ハローワークにブラック企業が多い理由!求人票でブラック企業を見分ける方法!

ハローワークという言葉はおそらく多くの人が耳にしたことがある言葉だと思います。

ハローワークとは簡単に言うと、国が運営している職業紹介所です。

国が運営しているので、一見、ハローワークから紹介される企業は優良企業ばかりのように思えます。

しかし実際には、ハローワークが紹介、求人掲載している企業はブラック企業が多いようなのです。

今回はなぜ、このようなことが起きるのか、ハローワークの求人でブラック企業を避ける方法について解説していきたいと思います

さとし
なんでハローワークは国が運営してるのに、ブラック企業を多く求人掲載しているんだ?
アサミ先生
ハローワークの求人掲載の仕方に問題があるのよ。
以下で解説していくわ。

ハローワークにブラック企業が多い理由

ハローワークに求人掲載されている企業にブラック企業が多いのはどうしてなのでしょうか?

以下のような理由からと言われています。

・ハローワークは求人掲載料が無料
・違法がなければ、企業からの求人掲載を拒否できない

では、以下で見ていきましょう。

ハローワークは求人掲載料が無料

ハローワークは企業から求人掲載料をいただいていません

つまり、無料で求人ができるのです。

大手WEB求人媒体(リクナビNEXT、マイナビなど)では求人掲載料の相場が4週間約50万円となっています。

それに比べ、ハローワークは0円です。

ではなぜ求人掲載料が安ければ、ブラック企業の求人掲載が多くなるのでしょうか?

それはブラック企業が社員のことを「使い捨て」だと思っているからです。

ブラック企業では、大量に社員を雇用し、採用した社員を使えないと判断したら切り捨てていくのです。

そして、その穴を埋めるためにまた大量雇用するので何回ももしくは長期間求人掲載するのです。

そのため、多額のコストがかかる大手WEB求人媒体ではなく、無料で求人掲載してくれるハローワークを選ぶのです。

違法がなければ、企業からの求人掲載を拒否できない

ハローワークでは基本的に企業からの求人掲載を拒否することができません。

求人掲載を拒否できるのは、労働基準法、最低賃金法の違反が1年間に2回あった企業の場合、しかも違反があってから労働基準監督署から是正していると判断されれば6ヶ月後には再び掲載可能となるのです。

これは裁判で訴えられるほどのブラック企業は拒否できるが、違法すれすれのブラック企業や労働基準監督署に違反がバレていない企業は、拒否されることなく求人掲載してもらえるのです。

こうしてブラック企業は何食わぬ顔して国が運営するハローワークに求人掲載されるのです。

さとし
なるほどな。
こうやってハローワークにブラック企業が多く掲載されていくんだな。
アサミ先生
これだけ見たらハローワークを利用することは気が引けるわね。
だけど、ハローワークを利用するメリットもあるのよ。
次は、ハローワークを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう!

