退職

退職時にボーナスは返さないとダメ?返せと言われないための確認事項を徹底解説!!

ボーナスを支給している画像

通常、夏と冬の年2回貰えるボーナス。

転職を考えてるが、ボーナスの時期が近い。

こんな時、今の会社をボーナスを貰う前に退職したほうがいいのか、ボーナスを貰った後に退職したほうがいいのか迷いますよね。

できる事なら、ボーナスを貰ってからやめたいと思うのは当然!!

しかし、もしも退職したことでボーナスを返せなどと言われた場合、どうしたらいいのか?貰ったボーナスを返さなくてはいけないのか?

この疑問の答えは、原則、貰ったボーナスは返さなくても良い!」です。

今回はこの答えの理由を以下で説明していきます!!!

おすすめ退職代行サービス

退職代行SARABA
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業14年&17,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!

退職代行ガーディアン
【労働組合の運営組織だから安心】
東京労働経済組合という労働組合が運営しているため、会社との交渉が可能です!

そもそも、ボーナスってなぜもらえるの?

一般的に年に2回貰えるボーナス、そもそもボーナスって何なのか?なぜ貰えるのか?意外と知らずに貰っていることが多いはず!

まずはボーナスについて見ていきましょう。

ボーナスとは?賃金との違い。

ボーナスとは、一般的には賃金とは別に支払われる「賞与」のことです。

賞与」とは「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額が予め確定されていないもの」と厚生労働省の通達で決まっています。

要するにボーナスとは、会社の業績や社員の業務成績、態度等によって支給額が決まる特別手当、恩給という位置付けになっています。

そして、賃金との決定的な違いは、労働基準法において、ボーナスは支給義務がないことです。

会社の業績不振の時にボーナスがなかったり、そもそもボーナスを支給されない会社があったりするのはこういう理由があるからなのです。

ボーナスを支払っていなくても、賃金を支払っていれば法的には違法ではないのです。(ただし、次の項目で説明する就業規則にボーナスを支給することが明記している場合、支給義務が発生します。)

ボーナスを返せと言われないために確認すること!!

ボーナスを貰ってから退職する場合、会社にそのボーナスを返せと言われないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

以下では、ボーナスをもらって退職する前に確認しておきたいことを説明していきます。

就業規則を確認しよう!

ボーナスを返さずに済むために、確認しておきたいのは就業規則です。

就業規則」とは、労働賃金や労働時間、労働条件等について定めたものとなっています。

労働者を常時10人以上雇用している会社の場合は、就業規則の作成と届出が原則として義務付けられています。

そして、就業規則は労働者の周知が効力を持つ条件となっています。

また、会社でボーナスを支給する事を決めている場合、この就業規則に記載する義務があることが労働基準法に定められています。

先ほど、労働基準法において、賃金と違い、ボーナスには支給義務がないと言いましたが、この就業規則に記載されていればボーナスに支給義務が発生するのです。

就業規則で確認しておくべきポイント!

次にボーナスを返さずに済むために確認しておきたい就業規則のポイントを見ていきましょう!

①支給日在籍要件

支給日在籍要件とは、賞与の支給日時点で在籍している従業員にしか、賞与を支払わなくてもよいという要件です。

まずは下記のモデル就業規則をみてください。

モデル就業規則

(賞与)
賞与は、原則として、下記の算定対象期間に在籍した従業員に対し、会社の業績等を勘案して下記の支給日に支給する。ただし、会社の業績の著しい低下その他やむを得ない事由により、支給時期を延期し、又は支給しないことがある。

算定対象期間
支給日

4月1日から9月30日まで
12月25日

10月1日から3月31日まで
6月25日

2 前項の賞与の額は、会社の業績及び従業員の勤務成績などを考慮して各人ごとに決定する。
3 賞与を受けることができる従業員は、算定対象期間中の総所定就業日数の3分の2以上の出勤日数があり、支給日当日に在籍する従業員とする

これは厚生労働省のモデル就業規則を改変したものです。

ここで注目すべきポイントは上記規則の太字部分「支給日当日に在籍する従業員とする」です。

これは支給日在籍要件を表している項目であり、もう一度説明しますが、支給日在籍要件とは、賞与の支給日時点で在籍している従業員にしか、賞与を支払わなくてもよいという要件です。

これにより、算定期間中に在籍していたとしても、支給日に在籍していない限り、賞与を受け取ることができないのです。

つまり、算定対象期間中(上記の場合、4月1日から9月30日まで、または、10月1日から3月31日まで)かつ支給日(12月25日または6月25日)に在籍して受け取ったボーナスは返す必要はないということになります。

②「賞与を返還しろ」というような規定

もし、就業規則に「賞与支給後、3ヶ月以内に退職した場合は支給した賞与の半額を会社に返還しなければならない」といったような項目があった場合、ボーナスを返還しなければならないのでしょうか?

