退職届と退職願の違いは?書き方やポイントを徹底解説!

退職届の画像

「退職届」「退職願」「辞表」

この違いはわかりますか?

この記事では、退職のステップで必要となる「退職届」等の書き方やポイントについて解説したいと思います。

『退職届』『退職願』『辞表』の違い

疑問の画像
退職願 退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類

退職の意思を形に残すことができ、後にトラブルが起こった際には証拠として用いることができる。提出は必ずしも必要ではなく、退職の意思を口頭で伝えても問題ない。

退職届 退職することが確定したのち、退職を会社に対して届け出るための書類
辞表 社長や取締役など雇用関係のない立場の人が役職を辞めることを届け出るための書類

公務員が辞めることを届け出る場合の書類

退職意思を伝えていない場合は『退職願』から提出しましょう。

退職願/退職届を書き始める前に

書類に書き込む様子

提出する前に、まず在籍している会社の就業規則を確認しましょう。

就業規則には「退職希望日の○ヶ月前までに提出する」などの記載があります。

この期限を守らずに提出してしまうと、なかなか受理されずに退職交渉が長期化してしまう恐れがあるので注意しましょう。

退職願/退職届の書き方

準備するもの(手書きの場合)

  • A4orB5の白用紙(シンプルなものであれば罫線があっても◎)
  • 白の封筒
  • 黒のボールペンor万年筆

退職願の書き方

退職願の例

引用:マイナビ転職

  1. 冒頭行:真ん中、やや上に「退職願」と書く。
  2. 分の導入:下部に「私儀」または「私事」と書く。
  3. 退職理由:自己都合退職の場合「一身上の都合」と書く。会社都合の場合は、具体的に書く。
  4. 退職日:退職を希望する年月日を書く。
  5. 文末の表現:「退職致したく〜お願い申し上げます」のように願い出る表現を用いる。
  6. 届出年月日:実際に書類を提出する年月日を記入する。
  7. 所属と氏名:下方に書く。所属、名前の順番に記入し、末尾に捺印することを忘れずに。
  8. 宛名:自分の名前より上方に書く。会社の最高執行責任者を宛先にする。敬称は「殿」。

退職届の書き方

退職届の例

引用:マイナビ転職

  1. 冒頭行:真ん中、やや上に「退職届」と書く。
  2. 分の導入:下部に「私儀」または「私事」と書く。
  3. 退職理由:自己都合退職の場合「一身上の都合」と書く。会社都合の場合は、具体的に書く。
  4. 退職日:上司と話し合い決定した年月日を書く。
  5. 文末の表現:「退職致します」と宣言する。
  6. 届出年月日:実際に書類を提出する年月日を記入する。
  7. 所属と氏名:下方に書く。所属、名前の順番に記入し、末尾に捺印することを忘れずに。
  8. 宛名:自分の名前より上方に書く。会社の最高執行責任者を宛先にする。敬称は「殿」。

よくある疑問

はてなボックスの画像

Q.一度提出した書類を撤回することは可能?

→原則、撤回できません。

「退職願」は上司に提出した後、人事責任者に渡されます。人事責任者の承認が下りると退職が確定するので撤回できなくなります。

「退職届」は上司に提出した時点で効力が発生するので、撤回することはできません。

また、退職の申し入れの撤回をすることは避けましょう。

退職を申し入れた後は、それまで以上に不利益を被る可能性が高いからです。(部署の異動等)

Q.手書きにすべき?

→手書きかつ縦書きが一般的です。

時代的にも、パソコンで作成してもマナー違反ではありません。

しかし退職届等の種類は手書きで作成する慣習があり、年齢層が上がるにつれその傾向が強いと言えます。

円満退職のためにも、なるべく手書きで作成しましょう。

Q.会社都合の退職の場合でも退職届は提出する?

→会社の意向によります。

提出不要とする会社もあります。

もし提出を求められた場合には、必ず退職届を作成しましょう。

Q.アルバイトでも退職届は必要?

→基本的には口頭のみで◎

アルバイトの場合は基本的に口頭で退職意思を伝えるのみで十分です。

ただし、これも会社によっては提出を求める場合もあるので、その時は作成しましょう。

Q.退職願/退職届を入れる封筒には何も書かなくていい?

→何も書かないのはNG

表面には(退職願/退職届)

裏面には(自分部署名と名前)

を書きます。

退職届等の封筒の書き方について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

退職届のイメージ

退職届は郵送でもOK?退職届の封筒・書き方・ペン・送り方を紹介!

2018年12月15日

退職すると言いづらい場合

悩む女性

退職はなかなか切り出しづらいものです。

会社に足を運ぶのも億劫に感じるかと思います。

そんな時は退職代行サービスを活用するというのも1つの手段です。

退職代行サービスを活用した場合、会社に直接足を運ばず、退職届を後日郵送するのみで退職の手続きが完了します。

しかし退職代行サービスは業者も多く、どの業者に依頼すればいいか分からないですよね。

そこで、当サイトで推奨している退職代行サービスが『SARABA』です。

退職代行サービス『SARABA』の特徴
  • 24時間受付可能!
  • 即日から会社に行かなくていい!
  • 全てコミコミでなんと3万円!
  • 退職できない場合は100%返金保証!

退職代行サービス『SARABA』について取材し、まとめた記事もあるので参考にしてください。

サラバのトップページ

退職代行『SARABA(サラバ)』の評判や口コミは?電話で徹底取材してみた!

2018年12月26日

また、業界最安値基準の退職代行サービス『辞めサポ』も推奨しています。

退職代行サービス『辞めサポ』の特徴
  • 24時間受付可能!
  • 即日対応可能!
  • 全てコミコミでなんと業界最安値の24,800円
  • 退職できない場合は100%返金保証!

こちらもまとめた記事があるので参考にしてください。

辞めサポ公式サイト

退職代行サービス『辞めサポ』は怪しい?評判や口コミは?退職代行サービスの真実

2019年1月28日

最後に

お世話になった会社であれば、退職届等の書類をきちんと提出し、円満退職を目指しましょう。

あなたの退職が円滑に進むように応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です