勇気を出して退職した人の体験談

退職する勇気がなかったけど、勇気を出して退職した人たちの体験談を3つ紹介します。

その体験談から学べることを解説していきますので、早速見ていきましょう!

周りの事は心配する必要なかった!

20代 男性

担当する業務をこなせる人間が自分1人しかいないという職場で勤務していました。自分がしかいないから、退職するって言ったら怒られると思って勇気が出ませんでした。しかし、勇気をだして退職を伝えると案外すんなりと退職できました。僕が抜けた直後に欠員を補充していました。こんなことなら、すぐに辞めればよかったと後悔しています。

もし、自分一人が抜けて大崩れするような会社であるならば、そんな会社にいる事自体が危険です。

必ず、あなたが行っていた業務は周りの誰かが引き継いだり、欠員を補充するなりします。

数か月もすれば何事もなかったかのように会社はちゃんと回り続けるのです。

退職代行に人生を救われました!

20代 女性

女性軽視の職場で、セクハラまがいの発言は日常茶飯事でした。 それでもなかなか辞めたいと言い出す勇気が出ませんでした。しかし、我慢ならなくなり退職代行サービスを利用しました。 即日辞める事が出来ると聞きお願いしたのですが、その通りその日から会社に行かずに退職を完了する事ができました。 また、有給も取得する事ができて、最低の職場から解放されたので、本当に良かったです。

先ほど紹介した、退職代行を利用しての退職したケースですね。

女性の場合だと、男の上司に退職を切り出すのは中々勇気がいるケースも実際多いです。

そのような場合、退職する勇気が出なくても退職代行サービスを利用すれば必ず退職できます。

それに、上司と二度と会うことなく退職の手続きができるので、強く引きとめられることなく退職できます。

退職計画書を作りました!

ここに名前

「辞めたい」と思っていましたが、退職の勇気が出ませんでした。悩んでいるときに私は紙に「私の退職計画」という題名でなぜ退職したいのかを箇条書きで書き連ねてみました。そのほかに、今の職場での悩み、ストレスをズラーッと書きました。書き終えて紙を見てみると、自分の文字で真っ黒…。こんなに私悩んでたんだ…。と涙がこぼれました。その時、「勇気が出ないとか言ってられない、私のために辞めないと!」と初めて思えました。そこから自然と勇気が出てきて、無事退職することができました。

「辞めたい!辞めたい!」と思っているだけでは、具体的な行動はできません。

退職の理由や、職場での悩みを頭の中だけで整理するのは難しいです。

そんなときは、紙に書き出してみましょう。

書いた瞬間、曖昧だった思考が、明確になるのです。

すると、退職に対しての勇気が湧きます。

勇気が出なくてもまず紙に書き出すことを、私の体験からおすすめ致します。

まとめ

勇気がでないから退職できないというのは、退職する時のリスクばかりを考えている証拠です。

辞めたいはずの仕事をこれからも続けることの、リスクが見えていないだけです。

ただ、実際は今の仕事を続けることにもリスクがあって、辞めることと同じくらい勇気がいります。

「辞めることに勇気をだすか。」

「続けることに勇気をだすか。」

どちらの選択が正しいのかは、現時点でわかることではありませんよね。

後々、選択ミスだったと気づいてしまうことがほとんどです。

ただ、少なくとも選択することを放棄して、ただ続けるよりかは、自分の中で双方のリスクを考えた方がいいでしょう。

なぜなら、考えて決断したほうが後で、失敗だったと思う可能性は低くなるはずだからです。

でも、無理をする必要はありません。

勇気が出なければ、先ほど紹介した退職代行サービスを利用すればいいのです。

退職代行サービスは悩める退職希望者の最後のセーフティネットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です