内定辞退の期限はいつまで?許される法的な期限と最適なタイミング

内定辞退2

厳しい就活に耐えて、晴れて希望の企業から内定を得られた時、困った問題が生じます。

既に内定の連絡があった企業への「内定辞退」の連絡です。

さとし
内定辞退をしたいけど、どんな風に連絡をすればいいんだろう?期限はあるのか?
さやか
内定辞退をする際に、怒られるなんて噂も聞いたことがある…。
アサミ先生
内定辞退」の問題、就活の終わり頃になると直面する人も多いかもしれません。今回は、内定辞退にまつわる様々な疑問にお答えしていきます!

内定辞退の法的期限について

内定辞退の期限について結論からいえば、4月1日が正式入社であればその2週間前までです。

というのも、民法で「雇用契約は解約通知をしてから2週間で解約になる」と決められているからです。

アサミ先生
とはいえ、内定辞退期限が2週間前だからといつまでも悩んでいてはダメ!

✔︎ 直前のタイミングでの内定辞退は迷惑行為です

最低でも雇用契約開始日の2週間前までは、内定辞退が可能であるのは間違いありません。

しかし、これはあくまでも法的な期限であって、通常では入社ギリギリのタイミングになってから内定辞退をするケースはほとんどありません。

入社ギリギリで内定辞退するのはタイミングとしては最悪のタイミングであり、企業側としてはかなり迷惑な行為であるという点を肝に銘じておきましょう。

内定辞退はできるだけ早いタイミングで行う

アサミ先生
「内定辞退はいつまでにすればよいですか?」との質問には、「いつでもできます」という回答と、「1日でも早くしましょう」という回答の2種類のパターンがあります。

✔︎ 「いつでもできます」=法的な視点

「法的な視点」という意味では、いつでも内定辞退は可能です。それはきちんと法律で定められています。内定者は「期間の定めのない労働者」と同じ扱いなのです。

民法627条の1(期間の定めのない雇用の解約の申し入れ):当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

一般的に「内定辞退をするならば入社2週間前までに」と言われていますが、こちらは誤解です。

上述したように、契約解除(この場合内定辞退)を申し出てから「企業の合意がなくても」2週間で解除になるため、法的には入社まで2週間を切っていても内定辞退をすることができます。

アサミ先生
ただし!高額な備品や引越し費用、研修費などを内定者から依頼して負担させたにもかかわらず突然の辞退、といったケースであればその分の損害賠償を請求されることも稀にあります。
さやか
なるほど…。気をつけますっ!!

✔︎ 「1日でも早く」=マナー的な視点

企業側の視点に立ってみましょう。

あなたが辞退連絡をすることによって、企業は他の学生に、代わりに内定を出すことができますし、採用計画を修正する余裕を持つことができます。

「面倒くさい」「怖くて連絡できない」と言った理由で引き伸ばすのは、社会に出る人間としてマナー違反です。

辞退の連絡は1日でも早く行いましょう。

内定辞退のベストなタイミングは遅くても5日以内

内定を辞退をする場合、いつまでその返事をすればタイミングとしてベストなのでしょうか?

そのベストタイミングについてご紹介します。

会社側は、応募者へ内定を出した後、その人が入社してくるための準備をおこないます。

そのため、内定を辞退しようと考えている就活生は、早めに連絡をすることが大切です。

なるべく早く、遅くても内定が出てから5日以内に連絡するのが理想といえるでしょう。

早目に辞退の連絡をすることで、会社側も再募集を出すことができるのです。

さとし
内定辞退の連絡は1日でも早いほうが良い。その方が、企業としても助かるんだな!

アサミ先生
そうね!もし最初から辞退を考えているのならば、連絡を受けて半日後でも良いので返事をするのよ。
[/voice]

就活の期間は、長いようで短いです。

その短い時間を、就活生側と企業側でお互いに有効活用するためには、早めの連絡が大切となるのです。

内定辞退の方法

アサミ先生
内定辞退の連絡方法は大きく2つ。電話、メールです。基本的には電話連絡を優先しましょう。
さやか
電話連絡かぁ…。緊張するなぁ…。

電話連絡の注意点

アサミ先生
何よりも直接、誠意や謝罪の意が伝えられるのが電話です。一番早く連絡ができる手段でもあります。

電話をかけるときは、自分が分かる範囲で構わないので、採用説明会や選考会を行っているタイミングや始業後1時間と昼休みの時間を避けてかけましょう。

電話をかけたときに担当者が不在だった場合は、戻り時間を確認して、その時間にかけなおすことを伝えてください。

担当者が出張などで長期不在と言われた場合のみ、「大変失礼かとは思いますが、1日でも早くご連絡しなければと思い、内定辞退の件について、どなたか他にご報告させていただける方はいらっしゃいますでしょうか」と相談しましょう。