ハローワークで求人を探すメリット・デメリット

メリットデメリット

では次にハローワークを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

では、まずはメリットについて以下でまとめました。

・求人数が多い
・職員と相談ができる
・地元企業の求人が多い

順番に詳しく見ていきましょう。

求人数が多い

ハローワーク全国544ヶ所もあり、求人募集数も約1000万件となっています。

求人数No.1の転職サイトdodaでさえ約65200件というところを見れば、桁違いの求人数ということがわかるでしょう。

しかも、これらを全てインターネットで検索することができるのです。

全国津々浦々の求人情報が見れますので、あなたに合った会社が見つかる可能性も上がるでしょう。

選択肢が多いというのは大きなメリットです。

相談員とカウンセリングができる

ハローワークには転職活動がスムーズに進むためにアドバイスをくれる相談員がいます

自己分析、キャリア、職業訓練などいろんな相談にのってくれます。

1人で不安な転職活動において、いろんなことを相談できる人がいれば心強いと思います。

地元の求人が多い

ハローワークに行けば、地元の求人がとても多いことに気づくと思います。

なぜならば、職業安定法によってハローワークは求職者に対して引っ越しの負担のない職を紹介すべきだと決められています。

転職サイトや転職エージェントは地方の求人件数が少ないということがあります。

しかし、ハローワークは地方に企業との関係が強い場合があるので、地方転職者にも安心できるようになっています。

デメリット

では次にデメリットについて、見ていきましょう。

・求人票の情報と実際に働いてみた条件で差異がある
・求人票の情報が少ない

では詳しく見ていきましょう。

求人票の情報と実際に働いてみた条件で差異がある

ハローワークにブラック企業が多く求人掲載しているということはお伝えしてきました。

ブラック企業は求職者を多く集めたいために、求人票を魅力的にしてきます。

そのために求人票に当然のように偽りが記述している場合があるのです。

例えば、求人票には「残業なし」と書いてあったのに、実際働くと残業が毎日のようにあったり、給与も求人票よりも低い金額が支払われたりなどです。

労働基準法15条第1項には、労働条件の明示を提示しなければならないとあります。

労働基準法15条第1項
使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。

ではこういった求人票に虚偽の記述があった場合、労働基準法15条第1項に違反するのでしょうか?

残念ながら、虚偽の記載があったとしても違法とは認められません

なぜならば、求人票は労働条件の明示とはされてないからです。

したがって、求人票に書いてあることが本当か嘘か自分で見分けなければなりません。

求人票からブラック企業かどうか見分ける方法につきましては後述させていただきます。

求人票の情報が少ない

ハローワークの求人票は1枚の紙にプリントアウトすることを目的として作られているので、会社の本当に細かい情報まではわからないようになっています。

会社の写真などもない場合が多く、かなり質素なものとなっていて仕事内容、待遇などが最低限書かれている形になっています。

少ない情報から本当に自分に合った会社を見つけるのは難しいので、慎重に求人票を見なくてはいけない。

さとし
ハローワークで求人を探すメリット・デメリットはわかったぜ。
だけど、ハローワークにも優良企業がある場合はどうやったらわかるんだ?
アサミ先生
それは「ブラック企業を避ける」ことよ。
ブラック企業がよくする求人票の書き方があるから、それを理解してブラック企業を見分けて避けるのよ!

求人票でブラック企業かどうかを見分ける方法

では、求人票でブラック企業かどうか見分けるにはどうすればいいのでしょうか。

以下の画像は実際の求人票になっています。

大阪ハローワークHPより

ブラック企業が求人票によく書くことを以下でまとめました。

①募集期間が長い
②給与に幅がある、または高すぎる
③求人票に曖昧な言葉が使われている

①募集期間が長い

まずは求人票の募集されている期間を見ましょう。

その期間が1年以上の場合は要注意です。

長期間求人募集しているということは、離職率が高く、常に人材不足になっている可能性が大きいです。

②給与に幅がある、または高すぎる

給与に幅があるということは、一番高く表示されている給与が、みなし残業手当が含まれている場合や達成できないようなノルマに到達した時のみに与えられる報酬を加算した場合となっている可能性があるのです。

また、給与が高すぎる場合は、離職による入れ替わりが激しいため、給与を高くすることで常に代わりの人員を募集を集めている可能性があります。

どこの業界でも平均となる給与が存在するので、そういった平均から大きく離れて高くなっている場合はブラックの傾向が強いと言えるでしょう。

業界の年収を調べるなら以下のサイトでよく調べられています。

年収ラボ

求人票に曖昧な言葉が使われている

ブラック企業の求人票にはよく使われているフレーズが存在しています。

「成果主義」
「実力主義」
「やりがいのある」
「夢のある人集まれ」
「自らの頑張りが成長につながる」

求人票で上のようなフレーズをよく目にすると思います。

こういった類いのものは、どれもこれも会社を説明するフレーズとしては抽象的なものとなっています。

なぜこのような抽象的なフレーズばかりになるのでしょうか?

その理由は、その会社で具体的にアピールできることがないからです。

アピールポイントがないので、こういった一見、魅力的なように見えるフレーズで求人を募るのです。

こういったフレーズを使っている全ての会社がブラック企業とは限りませんが、こういったフレーズを求人広告で見つけたら気をつける癖をつけましょう。

以上の3つの項目で1つでも当てはまれば、ブラック企業である可能性があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハローワークは国が運営しているからと言って、求人掲載を全て鵜呑みにしてはいけません。

本記事で紹介したブラック企業を見分ける方法を使って、ブラック企業には転職しないようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です