退職代行業者

退職代行を利用して損害賠償を請求されるリスクとは?対処法を徹底紹介【2020最新版】

▼当サイトおすすめ退職代行サービス▼

退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行jobs
【業界初!セラピスト弁護士監修】
今だけ期間限定で29,800円ポッキリ。全額返金保証もあるので絶対安心!

退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業14年&17,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!

さとし
さとし

せっかく退職代行を利用して、ブラック企業とおさらばしようと思ってたのによぉ〜!

まさか退職代行を利用して損害賠償を請求される事があるなんて…。

アサミ
アサミ

落ち着いてさとし君!

退職代行を利用して損害賠償を請求される事はほぼないの。

今日は「退職代行での損害賠償のリスク」についてお話するわ。

退職代行は昨今、話題になっていますよね。

退職代行を利用して退職すると、会社から損害賠償を請求されるという悪評を目にしましたがそんな事は一切ありません。

ということで今回は

  • 退職代行利用で損害賠償を請求される可能性
  • 損害賠償請求されるリスクを減らす方法
  • 損害賠償された時の対処法

この3点を中心に解説していきます。

退職代行で損害賠償を請求される可能性

退職代行を利用するにあたっての損害賠償を請求の可能性について解説していきます。

退職代行の利用で損害賠償が請求されることはほぼありません!

下記でその理由を解説していきます。

退職で損害賠償を請求されることはほぼない

退職についてはすべての労働者に対して法律で認められている権利なので、会社を辞めるだけで訴えられることありません。

しかし

  • 「金銭の横領や機密情報の漏洩」
  • 「顧客情報の漏洩など意図的に会社に対して損害を与える」

など、会社にとって深刻な問題が発生する場合は別です。

上記のように、会社に実害を及ぼすような退職をしない限り、基本的に訴えられるケースはありません。

1人の社員が退職するからといって、わざわざ損害賠償を請求する裁判を起こすことは、裁判にかかる時間、金銭的なコストを考えると、会社側にもリスクがあるからです。

退職代行を利用して退職したとしても損害賠償請求される可能性は、裁判に掛かるコストの方が大きいため、限りなく低いでしょう。

多くの退職代行会社をリサーチしても、過去に訴訟を起こされた事例は一件見つかりませんでした。

それでも、例外はあります。

実際に突然退職した事例で、会社からの損害賠償請求が認められたケースがあります

それが以下です。

”ケイズインターナショナル事件:平成4年9月30日東京地方裁判所判決”

ケイズインターナショナル事件概要
  • 社員は、月額20万円の給与で入社したが、病気を理由に欠勤して、入社1ヶ月後に退職
  • 会社(インテリアデザインの企画設計の事業を行う)は、顧客との間で、インテリアデザイン契約を受注(月額60万円、契約期間2年間)
  • 社員が欠勤したことにより、インテリアデザインの契約が解約になってしまい、会社は少なくとも1000万円の逸失利益を失った(裁判所による認定)
  • 会社は、社員との間で、200万円を支払う合意をしたもの、社員が支払わないため、200万円の損害賠償請求をしたが、裁判所はそのうち70万円について、社員に対して損害賠償を命じた。

上記の場合、会社はクライアントからの信用を失い、実害が生じているので会社から損害賠償請求を受けるリスクがあります。

さとし
さとし

普通に退職代行を利用する分には損害賠償を請求される事はないのかー!

よかったー!!

アサミ
アサミ

そうね。

でも「引き継ぎをせずに退職すると損害賠償のリスクが生じる」という事は覚えておいてね。

次は、損害賠償請求のリスクを下げる方法を解説するわ。

しっかり確認していきましょう。

損害賠償のリスクを下げる方法

退職代行を利用して損害賠償が請求される事はほぼありませんが、リスクはあります。

損害賠償請求のリスクを下げるには、会社に損害を与えず退職する必要があります。

具体的な方法としては

引き継ぎをしっかり行う」です。

退職代行は即日で退職できるのが魅力の1つですが、引き継ぎをせずに即日退職するのはおすすめできません。

損害賠償請求のリスクが高まるからです。

自分の携わっている業務や、進行中のプロジェクトなどがあれば、必要最低限の引き継ぎをして迷惑を最小限に抑えましょう。

自分しか知らない情報・パスワード・データを管理しているファイルがあるなら引き継がなければならないので注意して下さい。

退職代行での引き継ぎに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【2020最新】退職代行を利用すれば引き継ぎなしで退職できるの?損害賠償や懲戒解雇のリスク 最近、退職代行サービスが話題になっていますね。 退職代行サービスは、労働者にとっては便利なサービスですがリスクも存...
アサミ
アサミ

