退職が決まっても有給休暇の消化はできる?退職と有給休暇について徹底解説!

寝る男性

「退職予定者には有給の取得なんて…」と諦めていませんか?

実は退職が決まった後でも有給休暇の取得ができるんです。

この記事では、退職者と有給休暇に焦点を当てて解説したいと思います。

有給休暇の基礎知識

本の画像

そもそも有給休暇とは、労働者の休暇日のうち、使用者(雇用主)から賃金が支払われる有給の休暇日のことを言います。

労働基準法では、有給休暇を会社から取得するには

  1. 会社が労働者を雇い入れた日から6か月が経過している事
  2. 全労働日の80%以上出勤していること

以上2つの条件を満たしている必要があります。

なお、出勤率の計算上、産前産後休暇や育児休暇を取得していた期間は「出勤」扱いとなります。

勤務期間が長いほど、有給休暇日数が多い

以下の表を参考にしてください。

勤続期間 休暇日数
6か月 10
1年6か月 11
2年6か月 12
3年6か月 14
4年6か月 16
5年6か月 18
6年6か月 20

※週所定労働日数が5日以上または週所定労働時間が30時間以上の労働者の場合
※労働基準法第39条より

基本的にいつでも取得できる

有給休暇は、労働者が請求する時季に自由に取得する事ができます。

退職日が決まっている社員であっても有給休暇の取得は可能となっています。

ただし繁忙期など会社が「事業の遂行に支障がある」と判断した場合には、時季変更権(労働者に有給取得時季の変更や調整を求める事)が認められています。

しかし退職日が決まっている社員に対してこの権利を使うことはできないので、退職予定者の場合、退職前の繁忙期であっても有給消化ができます。

時効がある

時計の画像

有給消化は義務ではありません。そして消化できなかった有給休暇は次年度以降への繰り越しが可能となっています。

ただし労働基準法では「付与日から2年経つと時効」とされており、消化できなかった有給休暇は消滅します

時効により消滅してしまっては勿体ないので、きちんと消化しておきましょう。

会社に在籍している期間中でないと取得できない

有給休暇は在籍している期間に与えられる権利なので、退職後に取得することはできません。

ここで注意したいのが、「退職日」「最終出勤日」の違いです。

退職日:雇用契約終了の日、会社在籍最終日

最終出勤日:退職予定者が出勤する最後の日

退職日と最終出勤日の日は必ずしも同じではありません。

もし最終出勤日から退職日まで期間がある場合、最終出勤日以降でも有給休暇の取得ができます。

退職する場合の有給休暇

そもそも退職時に有給休暇を全部消化しても問題ない?

疑問を抱く男性

基本的に会社側は有給休暇申請を拒否することはできません。

もちろん退職が決まった後からでもすべて取得することができます。

有給休暇の取得理由についても「退職に伴う有給消化」で問題ありません。

ただし退職するとなれば業務の引継ぎが必要となります。

円満退社のためにも自分勝手に有給消化をするのではなく、引継ぎスケジュールを決め、会社側と納得したうえで有給休暇の申請を行いましょう。

有給休暇申請のポイント

⇒有給休暇の残日数を確認する

会社の就業規則の有給休暇に関する部分または給与明細を確認しましょう。

もし有給休暇に関する記載がない場合は、先ほどの表を確認しましょう。

勤続期間 休暇日数
6か月 10
1年6か月 11
2年6か月 12
3年6か月 14
4年6か月 16
5年6か月 18
6年6か月 20

⇒有給消化の意思をなるべく早めに伝える

最終出勤日ギリギリに有給休暇の申請がされると、引継ぎ等の理由から会社側も困ってしまいます。

なるべく早めに伝える事で、会社側も納得できる業務引継ぎと有給消化のスケジュールを立てることができます。

よくある疑問

はてなボックスの画像

Q.有給消化を会社に拒否された

A. 会社側に極力迷惑が掛からないという事を伝える

会社側が拒否する理由として「引継ぎが十分にできず今後の業務に支障がきたす」という事が挙げられます。

この場合、自分が退職するまで引継ぎの時間が十分にあるという事をきちんと伝えましょう。

それでも拒否されるという場合には労働基準監督署に相談するという方法もあります。

本人の意思に反して有給休暇を取らせない事は、立派な労働基準法違反にあたるので、きちんと対応してもらえます。

しかし一応お世話になった会社ではあるので、最終手段として考えましょう。

Q.有給休暇中に社員にボーナスが支給された場合は?

A.算定期間に勤務実績があれば、有給休暇中でも支給対象になる

ボーナスは原則として、算定期間の勤務成績に応じて支給されるものです。

つまり有給消化中で出勤をしていなかったとしても、会社に籍がある状態に変わりないので、ボーナスを受け取る権利があります。

有給消化中に転職活動はしてもいいの?

A.有給消化中に転職活動をしても問題ない

退職後に無職という状態を避けたいのであれば、転職活動をしておいた方がいいでしょう。

ただし有給消化中であっても前の会社の社員であるため、転職先で働くことは「二重労働」あたります。

一般的に正社員の「二重労働」は禁止されている場合が多いので、退職する会社及び転職先の就業規則を確認しておきましょう。

Q.アルバイトでも有給休暇は取得できるの?

A.アルバイトも有給休暇の取得は可能

法律上、アルバイトもパートも労働者として所定の勤務をこなしていた場合には、正社員同様に有給休暇の取得が可能となります。

有給取得の条件は正社員と同じです。

まとめ

以下に今回の内容の重要なポイントをまとめておきましたので再確認してください。

  • 退職予定者でも条件を満たせば有給休暇は取得可能
  • 会社側に拒否する権利はない
  • 在籍期間中にしか申請できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です