退職代行を利用すれば引き継ぎなしで退職できるの?【徹底解説】

最近巷で退職代行サービスという言葉が話題になっています。

退職代行サービスとは、会社を辞めたい人に代わって退職の意思を会社に伝えてくれるサービスです。

一度、退職代行サービスに依頼するともう二度と会社の人と顔を合わせずに辞められるというのがこのサービスの最大の特徴になっています。

ここで気になるのが、この退職代行サービスを利用すると引き継ぎはどうすればいいのでしょうか

いつやればいいのか、もしくはやらなくてもいいのか?

結論から先に申し上げますと、状況にもよりますが、引き継ぎをやらなくても退職できるというのがほとんどのようです。

では今回はなぜそのような結論になるのか紹介していきます。

では早速、見ていきましょう!

さとし

退職代行サービスを利用しようと思うんだが、引き継ぎはどうすればいいんだ?

退職代行サービスに依頼したのに、後で会社に行くことになるなんて絶対避けたいしな…。

アサミ先生

安心して、さとしくん。

状況にもよるけど、ほとんどの場合が引き継ぎせずに退職することができるの。

その理由について説明していくわ。

退職代行とは

まずはじめに、退職代行についてや退職代行の流れを解説していきます。

退職代行とは、本人に代わって勤め先の会社に退職の意思表示をしてくれるサービスです。

「退職するのにお金を払うなんて考えられない。」と思われる人も少なくないのではないでしょうか。

多くの場合、会社に何らかの問題があり、簡単に退職することができない会社に勤める社員に対して退職代行の需要が高まっています。

退職代行の流れ

退職代行サービスの一連の流れを紹介します。

それぞれの業者によって手順に誤差はありますが、大体はこのような感じです。

退職代行の流れ
  • STEP1 相談

    電話、LINE、メールで退職の相談をします。(業者によって様々です)

  • STEP2 依頼

    依頼をする旨を業者に伝えます。

    振込にあたっての詳細情報が送られてきます。

  • STEP3 料金の支払い

    振込先に料金を振り込むと、振込の確認をしてもらえます。

    (利用明細を確認する業者もあるので、利用明細票は保存しておきましょう。)

  • STEP4 退職代行実施前の最終確認

    支払いの確認ができたら、依頼者が会社に伝える事はないか、退職理由などの最終確認があります。

  • STEP5 退職代行実施

    依頼者の勤め先に業者が退職の意思をお伝えします。

  • STEP6 結果の報告

    会社に郵送しなければいけないものや、会社から送られてくるものの確認をします。

    ここで退職届けの記入をして郵送します。(業者から退職届のフォーマットをデータで渡されるのがほとんどです。)

  • STEP7 退職手続き開始

    離職票や、年金手帳が会社から送られてきます。

    他に足りないものがあれば業者に確認して連絡してもらいましょう。

  • STEP8 退職完了

    会社に必要書類を郵送し会社側も確認し、会社から送られてきたものに不備がなければ、無事退職完了となります。

以上が退職代行の流れになります。

次は、今回のテーマ「退職代行での引き継ぎはどうなるのか」という点を解説していきます。

確認していきましょう!

退職代行は引き継ぎ無し退職できる

先述の通り、結論から言えば、退職代行を利用すれば引き継ぎなしで退職できることが多いです。

退職代行サービスを利用して退職すれば二度と会社に出勤せずに退職できます。

会社に来ない人に引き継ぎ作業をしてもらうことは会社側も不可能と考え、引き継ぎせずに退職できるのです。

しかし、以下の場合は引き継ぎする必要があります。

・自分しか知らない業務の情報を持っている

・自分が引き継ぎしなければ会社に実損が生じる

以上のようなことがあれば、引き継ぎの書類作成、または書類の郵送、退職代行サービスに代わりに情報を伝えてもらうなどのいずれかの方法を取らなければなりません。

引き継ぎ作業は法律などでしなければならないと法律で義務づけられているわけではありません

引き継ぎ作業をしていないからといって訴えられることはまずありえません

まとめると

「会社に出勤しての引き継ぎ作業はしなくてもいいが、会社の重要な書類や自分しか知らない顧客データなどがあれば書類にまとめて郵送する必要はある」

ということになります。

退職代行を利用し、即日退職すれば、会社での引き継ぎ作業はせずに退職することは可能でしょう。

さとし

なるほど!
俺がやってる業務は何人かで共有して行なっているから、引き継ぎのことは心配しなくてもいいんだな。

アサミ先生

誰か他の人が引き継ぎ業務を行えるなら、退職代行サービスに依頼してから引き継ぎのことを考える必要はないわ。

しかし、会社に実損が生じるようなことがあれば話は別よ!

