退職

退職届を内容証明郵便で送って退職する方法【書き方サンプル付き】

退職 内容証明4

▼当サイトおすすめ退職代行サービス▼

退職代行サラバ(SARABA)
【27,000円ポッキリ/24時間対応OK】
有給交渉/退職金/未払い給与の交渉もお任せ。労働組合だから、会社との交渉も可能!

退職代行jobs
【業界初!セラピスト弁護士監修】
今だけ期間限定で29,800円ポッキリ。全額返金保証もあるので絶対安心!

退職代行ニコイチ
【業界NO.1の実績/朝7時から申込OK】
創業14年&17,000人の退職実績で業界No.1。一律27,000円のリーズナブルな料金も魅力!

今勤めている会社を退職しようとした時、上司から退職を認められない場合もあります。

退職届を受け取ってくれないというケースもあります。

そういう場合、退職手続きが進まずいつまで経っても退職できず、最終的に退職を諦めてしまう方もいるでしょう。

たとえ退職を上司が認めてくれなくても、退職届を受理してくれなくても退職する方法はあります。

それは「退職届を内容証明郵便で郵送する」という方法です。

今回は、退職で悩んでいる方必見「退職届を内容証明郵便で送る方法や書き方」などを解説していきたいと思います。

次の目次では、まず初めに内容証明郵便について解説していきます!

内容証明郵便とは

内容証明郵便という言葉は、あまり私たちにとって馴染み深い言葉ではありませんね。

初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。

内容証明郵便とは

誰が

誰に

いつ

どんな内容の手紙を出したのか

ということを郵便局が公的に証明してくれる郵便(手紙)のことです。

つまり

  1. 手紙を出したこと
  2. 手紙を出した日付
  3. 手紙の内容

この三点を郵便局が公的に証明してくれます。

ですから退職届を「内容証明郵便」で郵送することで、「自分が会社に退職届を郵送した事」「退職届の発送日」「退職届に記載されている内容」この三点の事実の証明をしてくれます。

では退職届を「内容証明郵便」で会社に郵送すれば、いつでも好きな時に退職できるんじゃないか?

と思われる方もいるかもしれません。

「退職届の内容証明郵便」の郵送には適した場面というのがあります。それが以下です。

  • 上司から強く引き止められ、なかなか退職できない。
  • 退職届を受け取ってくれない
  • 退職に関して長い期間保留され、全く退職に関して進展がない
  • 会社に行くのが精神的苦痛で出社できない

他にも適した場面はあるかもしれませんが、こちらが代表的な場面です。

まず常識として退職届は上司に直接手渡しが基本です。

退職というのは、お世話になった上司、先輩、同僚などに誠意を見せ、円満に行うものです。

ですが退職届の郵送はあまりにも一方的で、送られてきた上司からしてもあなたに対する不信感は募り、目指すべき円満退職から程遠いものになってしまいます。

ですが、昨今ブラック企業も増え、人員不足や後任を立てれる状況にない、などの理由でなかなか退職させてくれない企業が増えています。

そのような企業に退職を打診すると一度断られ、心が折れ働き続けている人も多いと思います。

そのまま働きたくない状況で働き続けると、体と精神のバランスが崩れ体調を崩したり、二度と働けない精神状態になってしまいます。

そうなる前に、ブラック企業から即刻退職しましょう。

ブラック企業に対して円満退職する必要は一切ありません。

一番大切なのは、会社ではなく、「あなたの体」「あなたの心」です。

限界が来る前に、退職届を内容証明郵便で郵送しましょう

次は詳しく、退職届を内容証明で郵送した際どのように退職手続きが踏まれ、果たしていつ退職できるのかという点について解説していきます。

なぜ退職届を内容証明で郵送したら退職できるのか

なぜ退職届を内容証明で郵送した場合退職できるのか。

また、どのような退職手続きが踏まれ退職できるのか、そしていつ頃退職できるのか解説していきます。

まずは下の条文を見てください。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。引用:民法627条1項

これは簡単に言うと退職の意思表示をした日から2週間で退職できるということです。

つまり、退職届を内容証明郵便で会社に郵送すると、「いつ」「誰が」「どこに」「何を」郵送したのか公的に証明してくれるので、退職届が会社に届けばそれが退職の意思表示となり、2週間後には退職する事ができるのです。