引き継ぎは社会人のマナーね。

退職代行を利用した後に重要な引き継ぎをしに会社に出向くのはとても気まずい思いをするわ。

そうならないために、退職代行を利用する際も引き継ぎ資料を作成しておいてね。

次は、万が一の損害賠償を請求された時の対処法を紹介するのでしっかり確認しておきしょう。

損害賠償請求された時の対処法

退職代行を利用して、損害賠償を請求される事はありません。

実際に退職に絡む損害賠償請求で裁判になった事例は、極めて少ないのが現状です。

しかし、万が一訴訟される場合の対処法を解説します。

対抗手段として、退職後に弁護士に和解契約書を作成してもらう方法があります。

訴訟されるリスクが高まった段階で弁護士へ相談するのが得策と言えます。

当サイトおすすめの弁護士監修の退職代行はこちらです。

退職代行『弁護士法人みやび』

公式サイトはこちら

アサミ
アサミ

退職代行を利用して、損害賠償を請求される事はほぼないけど、退職代行を利用してトラブルに巻き込まれる事はあるの。

ここからは、退職代行の失敗&トラブルのケースを紹介していきます。

自分が痛い目に遭わないためにしっかり確認してね。

さとし
さとし

了解です!!

退職代行の失敗とは【4つのケース】

退職代行での失敗としては、大きく分けて4つのケースがあります。

失敗4つのケース
  • 退職できない
  • 懲戒解雇される
  • 退職日まで社内で嫌がらせを受ける
  • 退職後の書類を送ってくれない

上記が退職代行の失敗の4つのケースです。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

退職できない

ウェブサイト上の情報を見る限りでは、退職代行サービスを利用して退職できないという事例はないようです。

有名な退職代行サービスは退職率100%っています。

しかし、退職の通知が不適切だとトラブルとなる可能性があります。

こうした問題は特に、即日退職しようとする場合で起きやすくなるのです。

退職代行業者を選び間違えなければ、防げる失敗です。

懲戒解雇(クビ)される

退職代行を利用して引き継ぎせず、会社を辞めたことで懲戒解雇される可能性は、損害賠償請求と同様に限りなくゼロに近いです

会社は社員の退職を取り消して、懲戒解雇処分にすることは可能です。

しかし、「引き継ぎをしなかったから」という理由に対して懲戒解雇はあまりにも重すぎる処分です。

裁判になったとしても認められることはありません。

アサミ
アサミ

そもそも、懲戒解雇(クビ)は就業規則の中でももっとも重い処分

「退職代行なんて使いやがって!腹立たしいから懲戒解雇!」

なんて事は絶対にありません。

安心してください。

退職後までに社内で嫌がらせを受ける

退職代行で失敗するケースの3つ目は、退職後に嫌がらせなどを受けることです。

会社からの嫌がらせの種類はさまざまあります。

嫌がらせ一覧
  • 一方的に退職日を会社の設定する日にされる
  • 人格を否定するような暴言を言われる
  • 退職を撤回するようにしつこく迫られる
  • 退職後に中傷に当たることを言いふらされる

退職を希望する場合、上記のような嫌がらせは避けたいものです。

退職後の嫌がらせはブラック企業の特徴とも言えます。

退職代行の利用後に嫌がらせを受けたら、退職代行業者に対応してもらいましょう。

退職代行SARABAは労働組合を結成しており、会社との交渉をすることができるので嫌がらせにも迅速に対応してくれます。

退職代行SARABAに関して知りたい方は以下の記事をどうぞ。

「退職代行サービスSARABA」が労働組合を結成!会社との交渉も可能に!さらばユニオンとは【2020最新版】今話題の退職代行サービス。 上司からの強い引き止めや、自分で中々退職を切り出せない人を中心に需要が高まっています。 そんな退...

