内定辞退代行『リクセル』ってどう?評判や口コミは?【徹底リサーチ】

内定辞退代行サービス

企業から内定をもらったものの、条件面で折り合いがつかない場合や、複数社から内定をもらっており他の企業への入社を決めた場合などに内定を辞退することもあります。

今回はその内定辞退を代行してくれる、サービスを行なっている「リクセル」を徹底リサーチしました。

評判や口コミも確認していきましょう。

内定辞退代行とは

内定した企業に対して内定辞退の電話連絡を代理で業者が行ってくれるサービスです。

内定をいただいたけれど希望していた職種を諦めることができない。

別の仕事をしてみたいと思っている。

企業に内定辞退の電話して迷惑に思われるのが嫌だ、忙しくて内定辞退に時間を割いている暇がない。

などの理由で内定を辞退する電話をかけられない学生・転職者さんに代わって代理で内定を辞退する連絡をしてくれるサービスです。

内定辞退代行サービス「リクセル」

退職代行サービス「リクセル」初めて聞いた名前ですが、それもそのはずでした。

今年2019年から始まったサービスでした。

他にも色々な内定辞退代行業者が存在している中でなぜ、「リクセル」をリサーチすることにしたのかというと

今、日本にある数ある内定辞退代行サービスの中で唯一、内定辞退代行1つを専門にしている業者だからです。

ホームページを見てみると運営会社の情報が載っていたので記載しておきます。

会社名 株式会社Caddiee
ホームページ https://caddiee.com
本社所在地 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島8-16-10
代表者 代表取締役 宇都宮 正暉
お問い合わせ info@caddiee.com

他の内定代行業者は他の事業と兼ねて行なっていますが、この「リクセル」は内定辞退代行専門ということで気になりリサーチすることにしました。

「リクセル」の口コミ

リクセルをリサーチしていると何件か口コミを見つけましたので紹介します。

大阪府 22歳 IT企業 内定

早期に就職先を決めてしまい、内定承諾書を記入してしまいました。
その後新しくやりたいことが見つかったので内定辞退を申し込んだところ会って話がしたいと言われ、内定辞退代行サービスを利用することにしました。その後その企業とは一切連絡を取ることなく内定辞退することができたので良かったです。
始めは利用するのに気が引けましたが、強い引き留めにあい消耗するよりいいかなと思います。

東京都 22歳女性 介護職 内定

最終面接で内定承諾書を記入すれば内定を出すと言われ、仕方なしに記入しました。その後、ネットなどで調べるとそのような行為を行なっている会社は危険だと知り内定承諾書の取り消しを求めたのですが、損害賠償請求すると言われ困っていました。弁護士に相談することも考えたのですが、高額なので内定辞退代行サービスを利用しました。その後会社側から連絡が来ることもなくなり、安心しました。

福岡県 26歳 男性 インフラ系 内定

転職活動をする中で複数から内定を頂き内定承諾書を記入したのですが、退職予定だった職場に引き留められ給与や職場環境の改善する約束を頂きました。そのため内定辞退したかったのですが、良くして下さっただけに内定辞退代行を利用しました。特に問題なく済んだので良かったです。

「リクセル」の評価

リクセルのサイトを見てみると、内定辞退率は100%と書いてありました。

確かに自分が就活生の時は時間がなく、内定辞退の電話連絡は悪いことではないのにも関わらず

億劫になってかなりの労力を使いました、、、

それが14800円で最大三社まで内定辞退の連絡を100%確実に済ましてくれるなら私も就活中に利用したかったですね、、、

上記で書きましたがリクセルの内定辞退代行の料金は14800円です。この値段は私が調べた他の内定辞退代行サービスの中で1番低価格でした。

内定辞退代行業者を比較

リクセルを他の内定辞退代行と比較してみました。

それをまとめたのが下記の表になっています。

リクセル 電話代行屋stupchiba ニコイチ
料金 14800円 20000円〜 29000円
実績
専門性
対応時間 24時間/LINEでも対応 24時間メールで対応 7時〜21時まで電話対応

LINEで気軽に相談できるのは、リクセルだけですね。

電話での相談をしたい場合は、ニコイチを利用するのもいいかもしれません。

安く手軽にという点を考えるとリクセルが一番おすすめです。

まとめ

内定辞退代行サービス、とてもいいサービスですよね。

その中でもリクセルに私が惹かれた理由は

大きく分けて「業界最安値」「内定辞退代行専門業者」この二点の理由からです。

安いものはいいですよね。しかしなぜ安く出来るのか理由が不明では不安です。。。

リクセルの場合は内定辞退代行を専門に扱うことによって業界最安値でサービスを提供出来るのでしょう。

詳しくリクセルを知りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です