会社を辞めることのできる正しい退職理由の伝え方を解説!【例文あり】

人によって会社を辞める理由は様々です。

退職理由も伝え方によっては、トラブルの原因になってしまうこともあります。

そこで、今回は退職理由の正しい伝え方のポイント、そして様々な退職理由の例文を紹介していきます。

これから、退職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

まずは退職理由ランキングを紹介します。

どのような理由が1位になっているのでしょうか。

では参ります。

退職理由ランキング

下記が退職理由ランキングです。

確認していきましょう!

引用:マイナビ転職公式サイト

1位と3位を見ると、待遇や労働条件に対する不満が理由で辞める人が多いことが分かります。

2位は人間関係の悩みから、解放されたい人が多いことの表れです。

4位の原因は、入社前と入社後のイメージのギャップが原因でしょう。

そしてなんと、この調査では1~4位が全体の約8割に達しているのです。

やはり、待遇、人間関係、仕事内容への不満が退職理由の大半を占めていることが分かります。

気をつけて欲しいのは、円満退職を目指しているのなら、待遇、人間関係、仕事内容への不満をそのまま上司に伝えるわけにいきません。

不満をあらわにした部下に対して、上司は気分が良くないでしょう。

上司との関係が悪化すれば、退職しずらくなる可能性もあります。

本音を伝えるだけでなく、本音と建前を使い分けることが、退職理由を伝える際に大切なポイントとなるでしょう。

そのほかにも、退職理由を上司に伝える際に、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

早速、確認していきましょう!

退職理由の伝え方のポイント

ポイント

上司に退職理由を伝えようにも「どのように伝えればいいのか」と悩んでいる人は多いはずです。

それを解決するために、最初に退職理由を伝える際のポイントを紹介していきます。

ポイントは大きく4つあります。

ポイント
  • 会社の悪口や不満は言わない
  • やむをえない理由を伝える
  • 転職先を伝えない
  • 一身上の都合で十分

一つ一つ解説します!

では、下記に参ります。

会社の悪口や不満は言わない

退職する際の理由に、会社の悪口や不満を理由にしないようにしましょう。

なぜなら、会社側に非があるという風に伝えられるとその非を認めないために様々な嫌がらせをしてくる可能性があるからです。

また、嫌がらせではなく、待遇改善を持ちかけられることで引き止めようとしてきます。

改善を望む場合は、伝えてもいいですが、退職の意思が固い場合は、会社の悪口や不満を理由にすることは避けておきましょう。

やむを得ない理由を伝える

退職がやむを得ない理由を伝えて納得してもらいましょう。

まず、退職がやむを得ない理由とは何でしょうか、見てみましょう。

やむを得ない理由
  • 会社を起業する
  • 夢だった職種に転職する
  • 家業を手伝う
  • 体調を患い、働ける状態ではない
  • 結婚するため(女性)

以上が、主なやむを得ない理由です。

気をつけなければならないことは、嘘をついたと、バレた時に信用がガタ落ちします。

退職するとはいえ、いつか取引先として関わる機会があるかもしれません。

さらに、現職での人脈が役立つかもしれないので、大胆な嘘は避けるべきです。

転職先を伝えない

退職理由と一緒に、転職先も聞かれるかもしれません。

その場合、具体的な社名などは出さないように気を付けて下さい。

なぜなら、転職先について会社に伝える義務はないからです。

さらに、伝えたことで余計なトラブルに発展するかもしれないからです。

例えば、上司が嫌がらせや引きとめ目的で、転職先に連絡することもあり得ます。

転職先を伝えるメリットは何一つありません。

もし、話すとしても「内定をもらった会社がある」ということだけ伝えれば良いでしょう。

一身上の都合で十分

上司が会社の決まりだからといって、しつこく退職理由を聞いてくる場合があります。

あまりにもしつこく聞いてくるのなら、「一身上の都合で」でと言えば大丈夫です。

そもそも、退職理由を伝える義務はないので安心して下さい。

ここからは、退職理由を伝える時の例文を紹介していきます。

様々なケースのもと、解説していきます。

では見ていきましょう!

退職理由を伝える時の例文

上司に相談する前に、納得してもらえる正当性のある、前向きな退職理由を用意しておくことが大切です。

また『これまでお世話になったことに対する感謝の気持ち』を持って、退職理由を伝えるようにしましょう。

いくつかのケースで、例文とともに見ていきます。

次の職場で挑戦したい場合

例文

以前から、〇〇業界での仕事に大変憧れがありました。

いつか、自分も働きたい!

