ブラック企業

ハローワークの求人票からブラック企業を見分ける方法

ハローワークという言葉はおそらく多くの人が耳にしたことがある言葉だと思います。

ハローワークとは簡単に言うと、国が運営している職業紹介所です。

国が運営しているので、一見、ハローワークから紹介される企業は優良企業ばかりのように思えます。

しかし実際には、ハローワークが紹介、求人掲載している企業はブラック企業が多いようなのです。

今回はなぜ、このようなことが起きるのか、ハローワークの求人でブラック企業を避ける方法について解説していきたいと思います

さとし
さとし
なんでハローワークは国が運営してるのに、ブラック企業を多く求人掲載しているんだ?
アサミ
アサミ
ハローワークの求人掲載の仕方に問題があるのよ。
以下で解説していくわ。

おすすめ退職代行サービス

退職代行SARABA
【コミコミで25,000円/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!
退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業17年&21,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!
退職代行ガーディアン
【労働組合の運営組織だから安心】
東京労働経済組合という労働組合が運営しているため、会社との交渉が可能です!

ハローワークにブラック企業が多い理由

ハローワークに求人掲載されている企業にブラック企業が多いのはどうしてなのでしょうか?

【ブラック企業一覧】あの厚生労働省が名指しをした危ない企業の実態とは?
あの厚生労働省が公表した危ないブラック企業リストとは?ブラック企業の多い業界とその見分け方、対処法を解説ブラック企業一覧を調べるには、厚労省が発表するブラック企業リスト、またはブラック企業大賞にノミネートされたリストを確認する方法があります。就活や転職する方は、ホワイト企業へ入社するためにもぜひ確認しておきましょう!...

以下のような理由からと言われています。

・ハローワークは求人掲載料が無料
・違法がなければ、企業からの求人掲載を拒否できない

では、以下で見ていきましょう。

ハローワークは求人掲載料が無料

ハローワークは企業から求人掲載料をいただいていません

つまり、無料で求人ができるのです。

大手WEB求人媒体(リクナビNEXT、マイナビなど)では求人掲載料の相場が4週間約50万円となっています。

それに比べ、ハローワークは0円です。

ではなぜ求人掲載料が安ければ、ブラック企業の求人掲載が多くなるのでしょうか?

それはブラック企業が社員のことを「使い捨て」だと思っているからです。

ブラック企業では、大量に社員を雇用し、採用した社員を使えないと判断したら切り捨てていくのです。

そして、その穴を埋めるためにまた大量雇用するので何回ももしくは長期間求人掲載するのです。

そのため、多額のコストがかかる大手WEB求人媒体ではなく、無料で求人掲載してくれるハローワークを選ぶのです。

違法がなければ、企業からの求人掲載を拒否できない

ハローワークでは基本的に企業からの求人掲載を拒否することができません。

求人掲載を拒否できるのは、労働基準法、最低賃金法の違反が1年間に2回あった企業の場合、しかも違反があってから労働基準監督署から是正していると判断されれば6ヶ月後には再び掲載可能となるのです。

これは裁判で訴えられるほどのブラック企業は拒否できるが、違法すれすれのブラック企業や労働基準監督署に違反がバレていない企業は、拒否されることなく求人掲載してもらえるのです。

こうしてブラック企業は何食わぬ顔して国が運営するハローワークに求人掲載されるのです。

さとし
さとし
なるほどな。
こうやってハローワークにブラック企業が多く掲載されていくんだな。
アサミ
アサミ
これだけ見たらハローワークを利用することは気が引けるわね。
だけど、ハローワークを利用するメリットもあるのよ。
次は、ハローワークを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう!

