ブラック企業

【2012年ブラック企業大賞】東電の被ばく労働問題が浮き彫りに、ノミネート全10社を詳細解説します

2012年ブラック企業大賞ノミネート一覧ノミネート一覧
さやか
さやか
アサミ先生。ブラック企業大賞って何ですかー?
アサミ
アサミ
ブラック企業大賞とは、NPO法人や弁護士など専門家が集まってブラック企業を実名公表する機関の活動よ。
ここからは、2012年度に発表されたブラック企業大賞のノミネート企業を解説するわね!

2012年のブラック企業大賞を受賞した企業は こちら↓

2012年、ブラック企業大賞委員会によってブラック企業大賞の受賞およびノミネート企業が発表されました。

そこで今回は、受賞企業一覧と、ノミネートされた理由について解説していきます。

ブラック企業大賞受賞・ノミネート全72社をみてみる ↓
ブラック企業大賞ノミネート一覧まとめ

おすすめ退職代行サービス

退職代行SARABA
【コミコミで25,000円/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!
退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業17年&21,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!
退職代行ガーディアン
【労働組合の運営組織だから安心】
東京労働経済組合という労働組合が運営しているため、会社との交渉が可能です!

2012年のブラック企業大賞は、東京電力が受賞しました。

受賞企業一覧
  • ブラック企業大賞:東京電力 株式会社
  • 市民賞:株式会社 ワタミ
  • 特別賞:株式会社 ウェザーニューズ
  • ありえないで賞:株式会社 ゼンショー
  • 業界賞:(SE業界)株式会社 フォーカスシステムズ | (SE業界)株式会社 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

2012年度のブラック企業大賞にノミネートされた企業一覧は、以下の通りです。

Web投票・一般投票結果

ブラック企業大賞は、事前に集計した「Web投票」の結果と、当日イベント会場に来場した方々が投票した「一般投票」の結果をそれぞれ公表しています。

詳細はこちら▶ ブラック企業大賞とは

ここからは、「Web投票」と「一般投票」の結果をそれぞれ見ていきましょう。

Web投票

ウェブ上で集めた投票結果は、下表のようになっています。

順位起業名投票数割合
第一位株式会社
ワタミ
10,010票50%
第二位東京電力
株式会社
4,702票23%
第三位株式会社
丸八真綿
1,254票6%
第四位株式会社
フォーカス
システムズ
827票4%
第五位有限会社
陸援隊株式会社
ハーヴェスト
ホールディングス
765票4%
第六位株式会社
ゼンショー
752票4%
第七位株式会社
富士通ソーシアル
サイエンスラボラトリ
597票3%
第八位株式会社
ウェザーニューズ
503票3%
第九位株式会社
すかいらーく
388票2%
第十位株式会社
九九プラス
273票1%

一般投票

ブラック企業大賞イベント当日、会場で集めた投票結果は、下表のようになっています。

順位起業名投票数
第一位株式会社
ワタミ
14票
第二位株式会社
ゼンショー
11票
第三位株式会社
ウェザーニューズ
9票
第四位株式会社
九九プラス
4票
第五位株式会社
すかいらーく
2票
第五位株式会社
フォーカス
システムズ
2票
第五位株式会社
富士通ソーシアル
サイエンスラボラトリ
2票
第八位東京電力
株式会社
1票
アサミ
アサミ
委員会メンバーが選出したブラック大賞は「東京電力」だったけど、投票結果は「ワタミ」がダントツで多いわね。

ここからは、各企業がどのような経緯・理由から受賞したのか、その理由について見ていきましょう。

【東京電力】福島第一原発で被ばく労働の強要

【東京電力】福島第一原発で被ばく労働の強要

2011年3月11日に起こった東日本大震災。

東京電力は、この東日本大震災が起こった後、極めて高い放射線量の被災地にて、原爆作業員約2万人に危険を伴う復旧作業をさせていたことが、NHKの取材で分かりました。

東京電力は、現場を下請け業者に任せきりにした上、健康状態の調査や保証をせず、責任逃れをしていたことが、ブラック企業大賞受賞の大きな要因となりました。

取材を続ける中、被ばくの影響か分からないものの、健康を害している人たちがいることも分かってきた。ある元作業員は、一昨年(2016年)60代で亡くなった。がんで入退院を繰り返した末のことだったという。被ばくとの因果関係は分からないままだ。