✔︎ 電話のトークスクリプト

『こんにちは。先日内定のご連絡をいただきました〇〇大学〇〇学部の○○と申します。

恐れ入りますが、人事部のご担当〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?
(電話が担当者に代わる)
お忙しいところ失礼いたします。〇〇大学〇〇学部の○○と申します。

先日は、内定のご連絡をいただきありがとうございました。

本日は、内定の辞退をさせて頂きたくご連絡いたしました。
〇〇様には説明会時からお世話になり大変申し訳なく思っております。

ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
(先方から了承の返事がある)

お忙しい中、ご丁寧にご対応をいただきありがとうございました。それでは、失礼いたします。』

電話でのトークスクリプトのポイントは、名乗り・謝罪と感謝の意を示すことの2点です。

メール連絡の注意点

アサミ先生
メールの良い点は、相手に連絡をした履歴が残ることです。

担当者が長期不在で、他に新卒採用について分かる人が誰もいない場合など、緊急の場合などにはメールでまず第一報を入れましょう。

その際は、「直接お電話でご連絡し、お詫びすべきところではございますが、まずはご連絡をと思いメールいたしました。後ほどお電話させていただきます」と記入しましょう。

✔︎ メールのトークスクリプト

件名:【〇〇大学〇〇(名前)】内定辞退のご連絡
本文:
〇〇株式会社 人事部
〇〇様

こんにちは。私は先日内定をいただきました〇〇大学〇〇学部〇〇です。
先日は、内定のご連絡をいただき誠にありがとうございました。

貴社からの内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。
ご担当の〇〇様には説明会時からお世話になり、大変申し訳なく思っております。
ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

末筆ながら、貴社益々のご発展をお祈り致します。

〇〇(署名)

メールでのトークスクリプトのポイントも、文の構成・謝罪と感謝の意を示すことの2点です。

内定辞退にまつわるトラブルと対処法

アサミ先生
ほとんどの場合、内定辞退はスムーズに受けてもらえることがほとんどですが、難しい対処を迫られるケースもあります。事前に把握しておきましょう。

✔︎ 訪問して謝罪を求められた場合

この場合の多くは、企業側としては、直接話をすることで辞退させないよう説得できないかと考えています。

今後の参考に、直接話を聞きたい、というケースもあります。

誠意を持って訪問し、「最終的な意思決定です。大変申し訳ありません」とキッパリ話ましょう。

✔︎ 交通費など、費用の返還を求められた場合

このようなケースはほとんどありません。

万が一、請求があった場合についても、労働者には解約の自由があり(民法627条)そのことについて責任を負うのは、よほどの不誠実性が認められたケースのみです。

速やかに大学キャリアセンターに相談し、窓口となってもらいましょう。

✔︎ 次回からあなたの出身大学からは採用しないといわれた場合

採用担当者も「普通の人間」です。

カッとしたり、がっかりしたりして、思わず言ってしまう一言がないとは限りません。

大学の指定校推薦を取っていたなどのケースは除き、誠心誠意お詫びし、今後については大学のキャリアセンターに相談することを伝えましょう。

内定辞退代行サービス

さやか
内定辞退代行サービス、、、?
アサミ先生
内定した企業に対して内定辞退の電話連絡を代理で業者が行ってくれるサービスよ。

内定をいただいたけれど、希望していた職種を諦めることができない。

別の仕事をしてみたいと思っている。

企業に内定辞退の電話して迷惑に思われるのが嫌だ、忙しくて内定辞退に時間を割いている暇がない。

などの理由で内定を辞退する電話をかけられない学生・転職者さんに代わって代理で内定を辞退する連絡をしてくれるサービスです。

内定辞退代行サービス

内定辞退代行ってどんなサービス?本当に内定辞退できるの?【2chでの評価とは】

2019年1月31日

おすすめの内定辞退代行サービス

さとし
色々な内定辞退代行業者があるな!
アサミ先生
下の表を見て参考にするといいわ

当サイトで調べた主な内定辞退代行業者の比較表です

リクセル 電話代行屋stupchiba ニコイチ
料金 14800円 20000円〜 29000円
実績
専門性
対応時間 24時間/LINEでも対応 24時間メールで対応 7時〜21時まで電話対応
さやか
リクセルはLINEでそうだんできるんだ!すごい!

内定辞退代行サービス「リクセル」について詳しくはこちら

アサミ先生
キャンペーンで安くなっている場合もあるのでサイトで確認してみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です