なので、なぜ退職できるのかというと、「法律で退職の意思表示をすればその2週間後に退職できると定められているから」です。

そしていつ退職できるのかといえば、退職届が会社に到着した日に退職の意思表示をしたことになり、その日から2週間後に辞めることができます。

退職届を内容証明で郵送すれば退職できるという事が分かって頂けたと思います。

次は、内容証明郵便で準備するものについて紹介していきます。

内容証明郵便で準備するもの

退職届の内容証明郵便を郵送する際に準備するものを解説します。

主に準備するものはこちらです。

準備するもの
  • 適切な封筒・用紙
  • 3通同じ内容の文書
  • 郵便局で提出するもの各位

それでは順に詳しく見ていきましょう。

適切な封筒・適切な用紙

封筒や用紙に指定はありません。

白封筒を1通用意して、封筒の表面に記載する宛先は「受取人の住所・氏名」、裏面に「差出人の住所・氏名」を書きます。

封筒に記載する住所と氏名は、退職届に書いた住所・氏名の表記に合わせましょう。

用紙に関して手書きの場合、内容証明用の原稿用紙も販売されてますので確認してみてください。

同じ内容の文書を3通

内容証明郵便を利用する際必ず、同じものが3通必要です

  • 会社に郵送するもの「原本」
  • 郵便局で保管するもの「謄本」
  • 自分で保管するもの「謄本」

書き終えた退職届を2通コピーしておきましょう。

原本を会社に送り、あとの2通は自宅と郵便局で保管します。

郵便局の窓口で提出するもの

証明内容郵便の手続きは郵便局で直接行います。

その際に、郵便局の窓口で提出するものが以下です。

  1. 内容文書(受取人へ送付するもの)
  2. (1)の謄本2通(差出人及び郵便局が各1通ずつ保存するもの)
  3. 差出人及び受取人の住所氏名を記載した封筒
  4. 内容証明の加算料金を含む郵便料金

内容証明の場合、加算料金として430円加算されます。

以下の画像が内容証明を利用する際の、利用料金の概要です。

基本料金と一般書留の加算料金、そして内容証明の加算料金が発生することは頭に入れておいて下さい。

今は、「e内容証明」という家にいながらインターネットで内容証明できるサービスもあります。

詳しく知りたい方は日本郵便公式ホームページへどうぞ

次は退職届の内容証明の書き方を解説していきます!

内容証明郵便の書き方

いよいよ、書き方の解説をしていきますが、いくつか確認しておかなければならないルールがあります。

先に内容証明郵便の書き方のにルールついて解説していきます。

書き方のルール

内容証明の「謄本」には書き方のルールなどが決められています。

「原本」には書き方のルールなどは無いのですが、「謄本」のルールに沿って書くことをオススメします。

なぜなら、「原本」を2部コピーし、そのコピーしたものを「謄本」とすればいいからです。

基本的に「原本」をコピーしそれを「謄本」とします。

謄本のルールに従って原本を書けば、作業を省略できるのでオススメです。

今から「謄本」のルールを解説していきます。

字数と行数

1枚の用紙に書ける文字数は「520字以内」と決まっています。

「一行に書ける字数」と「行数」が下のように決まっています、確認しましょう。

『縦書き』の場合・20字×26行以内
『横書き』の場合・20字×26行以内
・13字×40行以内
・26字×20行以内

パソコンなどを使って作成する際は、「word」で書いて、字数制限に気をつけて調整して下さい。

手書きの場合は、先ほど上記で紹介した「内容証明用の原稿用紙」を購入して作成すれば、良いでしょう。

字数の計算方法

具体的な文字数の計算方法を紹介します。

例もあるので、書く際は参考にしてみて下さい。

まず記号は1個1字とします。

ただし、括弧は上下(横書きの場合は左右)を全体として1字とし、上(横書きの場合は左)の括弧の属する行の字数に算入します。

字数例

・ %(1字)