次は引き継ぎせずに退職して発生するリスクについて説明していくわよ。

引き継ぎせずに退職して発生するリスク

ここからは、引き継ぎをせずに退職した場合のリスクを以下で紹介していきます。

大切なことなので、一つ一つ確認していきます!

損害賠償請求の可能性

『引き継ぎもせずに、即日で退職して、会社から損害賠償を請求されるのではないか』

と思う方もいると思います。

結論から言うと

退職については労働者に対して法律で認められている権利なので損害賠償が請求されることはありません。

引き継ぎは義務ではありません、引き継ぎをしないからといって損害賠償を請求されることはまずないでしょう。

しかし

「金銭の横領や機密情報の漏洩」

「顧客情報の漏洩など意図的に会社に対して損害を与える」

など会社として深刻な問題が発生することがない限り、基本的に訴えられるケースは絶対にありません。

そのため退職代行を利用する上で、損害賠償を懸念する必要はありません。

退職代行の損害賠償請求に関して詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

退職代行を利用して損害賠償を請求されるリスクとはその対処法を徹底紹介

2019年7月23日

懲戒解雇される可能

退職代行を利用して引き継ぎせず、会社を辞めたことで懲戒解雇される可能性は、損害賠償請求と同様に限りなくゼロに近いです

たしかに会社は社員の退職を取り消して、懲戒解雇処分にすることは可能です。

しかし、「引き継ぎをしなかったから」という理由に対して懲戒解雇はあまりにも重すぎる処分になります。

たとえ、裁判になったとしても認められることは無いでしょう。

しかし、明らかに法律に反する行為を行ったのであれば、懲戒解雇にされます。

法律の範囲内で退職する場合は全く問題ないので心配する必要はありません。

さとし

退職代行サービスに頼めば、退職できても損害賠償請求懲戒解雇扱いにされるんじゃないかって思って会社を辞めるのを躊躇してたけど、そういったケースになる可能性はゼロ近いんだな。

アサミ先生

損害賠償請求や懲戒解雇は会社に実損がある場合や法に反する行為を行なった場合以外ではあまり考えられないわ。

次は退職代行で引き継ぎなしで円滑に退職する方法を解説していきます。

早速見ていきましょう。

引き継ぎのリスクを減らす5つの方法

では、退職代行を使いたいけれど、先ほど伝えたリスクを抑えたいと考える方が、とるべき行動を5つご紹介していきます。

下記が5つの方法です。

  1. 引き継ぎ書を作成する
  2. 非常識な辞め方はしない
  3. 最終出勤日に貸与物を置いて帰る
  4. 弁護士の退職代行に依頼する
  5. 労働組合に依頼する

これら5つの行動について解説していきます。

①引き継ぎ書を作成する

引き継ぎ書を作成しましょう。

余裕があれば最終出社日までに会社で、引き継ぐべきことを箇条書きでメモしておいてください

自宅に帰ったら、箇条書きの内容を具体的な内容まで深掘りしていきます。

ポイントは以下です。

ポイント
  • 何がどこにあるのか
  • 顧客といつどのようなやり取りをしてきたのか
  • 期限が決まっている仕事は何か

②非常識な辞め方はしない

客観的にみて自分でも『このまま辞められたら困るだろうな』と思うようでしたら、しっかり引き継いだほうが無難でしょう。

例えば

  • 大きいお金が動く、重要なプロジェクトを任されている
  • 簡単に引き継げるような内容ではない

などです。

このような場合には退職代行を使っても、間違いなく協議に持ち込まれてしまい即日で退職できなくなります。

※一部、SARABAのような労働組合に退職代行を依頼するのであれば交渉は可能です。

心配な方はSARABAに無料相談してみてください

③最終出勤日に貸与物を置いて帰る

会社から借りているものがあれば、最終出勤日と心で決めている日に置いて帰ることをおすすめします。

そうしないと

確認事項があるから本人が会社まで返しにきてほしい』

などと言いがかりをつけられ、会社に行かなくてはならない可能性もあります。

基本的には、それに応じる必要はなく郵送や宅配便で返却すれば済みますが、余計なトラブルをなくすためにも借りているものは置いて帰りましょう。

④弁護士の退職代行に依頼する

弁護士に退職代行を依頼するのも1つの手段です。

引き継ぎ方法のアドバイスから窓口としての役割に至るまで力強いサポートが受けられるでしょう。

弁護士が提供する退職代行は汐留法律パートナーズなどがあります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