ハローワークで求人を探すメリット・デメリット

ハローワークのメリット・デメリットハローワークのメリット・デメリット

では次にハローワークを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

では、まずはメリットについて以下でまとめました。

メリット

・求人数が多い
・職員と相談ができる
・地元企業の求人が多い

順番に詳しく見ていきましょう。

求人数が多い

ハローワーク全国544ヶ所もあり、求人募集数も約1000万件となっています。

求人数No.1の転職サイトdodaでさえ約65200件というところを見れば、桁違いの求人数ということがわかるでしょう。

しかも、これらを全てインターネットで検索することができるのです。

全国津々浦々の求人情報が見れますので、あなたに合った会社が見つかる可能性も上がるでしょう。

選択肢が多いというのは大きなメリットです。

相談員とカウンセリングができる

ハローワークには転職活動がスムーズに進むためにアドバイスをくれる相談員がいます

自己分析、キャリア、職業訓練などいろんな相談にのってくれます。

1人で不安な転職活動において、いろんなことを相談できる人がいれば心強いと思います。

地元企業の求人を見つけやすい

ハローワークに行けば、地元の求人がとても多いことに気づくと思います。

なぜならば、職業安定法によってハローワークは求職者に対して引っ越しの負担のない職を紹介すべきだと決められています。

転職サイトや転職エージェントは地方の求人件数が少ないということがあります。

しかし、ハローワークは地方に企業との関係が強い場合があるので、地方転職者にも安心できるようになっています。

デメリット

では次にデメリットについて、見ていきましょう。

デメリット

・求人票の情報と実際に働いてみた条件で差異がある
・求人票の情報が少ない

では詳しく見ていきましょう。

求人票の情報と実際に働いてみた条件で差異がある

ハローワークにブラック企業が多く求人掲載しているということはお伝えしてきました。

ブラック企業は求職者を多く集めたいために、求人票を魅力的にしてきます。

そのために求人票に当然のように偽りが記述している場合があるのです。

たとえば、求人票には「残業なし」と書いてあったのに、実際働くと残業が毎日のようにあったり、給与も求人票よりも低い金額が支払われたりなどです。

労働基準法15条第1項には、労働条件の明示を提示しなければならないとあります。

労働基準法15条第1項

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。

ではこういった求人票に虚偽の記述があった場合、労働基準法15条第1項に違反するのでしょうか?

残念ながら、虚偽の記載があったとしても違法とは認められません

なぜならば、求人票は労働条件の明示とはされてないからです。

したがって、求人票に書いてあることが本当か嘘か自分で見分けなければなりません。

求人票からブラック企業かどうか見分ける方法につきましては後述させていただきます。

求人票の情報が少ない

ハローワークの求人票は1枚の紙にプリントアウトすることを目的として作られているので、会社の本当に細かい情報まではわからないようになっています。

会社の写真などもない場合が多く、かなり質素なものとなっていて仕事内容、待遇などが最低限書かれている形になっています。

少ない情報から本当に自分に合った会社を見つけるのは難しいので、慎重に求人票を見なくてはいけない。

さとし
さとし
ハローワークで求人を探すメリット・デメリットはわかったぜ。
だけど、ハローワークにも優良企業がある場合はどうやったらわかるんだ?
アサミ
アサミ
それは「ブラック企業を避ける」ことよ。
ブラック企業がよくする求人票の書き方があるから、それを理解してブラック企業を見分けて避けるのよ!

求人票でブラック企業かどうかを見分ける方法

では、求人票でブラック企業かどうか見分けるにはどうすればいいのでしょうか。

以下の画像は実際の求人票になっています。

大阪ハローワークHPより

ブラック企業が求人票によく書くことを以下でまとめました。

①募集期間が長い
②給与に幅がある、または高すぎる
③求人票に曖昧な言葉が使われている

①募集期間が長い

まずは求人票の募集されている期間を見ましょう。

その期間が1年以上の場合は要注意です。

長期間求人募集しているということは、離職率が高く、常に人材不足になっている可能性が大きいです。

②給与に幅がある、または高すぎる

給与に幅があるということは、一番高く表示されている給与が、みなし残業手当が含まれている場合や達成できないようなノルマに到達した時のみに与えられる報酬を加算した場合となっている可能性があるのです。

また、給与が高すぎる場合は、離職による入れ替わりが激しいため、給与を高くすることで常に代わりの人員を募集を集めている可能性があります。

どこの業界でも平均となる給与が存在するので、そういった平均から大きく離れて高くなっている場合はブラックの傾向が強いと言えるでしょう。

業界の年収を調べるなら以下のサイトでよく調べられています。

年収ラボ

求人票に曖昧な言葉が使われている

ブラック企業の求人票にはよく使われているフレーズが存在しています。

・「成果主義」
・「実力主義」
・「やりがいのある」
・「夢のある人集まれ」
・「自らの頑張りが成長につながる」

求人票で上のようなフレーズをよく目にすると思います。

こういった類いのものは、どれもこれも会社を説明するフレーズとしては抽象的なものとなっています。

なぜこのような抽象的なフレーズばかりになるのでしょうか?

その理由は、その会社で具体的にアピールできることがないからです。

アピールポイントがないので、こういった一見、魅力的なように見えるフレーズで求人を募るのです。

こういったフレーズを使っている全ての会社がブラック企業とは限りませんが、こういったフレーズを求人広告で見つけたら気をつける癖をつけましょう。

以上の3つの項目で1つでも当てはまれば、ブラック企業である可能性があります。

さらに、ブラック企業の特徴について調べたい方は、下記の記事もご覧ください。

まだブラック企業で消耗してるの?辛いだけの精神論から抜け出そう!
まだブラック企業で消耗してるの?辛いだけの精神論から抜け出そう!たとえば、毎朝朝礼で大声で歌うとか、サービス残業をするほど評価されるといったブラック企業で働いていると、身も心もボロボロになるわよね。 本記事では、ブラック企業11の特徴、抜け出す方法、転職先がブラックかどうか見極める5つの方法について解説するわよ。...

転職エージェントを賢く使おう!

ではハローワークで優良な求人を探すことができない場合どうすればいいのでしょうか?

それを解決する方法は、転職エージェントを利用して求人を探すということです!