・ m2(2字)

・ kg(2字)

・ 英字(固有名詞に限ります。)(13字)

次に文字や数字を円、三角形、四角形等の簡単な枠で囲んだものは、各文字及び枠(1字)の合計で計算します。

ただし、文中の序列を示す記号として使用されているものについては、全体として1字と計算します。

字数例

・ ⑤(2字)

・ ⑩(3字)

・ お菓子(4字)

・ 現金書留の料金のご案内(11字)

・ (1) 郵便物(4字)

・ ①損害要償額1万円以下(11字)

・ 420円(4字)

あまり慣れない字数の数え方で困惑すると思いますがルールに従って記載しましょう。

さらに詳しく知りたい場合は日本郵便公式ホームページへ

謄本の文字・記号の訂正

謄本の文字または記号を訂正/挿入/削除するときは、その字数及び箇所を欄外または末尾の余白に記載し、差出人の印を押印します。

この場合、その訂正/削除に係る文字は明らかに読み得るように字体を残して下さい。

退職届の場合は、一枚の用紙で済むので訂正せず、書き直した方が早いのかもしれません。

ですが郵便局の窓口で内容の文書に誤りに気づいた時にすぐに修正できるので、印鑑を持参すれば安心でしょう。

「謄本」に差出人及び受取人の住所・氏名を記載する

謄本には、郵便物の差出人及び受取人の住所氏名をその末尾余白に記載します。

ただし、その住所氏名が内容文書に記載されたものと同一であるときは、原則として、その記載を省略することができます。

退職届の記載例

では実際に退職届の記載例を見ていきましょう。このように書けば謄本のルールに沿っているので、「原本」「謄本」両方に使えます。

退職届

この度、一身上の都合により令和△年△月△日をもって退職いたします。

以上

令和○年○月○日

通知人

東京都〇区〇丁目〇番〇号
田中 たけし(押印)

被通知人

東京都〇区〇丁目〇番〇号
株式会社○○
代表取締役 ○○ ○○

退職届に関して、パソコンで作成しても手書きでもどちらでも問題ありません。

名前の後に押印するのを忘れない様にしましょう。

退職日の日付について

退職日の日付は、書類の到着日から2週間以上経過した日を書いて下さい。

これは「到着した日=退職の意思表示をした日」となるからです。

「発送日」から2週間後ではないので注意してください

内容証明郵便の注意点

今まで内容証明郵便の事について解説してきましたが、注意点がいくつかあるので解説していきます。

  • 封筒に内容証明書在中は書かなくていい
  • 郵送オプションの「配達証明」をつける
  • 内容証明郵便が受け取り拒否された場合

この三点を今から解説していきます。

封筒に内容証明書在中は書かなくていい

「内容証明書在中」という文言を書く必要はありません。

「内容証明書在中」と記載することで、受取人が退職届と認識して、意図的に受け取り拒否することもあります。

受け取り拒否されると退職が間延びしてしまうので余計な事は書かない様にしましょう。

内容証明郵便が受け取り拒否された場合

受け取り拒否されるんじゃないかと心配している方もいると思います。

郵送した退職届が、受け取り拒否されたとしても、問題なく退職することができます。

民法では、「通知が相手方に到達した時から」と定められています。

隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。

引用:第97条

隔地者(かくちしゃ)とは「意思表示が伝わるまでに時間のかかる人」という意味があります。

上の条文を簡単に言うと、退職の場合は社長が隔地者となり、会社に内容証明郵便が到達した時点で意思表示されたことなるという事です。

そのため郵便物が到達した後に受け取り拒否をされたとしても、会社に書類が到達した時点で意思表示の効力が発揮されます。

なので受け取り拒否されたとしても、会社に書類が到達した日から2週間経過すれば辞めることができます。

郵送オプションの「配達証明」を付ける

内容証明郵便で送る際に、「配達証明」の郵送オプションも付けるようにしましょう。

内容証明郵便では「いつ、誰が、誰宛てに、どんな内容の文書を送ったのか」が記録されますが、配達証明を付けることで「郵便物が相手に配達された」という記録まで残せます。