そう思って、現職でも働いてきました。

もちろん、今の仕事にもやりがいや、魅力は感じています。

しかし将来の事を考えると、今が〇〇業界に転職できる最後のチャンスだと感じています。

誠に勝手ではありますが、○月○日付けで退職させて頂きたく存じます。

ご理解頂けますよう、お願い致します。

本音は、会社や上司に対して不満があるのかもしれません。

しかし、会社や上司に対する不満の理由は、引き止めの材料にされる可能性があるので注意が必要です。

結婚で退職する場合

例文

この度、私ごとではありますが、○月に結婚することになりました。

結婚後も会社で働き続けるか、大変迷いましたが、家族を支えたいという気持ちが大きく

誠に勝手ではございますが、○月に退職したいと考えています。

現代は結婚しても、女性が仕事を続けるのは普通のことになっています。

それでも、結婚や出産を機に退社する「寿退社」は、今も依然として円満退社できる理由のひとつです。

結婚が理由であれば、上司もなかなか引き止めることが難しくなるでしょう。

ただ、結婚祝いを兼ねた送別会が開かれることもあります。

嘘は避けるようにしましょう。

病気による退職の場合

例文

最近、体調が優れないことが多く、自分の病欠で周りの人に迷惑をかけてしまうことが多々あります。

仕事を続けたいと思って頑張ってきましたが、しばらく療養するために、退職という形を取らせていただく事にしました。

誠に勝手ですが、○月までに退職させて頂きたいと考えています。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

体調不良で退職を申し出る場合、上司から「何の病気ですか?いつ頃からですか?そんなに悪いのですか?」といった心配を含んだ質問をされるでしょう。

また、診断書の提出が求められる場合もあります。

自分の体調を一番に考え、無理をしないようにして下さい。

家庭の事情の場合

例文

両親が高齢となり、家業を継ぐため(介護のため)に実家に戻ることにしました。

誠に勝手ではありますが、○月に退職させて頂きたいと考えております。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

「親の介護」・「家業を継ぐため」という事を理由に退職する方は年々増えています。

下も同じく、家庭の事情で家族が転勤する場合の例文です。

家族が転勤する場合

例文

夫が転勤により、海外に行くことになりました。

家族で話し合った結果、単身赴任ではなく、家族全員で引っ越しことになりました。

誠に勝手ですが、○月までに退職したいと考えています。

退職の意思を伝える時は、現状をきちんと話し、納得してもらえる説明をすることが大切なのです。

次は、先ほどから少し触れていますが、退職理由で嘘をつくとどうなってしまうのか

ということについて解説していきます。

退職理由で嘘をつくとどうなるの?