まず転職エージェントを利用するメリットをお教えしていきます。

転職エージェントを利用するメリット
  • 求職者は無償で利用できる
  • 採用までのスケジュール管理をしてくれる
  • あなたにあった最適な求人を紹介してくれる
  • 転職先の雰囲気や裏情報を知ることができる
  • 年収の交渉を引き受けてくれる
  • 転職に必要な煩わしい作業がなくなる
  • 書類選考の通過率を飛躍的に高める

以上が転職エージェントを利用するメリットになっています。

では次に転職エージェントの賢い使い方について見ていきましょう。

なぜ、転職エージェントに何社も登録しなければいけないのでしょうか?

理由は以下の通りです。

  • あなたにあった担当者を数社の中から吟味できるため
  • 転職エージェントによっては取り扱っている案件が違うため、優良求人の取りこぼしを防ぐため
  • 全て無料で登録できるのでデメリットがないため

転職エージェントは、話だけ聞いて利用をやめたとしても問題ありません

1社しか登録せずに転職活動を進めることは大変危険です。

自分に合わない担当者から、希望していない求人を紹介されたり優良求人を取りこぼしたりなどデメリットだらけです。

こういったことを防ぐためにも転職エージェントには必ず複数社登録しましょう

では以下でオススメの転職エージェントをランキング形式で紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

『マイナビエージェント』

・圧倒的知名度!!
・キャリアコンサルトの質が高い
・非公開優良企業求人多数

総合評価5.0
公開求人数17,600件
+非公開求人10,000件
対応エリア北海道 埼玉 千葉 東京 横浜 名古屋 京都 大阪 神戸 福岡
特徴東京、大阪の都市部に強い
業種、職種ごとに実務経験のある人がキャリアコンサルトを務める
利用者特性20代から30代前半

公式サイトはこちら

『doda』
・バランスのいい転職エージェント
・都心だけでなく地方の方も利用できる
・幅広い求人案件
総合評価5.0
公開求人数74,000件
+非公開求人64,000件
対応エリア北海道 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪 京都 神戸 広島 福岡
特徴幅広いジャンルの求人
人気企業の求人多数
利用者特性20代から40代
直接応募可
企画・管理職も豊富

公式サイトはこちら

『type転職エージェント』
・利用者の71%が年収UP
・関東圏に豊富な求人案件
・1994年から続く老舗の転職エージェント
総合評価5.0
公開求人数9,000件
+非公開求人9,000件
対応エリア東京
特徴キャリアコンサルトに定評
利用者の71%が年収UP
IT業界には特に強い
利用者特性20代から30代前半

公式サイトはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハローワークは国が運営しているからと言って、求人掲載を全て鵜呑みにしてはいけません。

本記事で紹介したブラック企業を見分ける方法を使って、ブラック企業には転職しないようにしましょう!

-当サイトおすすめの退職代行サービス-

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ
色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。 退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしてあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ! ぜひ参考にしてちょうだいね。

退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合が運営する退職代行サービス。たった25,000円で会社と交渉することができる上に、実績・知名度ともに業界トップクラスと言えます。 未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
 
総合評価
利用料金一律 25,000円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード
おすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

退職代行SARABAは、労働組合「さらばユニオン」により運営されているため、団体交渉権を有しています。
よって、残有給消化や退職日、残業代の請求といった会社との交渉まで依頼ができるのが特徴です。

退職代行SARABAの退職者数は約14,000人と業界トップクラスの実績があるため、当サイトでは自信をもっておすすめしています。

口コミ・評判
20代男性
20代男性
色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。
本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。
うつ病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、辞めることができたのは本当に良かったです。

詳細ページ公式サイト

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。
2021年4月時点で退職者の人数は18,000人を超えており、業界No1の実績をあげています。
 
総合評価
利用料金一律 27,000円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード
おすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング2位は退職代行ニコイチです。

退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができる大きなメリットがあります。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ
30代男性
30代男性
本当に助かりました。
僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていました。
そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、ホームページにある内容の通りでした。

詳細ページ公式サイト

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。交渉権を持つ組合によって対応してもらえるため、安心して利用できます。 料金は一律29,800円に設定されており、他社と比べてリーズナブルと言えるでしょう。
 
総合評価
利用料金一律:29,800円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード
おすすめポイント!

「退職代行ガーディアン」が他業者と大きく違う点は、東京労働経済組合という労働組合を発足しているところです。

「退職代行ガーディアン」なら、労働組合として活動しているため、会社との交渉をする権利があります。

ブラック企業から退職するときに何か問題が起きても、毅然とした態度でこちらの権利を主張することができるメリットがあります。

詳細ページ公式サイト

アサミ
アサミ
耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。 他にも色々な退職代行業者を比較してるから、参考にしてみてね!

【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

-都道府県別のおすすめ退職代サービス-

基本的に退職代行は全国対応ができるサービスなので、お住まいの地域で探す必要はありません。

しかし、中には「弁護士事務所で顔を合わせて面談したい」「どうしても住んでいる地域の業者にお願いしたい」という方もいらっしゃると思います。

地域ごとに退職代行サービスを検索したい方は、下記の47都道府県リンクをタップしてください。

\ブログランキング参加中!/

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/