引用:原発事故・7年後の「英雄たち」 1万2000人の作業員が健康調査に応じない理由 | NHK

また、翌年の2012年には、暴力団幹部の指示で組員を福島の災害復旧作業員として派遣したとして、労働者派遣法違反で逮捕されています。

さらに、原発の請負事業を受託していた渡辺興業の社長が拳銃所持の疑いで逮捕されたことで、原発と暴力団の関わりがあったことが浮き彫りとなり、東京電力と暴力団組織との間にパイプが存在することが明るみに出たのです。

「郡山警察署と双葉警察署は5月22日、(福島県)二本松市の住吉会系暴力団配下の組員5?6人を福島原発の災害復旧工事に建設作業員として従事させたとして幹部を労働者派遣法違反で逮捕したと発表した」と5月23日付け「福島民友」は伝えた。これに先立つ5月15日、「福島民報」は原発の請負事業に深く関わり、商工会長や福島県原子力発電所在町情報会議1)委員などの要職にあたった楢葉町の渡辺興業の社長が拳銃所持の疑いで逮捕されたことを伝えている。これらは、原発と暴力団の周辺にいる者が資金獲得のため経営する企業および役員・従業員とが深く関わっている実態を示し、東京電力という公益企業が、それを活用し相互依存関係にあることを物語るものである。

引用元:福島第一原発事故収束作業 暴力団関連企業とその従業員の存在

【ワタミ】新入社員 森美菜さんの自殺

ワタミ森美菜さんの過労自殺の真相

株式会社ワタミの新入社員、森美菜さんは、入社後わずか二か月後に26歳の若さで自殺し、この世を去りました。

ワタミの創業者である渡邊会長からは、森美菜さんの死が労災認定されたことを受け、ツイッターで「労務管理できていなかったとの認識はありません」などと、反省どころか開き直りともとれるような発言が物議を醸し、当時は大変なニュースとなりました。

森美菜さんの遺影を前に記者会見するご両親森美菜さんの遺影を前に記者会見するご両親

世論に後押しされる形で、労基署による外部調査がなされた結果、不慣れな調理業務や深夜勤務に加えて、時間外労働が1ヵ月で100時間以上あったことが分かりました。

森美菜さんのご両親は、違法な長時間労働の強要、過労やストレスによる自殺だったとして、裁判を起こしました。

その結果、ワタミや渡邊氏らが計一億三千万円の賠償金を支払い、法的責任を認めて謝罪する形となりました。

【ウェザーニューズ】男性気象予報士の過労自殺

ウェザーニューズ男性気象予報士の過労自殺

ウェザーニュースに入社した当時25歳の男性気象予報士(※以下、Aさん)が、2008年10月に過度の時間外労働により自殺されました。

ウェザーニュースは、Aさんを含む新入社員に対して、入社してから半年間を「予選期間」などとし、過酷な長時間労働を強要していました。

タイムカード等による勤怠管理がされておらず、事件後に関係者から聞き取りが行われました。
すると、Aさんの6ヶ月間の時間外労働は1000時間を超えており、会社の近くに自宅を借りて寝食がままならない状態でずっと働き続けていたとのことです。

亡くなった男性の遺族らは、ウェザーニュースに対して、納得のいく補償をしてもらうよう請求しました。

男性が亡くなって8ヶ月後に労災は認定されたものの、ウェザーニュースは過労自殺が自社に責任があると認めなかったため、京都第一法律事務所と共に裁判を起こします。

裁判は約2か月間続き、ウェザーニュースは請求した以上の和解金を支払うことに同意した形で幕を閉じました。

【すき屋】「飯5杯盗んだ」告発した店員に対し逆切れ告訴

【ゼンショーすき屋】「飯5杯盗んだ」告発した店員に対し逆切れ告訴

牛丼チェーン「すき屋」を営業する株式会社ゼンショーは、2012年のブラック企業大賞にてありえないで賞を受賞しています。

「ゼンショー」に勤める2人の従業員は、残業代未払いの件で、「首都圏青年ユニオン」に加入後、団体交渉を進めていました。

しかし、「ゼンショー」側は、団体交渉を拒否するばかりか、「組合と委託契約をしている2人とは当社と雇用関係にない」等と独自の反論をしています。

これをうけて、当時41歳の女性店員らは残業代未払いで「ゼンショー」を刑事告訴しました。

すると、「ゼンショー」はデイリー勤怠報告書の記載について「信用できない」などとする詐欺罪、店のコメをおにぎりにして持ち帰ったなどする窃盗罪として、刑事告訴するという前代未聞の暴挙に出ます。