そのため、配達証明付きで郵送することで、後々「退職届を受け取っていない」と言われて会社と揉めることもありませんし、もし揉めたとしても配達証明は有力な証拠として役に立ちます。

実際に配達証明付きで郵送すると、配達後に配達したことを証明する「ハガキ」が送られてきます。

配達したことを証明する大切な書類なので、しっかりと失くさないように保管しておきましょう。

内容証明郵便で退職するメリット・デメリット

内容証明郵便について解説してきました。

ここでは、内容証明郵便で退職するメリット・デメリットを再確認していきましょう。

メリット
  • どんな職場でも退職が必ずできる
  • 退職の交渉で無駄な時間を省ける
  • 早くて2週間で退職できる

ブラック企業などで退職届を受け取ってくれない企業や、退職に関して保留されたまま働いている人は多いと思います。

そのような場合は、会社との円満退社は望めませんので退職届の内容証明郵便で退職することをオススメします。

必ず退職できる、退職での悩みから解放されるのがやはり1番のメリットでしょう。

では逆にデメリットの方も見ていきましょう。

デメリット
  • 円満退職できない
  • 有給の消化をしてくれない恐れがある
  • 社内であらぬ噂を立てられる
  • 上司が自宅に押しかけてくる恐れがある
  • 上司からの電話が鳴り止まない

デメリットもたくさんあります。

まず、退職届を受理してくれないということは何らかの問題がその職場にあるという事です。

人手不足なのか、業務が多すぎるのか、何らかの理由であなたに退職してほしくないのです。

退職届を内容証明郵便で送ったとしても、法律など関係なくあなたの退職を阻止しようと自宅に押しかけ、毎日電話が鳴り止まないかもしれません。

退職はできても、そのような嫌がらせを受ければ気持ちは滅入ってしまい転職活動などに影響を及ぼすことがあります。

さらには一方的な退職届の郵送なので有給などの交渉もできないこともありますので注意が必要です。

そこで紹介したいサービスが、退職代行サービスです。

退職代行サービスとは、完全業務委託で退職をサポートしてくれるサービスです。

退職代行サービスを利用すれば退職はもちろん、有給を取得したい意思表示や、会社・上司からの電話を代行業者が代行してくれます。

たった3万円程で会社に行くことなく即日退職できるということで非常に人気のサービスです。

当サイトおすすめの退職代行サービスについてはこちらで詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

【退職代行おすすめランキング】評判や口コミ、体験談などから徹底比較! 退職代行サービスとは?基礎を解説 退職代行サービスとは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、ブラック企業内で上司や同...

まとめ

今回の記事で伝えたい事は、会社が退職を認めてくれない、退職で悩んでいる人は退職届を内容証明で郵便してみて下さい。

大切なのは、会社ではなくあなたの心と体です。

退職代行を利用すれば全てを業務委託でき、二度と会社に出勤せず退職できます。

無料で相談できる退職代行サービスもあるので、一度お気軽に相談して下さい。

当サイトおすすめの退職代行サービス

それではここからは、当サイトおすすめの退職代行サービスについてご紹介します。

アサミ
アサミ

色々な退職代行サービスがあって、決めるのは大変よね。
退職ナビでは、実際に退職代行サービスを運営していた強みを生かしあなたにあった退職代行サービスを紹介しているわ!
ぜひ参考にして頂戴ね。

退職代行SARABA(サラバ)
労働組合が運営する退職代行サービス。たった27,000円で会社と交渉することができ、実績・知名度共に業界トップクラス
未払い給与や、有給休暇の消化なども対応してくれます。当サイトが、自信を持ってお勧め致します。
総合評価 5.0
利用料金一律 27,000円(追加料金なし)
返金保証あり
会社との交渉出来る
営業時間24時間 365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

SARABAのおすすめポイント!

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービス第一位は、退職代行SARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違いなくSARABAを選ぶべきでしょう!