そもそも、退職理由というのは説明する必要はありません。

どんな理由でも退職は可能です。

ただ、結婚しないのに結婚すると伝えたり、作り話は避けた方がいいでしょう。

同じ業界であれば、その後に会うことも珍しくないですし、明らかな嘘はごまかし続けるのも面倒です。

嘘をついても、法で罰せられること絶対にありませんが、あなたの信用を落としてしまいます。

本音と建前

上司に伝える退職理由が、本音か建前かはあまり重要なことではありません。

大切なのは、上司があなたの退職に納得できるかどうか円満に会社を辞めることができるかどうかの2点です。

そのため、本音だから良い、嘘だから良くないと判断をするのではなく、会社の雰囲気や上司の人柄などに応じて使い分けるとよいでしょう。

上司や周囲との間に良い関係性ができているなら、本音を伝えても大きな問題にはならないはずです。

建前の退職理由も用意しておく

嘘はつきたくないものの、本音を伝えたらトラブルになりそうだなと感じたら、建前を伝えましょう。

特に人間関係が原因で退職する場合は、本音を話したことが当事者に伝わると、辞めるまでの期間に嫌がらせを受けることもあります。

ここまで、例文や、ポイントを紹介してきましたが、退職の意思を伝える勇気がなく悩んでいる人もいると思います。

そんな方達のために

『辞めたい』

と言いやすくなる方法があります。

早速、紹介していきます。

辞めたいと言いやすくする方法

退職を切り出すのは、勇気が必要な人もいるでしょう。

これから3つの方法を紹介します。

  • 辞めるべき理由を列挙する
  • 退職届けを書いてしまう
  • 転職先を決める

では、一つ一つ見ていきましょう。

辞めるべき理由を列挙する

辞めたい欲求を大きくすることが大切です。

まずは、なぜ今の職場を辞めるのか、紙に箇条書きしていきましょう。

紙に箇条書きすると自分の置かれている状況を客観的に捉えることができるようになるのです。

結果、自分の辛い状況を再認識することにつながって、辞めたい欲求を高めることができるます。

退職届を書いてしまう

「退職届を書いて、上司に提出する」というのは相当勇気が必要です。

そのため

『退職を切り出す勇気が出ない・・・。』

ということが起こります。

退職の切り出し方を知りたい方は、以下の記事を参照下さい。

退職 切り出せない1

退職を切り出せない人必見!失敗しない退職の方法を解説【円満退職】

2019年6月9日

解決方法として

退職届を書いて、カバンの中にしまっておくことを第一の目標にして見て下さい。

あとは退職届を出すだけの状態にしておくと。決意は揺らぎません。

退職に関しての小さい目標を立て、少しずつ達成して行くことが大切です。

転職先を決める

次の就職先でさえ決まってしまえば、今の職場に辞めると言わざるを得なくなります

また、仕事を辞める際は出来る限り転職先を決めてから退職を申し出るようにしましょう。

退職をした後に職場を探す場合は、貯金を切り崩しながら生活していくことになります。

職のないプレッシャーから妥協して職場を選んでしまい、転職する前よりも条件が悪くなってしまえば退職を繰り返してしまうことになります。

次は、円満退職するには欠かせない、退職に関する知識とマナーを紹介していきます。

確認していきましょう!

退職する前に知っておくべき知識とマナー

先に、退職に関する大まかな流れを紹介します。

退職の流れ
  • STEP1
    退職日の相談

    1、2ヶ月前から上司に退職する日を相談します

  • STEP2
    退職届の提出

    退職届けを提出します

  • STEP3
    業務の引き継ぎ

    後任者へ仕事内容を引き継ぎます

  • STEP4
    取引先へ挨拶回り

    退職の報告のため、後任者と一緒に取引先へ挨拶回りに行きます

  • STEP5
    会社から必要なものを受け取る

    退職後の公的手続きをするために必要となる物を受け取ります

  • STEP6
    借りていた物を会社に返す

    会社から借りていた物はきちんと会社に返しておきましょう

  • STEP7
    退職完了

以上が、大まかな退職の流れです。

では、ここから退職する前に知っておくべき知識を解説していきます。

では、参ります。

退職はいつまでに誰に伝えるのか

あらかじめ、就業規則で退職について確認をしておきます。

仮に、就業規則に申し出は退職の1か月前までに行う旨が記載されていたら、1か月以上前に、直属の上司に退職したい意思を伝えましょう。

具体的な退職日は、後任への引継ぎを考慮して上司と話し合って決めます。

退職届の書き方

「退職届」は「退職する」と明確な意思決定を届けるものです。

まずは上司に退職の意思を伝えたうえで、就業規則などで定められた期日より前に提出するようにします。

詳しくは、こちらの記事を参考にして下さい。

退職届のイメージ

退職届は郵送でもOK?退職届の封筒・書き方・ペン・送り方を紹介!

2018年12月15日

失業保険の手続き

転職先が決まっていない場合で、次の受給条件に該当する場合は失業給付金の申請を行います。

✔︎ 離職の日からさかのぼって2年間に、被保険者期間が12か月以上あることが条件です。

ただし、倒産や解雇などで退職を余儀なくされた場合は、離職の日からさかのぼって1年間に被保険者期間が6か月以上あれば受給可能です。

また、就職しようとする積極的な意思があることが前提なので、病気やけがなどの理由ですぐに就職できない状況にある場合は給付が受けられません。

手続きは、居住地を管理するハローワークで行います。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

【退職前に確認】失業保険を損なく受け取るためのコツを伝授!

2019年2月6日

健康保険の手続き

退職とともに、それまでの勤務先で加入していた健康保険の被保険者資格はなくなります。

すぐに転職する場合は、転職先で資格取得の手続きをします。

転職先が決まっていない、または転職から次の職場への入社まで期間が空くような場合には、

  • 任意継続被保険者制度の利用
  • 国民健康保険への加入
  • 家族の扶養に入る

のいずれかの手続きをしましょう。

万が一手続きをしないままの状態で、通院や入院が必要になった場合は健康保険の適用が受けられず診療費は全額自己負担を強いられることになります。

以上が退職する前に知っておいてほしい知識となります。

さらに、退職に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照下さい。

スーツ ガッツポーズ

退職交渉を失敗しないためには?円満退職の方法を徹底解説!

2019年7月5日
退職 切り出し方 メール

絶対失敗しない退職の切り出し方を解説!メールや電話での退職はNG?