2009年3月、地検は「ゼンショー」の告訴は嫌疑不十分として不起訴としており、その後は残業代未払いの民事訴訟へ続きました。

なお、「ゼンショー」は24時間勤務の強要や、月500時間超の過酷な労働時間、ワンオペ勤務などが問題視され、2014年度には要努力賞を受賞しています。

【フォーカスシステムズ】急性アルコール中毒による男性の自殺

フォーカスシステムズ急性アルコール中毒による男性の自殺

フォーカスシステムズに勤める25歳男性が、2006年9月16日の深夜、京都鴨川の川べりでウィスキー720mlをラッパ飲みし、急性アルコール中毒でこの世を去りました。

ウィスキー720mlをラッパ飲みすることが危険な行為だと判断できなかったことから、男性は精神疾患(うつ病)があったと認定されました。

フォーカスシステムズは、京セラが発売したデジタルテレビ内蔵ケータイのソフト開発を一括受注していた中堅IT企業です。

男性が自殺した同年、4~6月の残業時間は132時間・206時間・161時間を超えており、死亡前の8月は130時間、9月も半月で52時間と過酷な労働環境だったことが判明しています。

【富士通SSL】うつ病を発症後、急性薬物中毒で自殺

【富士通SSL】うつ病を発症後、急性薬物中毒で自殺

富士通SSL(ソーシアルサイエンスラボラトリ)に入社した当時27歳の男性、西垣和哉さんは、2006年1月26日に治療薬の過剰服用により、急性薬物中毒で亡くなられています。

和哉さんは、2002年に富士通SSLに入社後、SEとして医事事務ソフトの操作マニュアル作成を担当されていました。

納期の締め付けや1ヶ月で80時間以上の長時間労働が原因で、うつ病を発症後、入退院を繰り返していたと言います。

和哉さんが死の直前まで更新されていたブログには、死にたい。生きていたくない」と綴っていたそうです。

【丸八真綿】違法な偽装請負による不当解雇

【丸八真綿】違法な偽装請負による不当解雇

布団の製造販売大手、丸八真綿は、違法な偽装請負があったとして、子会社「ハッチーニ丸八」の従業員ら16名から、過去10年分の経費請求を提訴されました。

丸八真綿に勤める社員たちは、販売成績の不振を理由に正社員雇用から業務委託契約へと切り替えられました。

偽装請負の実態としては、営業車のリース代やガソリン代、事務手数料等の名目で月7~9万円が報酬から天引きされていたようです。

また、業務委託となっても社内ノルマの強要や出退勤の時間管理、報酬金額はすべて丸八真綿側が一方的に決めたルールに従わせていたことも分かっています。

事の発端は、製造部門のベテラン社員О氏に退職勧奨を行ったことです。

O氏は、「管理職ユニオン東海」に加入して抵抗すると、丸八真綿は「森田店」という訪問販売部門を新設し、O氏と他組合員2名を異動させました。

さらに、丸八真綿は2009年2月に会社分割により新設した子会社「エム・フロンティア」にO氏らを強制転籍させた後、業務実態のない状態でおよそ7ヵ月に同社を解散、強制的に解雇させたことが大きな問題となりました。

【陸援隊・ハーヴェストHD】居眠りバス事故で業務停止処分

【陸援隊・ハーヴェストHD】居眠りバス事故で業務停止処分

旅行ツアーを企画した「ハーヴェストHD」・バス会社「陸援隊」は、乗客7人死亡・乗客乗員39人が重軽傷を負った「関越自動車道高速バス居眠り運転事故」を起こしました。

「ハーヴェストHD」は、47日間の業務停止処分を受けた同月5日付けで事業の廃止届出書を提出しています。

居眠り運転をした河野化山被告(43)は、自動車運転過失致死傷罪で起訴されました。

河野氏は、自身が所有するバス4台を「陸援隊」の名義を借りて、「河野交通」の屋号で中国人向けツアーを無許可営業していた疑いも浮上し、再逮捕されています。

一方、「陸援隊」代表の針生裕美秀容疑者(55)は、河野氏を日雇い運転手として雇っており、上述した道路運送法違反(違法な名義貸し)の疑いで逮捕されました。

また、「陸援隊」は運転手に対して、適性診断や過労防止策等、適切な対応がなされていなかったことから、旅行業界の日常的なコンプライアンス違反の問題が浮き彫りとなりました。

【すかいらーく】名ばかり管理職?店長2人が相次いで過労死

【すかいらーく】名ばかり管理職?店長2人が相次いで過労死

すかいらーくに勤めていた前沢隆之さん(当時32歳)は、2007年10月に脳出血を発症し、帰らぬ人となりました。

その後の調べで、前沢さんは、倒れた月から過去3ヶ月間で、なんと月200時間を超える長時間労働を強いられていたことが分かりました。

前沢さんは、高校時代から「すかいらーく」にアルバイトとして勤務しており、高校卒業後に正社員として入社しました。
2006年3月からは、1年単位で有期雇用契約を結ぶ、不安定な働き方をされています。