SARABAの口コミ

20代 男性
20代 男性

色々な退職代行サービスがある中で、安くて尚且つ有名ということもありSARABAを利用しました。本当に出勤せずに退職可能か不安でしたが、退職後のやり取りも行なって頂き無事に書類なども受け取ることが出来ました。

鬱病になってしまうのでは無いかというほど追い込まれていたので、やめることができ本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行Jobs(ジョブズ)
退職代行Jobs
退職代行jobs(ジョブズ)は、業界初のセラピスト弁護士監修による退職代行サービスです。
弁護士の指導の下でサービスが提供されるため、退職手続き上のトラブル等の心配がありません。
通常、弁護士事務所の退職代行サービスは高額な料金ですが、ジョブズではなんと今だけ、期間限定で一律29,800円に設定されているため、当サイトでもおすすめしています。
総合評価 4.5
利用料金一律:29,800円
返金保証あり
会社との交渉できない
営業時間24時間・365日
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・クレジットカード

退職代行jobs(ジョブズ)のおすすめポイント!

退職代行jobsでは、ライン登録をした方全員に退職届のテンプレートと業務引継書を無料プレゼントしています。

通常、退職代行サービスに失敗はあり得ませんが、退職代行jobs(ジョブズ)には返金保証がついているため、退職に失敗したあげくお金を取られるリスクはありません。

退職代行jobs(ジョブズ)を利用して退職後、提携企業である「㈱みらい人事」の転職サポートを利用してお仕事が決まると、最大3万円のお祝い金が受け取れるため、実質0円で退職できるケースもあります。です。

事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

退職代行jobs(ジョブズ)の口コミ

20代 女性
20代 女性

ジョブズさんは退職の意思を伝えてくださるだけでなく、有給休暇の取得を希望していることもしっかり伝えてくださいました。
法律のことも詳しく説明してくださり、「交渉」はできないけど、会社へ私の希望を伝えるだけなら問題ないと理解することができました。
退職届兼有給申請のテンプレートは顧問の女性弁護士さん監修済みのもので安心して利用できました。
有給を取得したことで、賞与支給日に在職していたことになり、ボーナスももらえることができました。
在職期間が長くなったことでその分お給料も多くもらえ、本当にビックリです。
Jobsさんにお願いして本当に良かったです。

詳細ページ公式ページ

退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチ
退職代行ニコイチは、創業から14年もの実績がある老舗の退職代行サービスです。2020年9月時点で退職させた人数は17,000人を超えており、業界No1の実績を残しています。世間に退職代行サービスが知れ渡ったのは、「退職代行EXIT」がメディア掲載などで注目を集めたからですが、実は退職代行ニコイチの方がEXITより10年も前から退職代行サービスを始めているため、非常に信頼できる退職代行業者といえます。
総合評価 4.0
利用料金一律:27,000円
返金保証あり
会社との交渉できない
営業時間7:00~23:30
申込方法ライン・メール・電話
決済方法銀行振込・ペイパル・クレジットカード

退職代行ニコイチのおすすめポイント!

当サイトがおすすめする退職代行サービスランキング3位は退職代行ニコイチです。

多くの退職代行サービス業者や弁護士事務所の営業は朝9時からスタートですが、退職代行ニコイチでは朝の7時から営業しているため、突然「もう出勤は無理だ…」と心が折れたときにすぐ申し込みができるのは大きなメリットです。

退職の認定後、2ヶ月間のアフターフォローがつくため、退職関連の必要書類が足りなくて困ることはありません。

退職代行ニコイチの口コミ

30代 男性
30代 男性

本当に助かりました。僕自身は何もしなくてよくて指示通りに動いていただけなんでずっと遊びほうけていました。
実際に会社から自分に連絡はこなかったですし。
依頼する前は、本当に何もしなくても辞めれるのか?と思っていましたし、そんな都合のいい話があるんだろうか?とも思ったんですが、実際に依頼してみて自分自身はとくに何もしなかったんで、本当にHPのとおりでした。

詳細ページ公式ページ

アサミ
アサミ

耐えることだけが全てじゃないから、辛くてどうしようもない時は退職代行も考えてみることね。
他にも色々な業者を比較してるから、参考にしてみてね!

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/