SARABA公式サイトはこちら

退職後の書類を送ってくれない

退職代行の失敗の事例として、離職票などの重要な書類が届かないという場合もあります。

会社の中には

『離職票などは退職希望者自身が取りに来るべきだ』

というような上司のいる会社もあります。

退職代行業者がいくら電話しても会社が無視するといったこともあるのです。

その結果、書類が届かず、退職希望者は自分で会社とやり取りをすることになってしまうのです。

さとし
さとし

せっかく退職できても、嫌がらせをされると素直に喜べないな…。

アサミ
アサミ

そうね。

次の転職先に影響が出るかもしれないわ。

退職代行は退職を代行するのが仕事ですが、退職後のアフターフォローがしっかりしている業者を選ぶのがベストと言えるわね。

ここからは自分にあった退職代行サービスの選び方を解説していきます。

以下で確認していきましょう。

損害賠償請求されない退職代行サービスの選び方

退職代行サービス選ぶ上で重要なことは3つあります。

それが以下です。

実績はあるのか
料金は高くないか
法律上問題のない業者か

以前までは退職代行業者を選ぶ際にたくさんの選択肢があり、どれも同じようなサービスだったのですが、労働組合が行う退職代行サービスが登場してからは一変しました。

労働組合が行う退職代行サービスは、通常の退職代行サービスと違い『会社との交渉』を行うことが出来ます。

つまり

  • 会社に対して有給の取得
  • 未払い給与の取得の交渉

と弁護士ではないとできない業務も代行してくれます。

通常弁護士に頼むと、追加料金やオプションなどで5~10万円程掛かる費用が、たったの27,000円になりました。

労働組合SARABA(サラバ)が運営する退職代行サービスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

SARABA公式サイトはこちら

まとめ

今回の記事をまとめると

アサミ
アサミ

退職代行サービスは、悪徳な業者も増えています。

損害賠償請求されたケースは今のところ一度もありませんが、今後起きるかもしれません。

今後、退職代行の利用を考えている人は、慎重に退職代行業者を選ぶ必要がありますね。

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ

色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にして頂戴ね。

退職代行SARABA(サラバ)
労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができ、実績・知名度共に業界トップクラス
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価 5.0
利用料金一律 27,000円(追加料金なし)
返金保証あり
会社との交渉出来る
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

SARABAのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

SARABAの口コミ

20代 男性
20代 男性

色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

鬱病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、やめることができ本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行Jobs(ジョブズ)
退職代行Jobs
退職代行jobs(ジョブズ)は、業界初のセラピスト弁護士監修による退職代行サービスです。
弁護士の指導の下でサービスが提供されるため、退職手続き上のトラブル等の心配がありません。
通常、弁護士事務所の退職代行サービスは高額な料金ですが、ジョブズではなんと今だけ、期間限定で一律29,800円に設定されているため、当サイトでもおすすめしています。
総合評価 4.5
利用料金一律:29,800円
返金保証あり
会社との交渉できない
営業時間24時間・365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

退職代行jobs(ジョブズ)のおすすめポイント!

退職代行jobsでは、ライン登録をした方全員に退職届のテンプレートと業務引継書を無料プレゼントしています。

通常、退職代行サービスに失敗はあり得ませんが、退職代行jobs(ジョブズ)には返金保証がついているため、退職に失敗したあげくお金を取られるリスクはありません。

退職代行jobs(ジョブズ)を利用して退職後、提携企業である「㈱みらい人事」の転職サポートを利用してお仕事が決まると、最大3万円のお祝い金が受け取れるため、実質0円で退職できるケースもあります。です。

事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

退職代行jobs(ジョブズ)の口コミ

20代 女性
20代 女性

ジョブズさんは退職の意思を伝えてくださるだけでなく、有給休暇の取得を希望していることもしっかり伝えてくださいました。
法律のことも詳しく説明してくださり、「交渉」はできないけど、会社へ私の希望を伝えるだけなら問題ないと理解することができました。
退職届兼有給申請のテンプレートは顧問の女性弁護士さん監修済みのもので安心して利用できました。
有給を取得したことで、賞与支給日に在職していたことになり、ボーナスももらえることができました。
在職期間が長くなったことでその分お給料も多くもらえ、本当にビックリです。
Jobsさんにお願いして本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。2020年9月時点で退職させた人数は17,000人を超えており、業界No1の実績を残しています。世間に退職代行サービスが知れ渡ったのは、「退職代行EXIT」がメディア掲載などで注目を集めたからですが、実は退職代行ニコイチの方がEXITより10年も前から退職代行サービスを始めているため、非常に信頼できる退職代行業者といえます。
総合評価 4.0
利用料金一律:27,000円
返金保証あり
会社との交渉できない
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード

退職代行ニコイチのおすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング3位は退職代行ニコイチです。

多くの退職代行サービス業者や弁護士事務所の営業は朝9時からスタートですが、退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができるのは大きなメリットです。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ

30代 男性
30代 男性

本当に助かりました。僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。
依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていましたし、そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、本当にHPのとおりでした。

詳細ページ公式ページ

アサミ
アサミ

耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な業者を比較してるから、参考にしてみてね!

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/