⑤労働組合に依頼する

労働組合に退職代行を依頼するのがもっともおすすめの方法です。

労働組合は一般の退職代行とは違い、紹介したリスクのひとつである協議を持ちかけられても応じることが可能です。

非弁の心配もなく合法的に円満な退職を進めることが可能です。

おすすめはSARABAです。

24時間365日スタッフが待機しており、「レスポンスが早い!」と好評です。

LINEでの相談は無料です。是非参考にしてみて下さい。

さとし

なるほど。

事前に退職の準備をすればリスクもなく退職代行で退職できるんだな。

アサミ先生

でもそれは優良な退職代行業者の場合よ!

今退職代行サービスは色々な企業が乱立しています。中には悪徳な業者も存在しているの。

ということでここからは当サイトおすすめの退職代行サービスを紹介していきます。

では確認していきましょう。

当サイトおすすめ退職代行サービス

退職代行サービスに依頼すれば引き継ぎなしで退職しても問題ないということをお伝えしてきました。

しかし、引き継ぎなしで退職することが心配な方または損害賠償請求など会社から何かされるんじゃないかと心配な方に向けて、当サイトが自信を持っておすすめする安心して退職代行を依頼できるサービスを紹介します。

以下が当サイトがおすすめできる退職代行サービスになっています。

・SARABA
・汐留パートナーズ法律事務所

では詳細を見ていきましょう。

SARABA

SARABAは他の退職代行サービスと違い、労働組合(ユニオン)が運営しているため、会社との交渉ができます。

損害賠償請求や会社からの条件に対応することができるのです。

他社の退職代行サービスはこういった場合に何もできないのがほとんどです。

また、他社にはできない有給休暇についての交渉、未払い給与や残業代の支払い交渉などをSARABAは行うことができます。

料金も29,800円と他社サービスよりできることが多いのに他社サービスと同等またはそれより安い料金で退職代行サービスを提供しています。

[体験談]退職代行SARABAの評判は?口コミだけではわからない真実

2019年6月4日

汐留パートナーズ法律事務所

汐留弁護士事務所公式サイト

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士が行う退職代行サービスになっています。

法律のプロが万全のサポートで退職代行サービスを行なってくれるので安心して依頼することができるでしょう。

損害賠償請求や不当な懲戒解雇に対してももちろん弁護士が対応してくれます。

料金は他社サービスより高くはなっていますが、安心して会社を辞めたい場合は汐留パートナーズ法律事務所を選ぶことを自信を持っておすすめします。

また多くの弁護士事務所にある相談料も無料ですので迷っている方は、ぜひ以下のサイトから相談だけでもしてみてください。

汐留弁護士事務所公式サイト

[体験談]汐留パートナーズ法律事務所が行う退職代行の評判は?口コミだけではわからない真実

2019年8月31日
当サイトオススメの退職代行サービスを紹介している記事はこちらです

当サイトが厳選した優良な退職代行サービスを紹介していますので、必ずあなたにあった退職代行サービスが見つかります。

退職代行サービスがたくさんあってどこを選べばいいかわからない方必読です。

2019年決定版!本当にオススメする退職代行業者ランキング!!!※口コミ情報あり

2019年9月18日

まとめ

会社を辞めたいけど言い出せない、辞めさせてくれない…

今現在もこの悩みで苦しんでいる人が大勢います。

そんなお悩みを抱えている人は、退職代行を利用しましょう。

退職代行を利用すれば言い出しにくい退職を伝えてくれるうえ、もう会社に行かずに済みます。

転職者数は年々増加傾向にありますので、我慢してひとつの会社に居続ける必要はありません。

下記は今回の記事のまとめです。

まとめ
  • 退職代行を利用すればすぐに会社を辞められる
  • 『引き継ぎをしたくない』と言う意思を伝えてくれる
  • 退職代行を利用する場合でも「引き継ぎ」するかしないかは自分次第

退職代行を利用する際はいくつかの注意点もあります。

ここで紹介したことを参考に、トラブルなく退職して新しいスタートを切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です