このような、賞与支給後に賞与を返還させるような就業規則の規定は、従業員に対して退職をさせにくくする効果があります。

実際に、このような規定があれば、従業員がやめたくてもやめられないような状態になるのは明らかです。

こういった状態を解消するために、労働基準法では賠償予定の禁止(16条)というものを設けています。

賠償予定の禁止とは(労働基準法16条)「使用者は、労働者の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約」することを禁じたものです。

この就業規則の場合、一度支給された賞与が退職時に、「違約金」という形で支払われることを予定している規則となっており、労働基準法16条に反するものとなり、無効となります。

よって、この場合もボーナスを返還する必要はありません

(※ただし、ボーナスが支給される役割の1つに「従業員の将来性の評価」というものがあります。会社を退職するということはその評価がなくなり、その査定分の賞与の一定額の返還を受け入れなければならない場合もあるので、一概に賞与を返還する規定の全てが労働基準法16条に反するとは言えません。)

以上が就業規則で確認しておきたいポイントです。

ボーナスをもらってから退職するメリット・デメリット

メリットデメリット

ボーナスを貰ってから退職するメリット

ボーナスがもらえて転職できる

これは当たり前のことですが、転職にはやはりお金がかかります。

面接用のスーツ、靴、カバン、写真代、面接地までの交通費、それに加えて普段の生活費も加わります。

【仕事を辞めたいけどお金がない!】社会保険給付金サポートってなに? 仕事が辛くて会社を辞めたいのに、退職後のお金が心配でなかなか辞められない方をよく見かけます。 そん...

転職でかかった費用の平均額は、54万3589円(リクナビネクスト調べ)となっています。

ボーナスを貰って、転職資金に充てることができれば、お金の心配をせずに転職に全力で挑むことができます

ボーナスを貰ってから退職するデメリット

冬のボーナス後12月の求人倍率が一番多い

厚生労働省の調べによると、12月の求人倍率がもっとも高く、転職するには大変不利な時期と言えます。

ボーナスをもらうことに重点を置いて、転職するとボーナスをもらえても、肝心の転職で失敗してしまう可能性があります。

まとめ

退職時のボーナスの対処方法について理解していただけましたでしょうか?

ただ、転職において大切なことは、ボーナスをもらってから退職することではなく、今の会社より、よりよい環境、自分に合った会社に転職することです。

転職資金などでお金が必要になるのもわかりますが、ボーナスなどを気にせず、転職に全力で挑むことが一番重要ということを忘れてはいけません。

そのなかで、たまたまボーナス時期が近かった、結果としてボーナスをもらってすぐに退職しないといけないようになってしまった場合に今回の知識を活かせていただけたらなと思います。

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ
色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしてあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にしてちょうだいね。
退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができる上に、実績・知名度ともに業界トップクラスと言えます。
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価
利用料金一律 27,000円
返金保証
会社との交渉
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

おすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

口コミ・評判

20代男性
20代男性
色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

うつ病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、辞めることができたのは本当に良かったです。

詳細ページ公式サイト

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。
2021年1月時点で退職者の人数は18,000人を超えており、業界No1の実績を残しています。
世間に退職代行サービスが知れ渡ったのは、「退職代行EXIT」がメディア掲載などで注目を集めたからですが、実は退職代行ニコイチの方がEXITより10年も前から退職代行サービスを始めているため、非常に信頼できる退職代行業者といえます。
総合評価
利用料金一律 27,000円
返金保証
会社との交渉
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード

おすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング3位は退職代行ニコイチです。

多くの退職代行サービス業者や弁護士事務所の営業は朝9時からスタートですが、退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができる大きなメリットがあります。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ

30代男性
30代男性
本当に助かりました。僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。
依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていましたし、そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、本当にHPのとおりでした。

詳細ページ公式サイト

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。交渉権を持つ組合によって対応してもらえるため、安心して利用できます。
料金は一律29,800円に設定されており、他社と比べてリーズナブルと言えるでしょう。
総合評価
利用料金一律:29,800円(税込)
返金保証
会社との交渉
営業時間
24時間 365日
申込方法ライン・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

おすすめポイント!

「退職代行ガーディアン」が他業者と大きく違う点は、東京労働経済組合という労働組合を発足しているところです。

「退職代行ガーディアン」なら、労働組合として活動しているため、会社との交渉をする権利があります。

ですので、ブラック企業から退職するときに何か問題が起きても、毅然とした態度でこちらの権利を主張することができるメリットがあります。

詳細ページ公式サイト

アサミ
アサミ
耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な退職代行業者を比較してるから、参考にしてみてね!
【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/