「すかいらーく」では、2004年にも正社員として働いていた中島富雄さん(当時48歳) が過労死で亡くなっています。

すかいらーく過労死会見すかいらーく過労死記者会見

前沢さんのご遺族が開いた記者会見には、中島さんのご遺族である妻の晴香さんも同席しており、「5年前、会社は二度と過労死を出さないと約束したのに、繰り返された」と強い怒りをあらわにしています。

【ローソン子会社:九九プラス】名ばかり管理職が問題に

毎月20日締めの翌月5日支払い

ローソンの子会社である、「九九プラス」が運営するコンビニ「SHOP99」の元店長、清水文美さんは、会社に対して未払い賃金や慰謝料など計約450万円の支払いを求めて訴訟しました。

東京地裁立川支部の判決は、「九九プラス」側から清水さんへ未払い残業代や慰謝料として計約165万円の支払いをすることで、決着となりました。

判決理由として、飯塚宏裁判長は「取扱商品の決定権限がなく、出退勤も自由裁量がなかった」と述べています。

清水さんは、2006年9月に「九九プラス」へ入社後、2007年6月に店長になりました。

しかし、清水さんの給与は、店員のときと比べて8万円もダウンしており、業務上の決定権もなく、名ばかり管理職として働いていました。

また、清水さんは、2006年8月7日から10日にかけて、タイムカード上で計80時間以上の勤務をしていたり、37日連続の勤務など、過酷な労働環境に身を置いていました。

こうした環境が原因で、清水さんはうつ病と診断された後、入社からわずか1年2ヵ月で休職しています。

ブラック企業大賞受賞・ノミネート全72社をみてみる ↓
ブラック企業大賞ノミネート一覧まとめ

-当サイトおすすめの退職代行サービス-

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ
色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。 退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしてあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ! ぜひ参考にしてちょうだいね。

退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合が運営する退職代行サービス。たった25,000円で会社と交渉することができる上に、実績・知名度ともに業界トップクラスと言えます。 未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
 
総合評価
利用料金一律 25,000円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード
おすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

退職代行SARABAは、労働組合「さらばユニオン」により運営されているため、団体交渉権を有しています。
よって、残有給消化や退職日、残業代の請求といった会社との交渉まで依頼ができるのが特徴です。

退職代行SARABAの退職者数は約14,000人と業界トップクラスの実績があるため、当サイトでは自信をもっておすすめしています。

口コミ・評判
20代男性
20代男性
色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。
本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。
うつ病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、辞めることができたのは本当に良かったです。

詳細ページ公式サイト

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。
2021年4月時点で退職者の人数は18,000人を超えており、業界No1の実績をあげています。
 
総合評価
利用料金一律 27,000円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード
おすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング2位は退職代行ニコイチです。

退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができる大きなメリットがあります。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ
30代男性
30代男性
本当に助かりました。
僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていました。
そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、ホームページにある内容の通りでした。

詳細ページ公式サイト

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。交渉権を持つ組合によって対応してもらえるため、安心して利用できます。 料金は一律29,800円に設定されており、他社と比べてリーズナブルと言えるでしょう。
 
総合評価
利用料金一律:29,800円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード
おすすめポイント!

「退職代行ガーディアン」が他業者と大きく違う点は、東京労働経済組合という労働組合を発足しているところです。

「退職代行ガーディアン」なら、労働組合として活動しているため、会社との交渉をする権利があります。

ブラック企業から退職するときに何か問題が起きても、毅然とした態度でこちらの権利を主張することができるメリットがあります。

詳細ページ公式サイト

アサミ
アサミ
耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。 他にも色々な退職代行業者を比較してるから、参考にしてみてね!

【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

-都道府県別のおすすめ退職代行サービス-

基本的に退職代行は全国対応ができるサービスなので、お住まいの地域で探す必要はありません。

しかし、中には「弁護士事務所で顔を合わせて面談したい」「どうしても住んでいる地域の業者にお願いしたい」という方もいらっしゃると思います。

地域ごとに退職代行サービスを検索したい方は、下記の47都道府県リンクをタップしてください。

ABOUT ME
長谷川 匠
初めまして。ミナヒカリ代表の長谷川です。 ミナヒカリとは、フリーランスとしてアフィリエイト事業をメインに活動する私、長谷川が代表を務める屋号になります。 ミナヒカリについて

\ブログランキング参加中!/

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/