2019年6月13日

あなたがマナーを守って勇気を出して、退職を伝えても、中には強く引き止められ、まともに退職に関して取り合ってもらえないこともあります。

その時は、退職代行サービスを利用すればいいでしょう。

退職代行サービスとは

「退職代行サービス」とは、第三者が退職希望者と会社との間を仲介し、本人に代わって会社に退職の意向を伝えるサービスのことです。

このサービスを利用すれば、家にいながらブラック企業からの即日退職、面倒な連絡も完全に業務委託することができます。

そして、有名な退職代行サービスは退職率100%なのです。

つまり、必ず退職できるということです。

退職で悩み、自分の生活に支障をきたす前に是非一度退職代行サービスに相談してみてください。

【当サイトおすすめ】退職代行サービスランキング

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスをランキング形式にまとめましたのでご覧ください。

退職代行ランキング

1位 SARABA
2位 EXIT
3位 退職代行Jobs

1位 SARABA

料金

一律 29,800円(税込)

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスランキング、堂々の1位はSARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違えなくSARABAを選ぶべきでしょう!

✔︎ ポイント
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり
  • 会社と交渉ができる

[体験談]退職代行SARABAの評判は?口コミだけではわからない真実

2019年6月4日

2位 EXIT

EXIT

料金

正社員・契約社員 50,000円 (税込)/アルバイト・パート 30,000円(税込)

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスランキング第2位はEXITです。

NHK、テレビ朝日、Yahoo!ニュースと多数の有名メディアに紹介されており、退職代行サービスを知るきっかけがEXITだったという人も多いんではないでしょうか。

退職代行サービス業界でEXITパイオニア的存在であり、知名度ダントツでNo.1

退職者数累計2500人以上退職率100%と安心して会社を辞めることができます。(2019年8月現在)

会社を絶対にやめたい、安心してやめたいという人にはおすすめできる退職代行サービスとなっています。

✔︎ ポイント
  • 知名度圧倒的No.1
  • 退職成功率100%
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
退職代行『exit』公式ページ

退職代行『EXIT』の評判・口コミは?利用者の声からわかる真実

2019年5月31日

3位 退職代行Jobs

料金
一律 29,800円(税込)

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスランキング第3位は退職代行Jobsです。

このサービスが他社と違う点は業界初無料心理カウンセリングがついていることです。

会社を辞めるということは多少の不安を感じるものです。

顧問弁護士である西前先生がセラピストの資格を持っており、カウンセリングによって会社を辞めることで生じる不安を和らげてくれます

退職代行Jobsのサービスは、依頼者が「会社を辞めること」だけではなく、会社を辞めた後の精神的なサポートもしてくれるので、他社よりも依頼者に寄り添ってくれるサービスになっていると言えるでしょう。

退職率100%と退職代行としても万全のサービスを行なっています。

  • 業界初心理カウンセリング付き
  • 24時間365日即日即時対応
  • 全額返金保証あり
  • 追加料金なし
  • 相談料無料

[体験談]退職代行Jobsの評判は?口コミだけではわからない真実

2019年8月26日

 


また、退職代行サービスには弁護士が行うものもあります。

次は弁護士が行う退職代行サービスでおすすめできるものを紹介していきます。

【弁護士編】汐留パートナーズ法律事務所

汐留弁護士事務所公式サイト

料金

一律 54,000円(税込)

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

弁護士が退職代行をおこなうので、他社ではできない会社との「交渉」といった業務もできます。

未払いの残業代や給与がある、損害賠償で訴えられるということがあっても弁護士がしっかり対応してくれますので、他社にはない絶大な安心感があるサービスです。

費用は他社と比べ高くなっていますが、値段に見合った質の高いサービスを提供しているので安心して会社を辞めることができます。

弁護士事務所ですが、事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

✔︎ ポイント
  • 知名度バツグン
  • 弁護士行うので安心
  • 即日対応
  • 事前相談無料
汐留弁護士事務所公式サイト

[体験談]汐留パートナーズ法律事務所が行う退職代行の評判は?口コミだけではわからない真実

2019年8月31日

まとめ

会社を辞める理由や、会社を辞める際の退職理由の伝え方などを紹介してきました。

どうだったでしょうか。

退職理由を伝えることに関して大切なことは

✔︎ 本音と建前を上手く使い分ける

✔︎ ネガティヴな退職理由は出来るだけ避け、前向きな退職理由を伝える

✔︎ 退職は誠意と感謝の気持ちで行う

この3点です。

そして、退職理由を聞かれても、「一身上の都合で」と答えるだけでもいい、ということも覚えておいてください。

さらには、強引な引き止めなどがあれば、退職代行サービスを利用することも一つの手段となります。

あなたが、円満に退職できる未来を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です