退職を切り出せない人必見!失敗しない退職の方法を解説【円満退職】

退職 切り出せない1

自分で退職を決心した時、職場、人間関係によっては退職を切り出すのが難しい職場もあるでしょう。

今務めている会社を退職する時、上司の強い引き止め、退職決定後の周りからの嫌がらせなどが原因で職場の人間とトラブルに至るケースも少なくありません。

逆にすごくいい環境で、職場の人との人間関係も良好であれば、それもまた退職を切り出しにくくなる原因の一つでしょう。

労働者には「退職する権利があります」

今回は退職を切り出せない人のために、退職を切り出す方法や、切り出す際の注意点などを解説していきます。

この記事を読んで爽やかな気持ちで円満退社をしましょう!

退職を切り出せない理由

退職したいと自分の頭で思っていても、いざ退職するとなれば気が引け、中々退職を切り出せない方は多いでしょう。

退職を切り出せなくしている理由はいくつかあります。

以下を見ていきましょう。

退職を切り出せない理由
  • 上司が怖い
  • 周りに迷惑をかけたくない
  • 業務に追われている
  • 退職理由が曖昧
  • 人手が足りない
  • 後任がいない

上記が主な理由です。

人によって理由は様々ですが、上記以外の理由でも退職が切り出せずズルズルと働き続けている方もいるでしょう。

しかし退職の意思表示をしなければ前に進むことはできません。

現状を奪回するために、退職の切り出す方法を以下で紹介していきます。

退職を切り出す方法

退職を切り出す方法を紹介します。

いつ・どこで・だれに・どのように、退職を切り出せばいいのか解説します。

1〜3ヶ月前に退職の意思表示をする

退職の意思表示は退職の1〜3ヶ月前に伝えましょう。

会社の就業規則に「退職の意思は○ヶ月前までに伝えること」と決まっている事もあります。

会社によって様々ですので一度確認しておきましょう。

ボーナス支給後に切り出す

退職を切り出す時期としては、賞与をもらった後がいいでしょう。

年に二回支給される賞与は額も多く、しっかり受け取ってから退職しましょう。

会社に在職している期間であれば、給与も賞与も受け取る権利はあります。

ですが退職を申し出た場合、給与や賞与が減額されることも稀にあります。

就業規則や上司に確認してから退職の意思表示をしましょう。

繁忙期は避ける

繁忙期に会社から一人抜けると、会社や職場はかなりの痛手になります。

それによって揉める原因となり、円満退社とはほど遠いものになるでしょう。

自分が関わっているプロジェクトの進行中なども同等です。

かならず強い引き止めに合い、退職しづらくなるでしょう。

もちろん一番大事なのは自分の健康、精神面なのでそれに害が及ぶようであれば、上の限りではありません。

会社都合に合わせすぎず、無理のない範囲で退職の意思を伝えましょう。

上司の忙しい時間は避ける

退職の時期は間違っていなくても、上司が忙しくしているタイミングで相談しても取り合ってもらえなかったり、中々段取りが進まず退職が引き伸ばしになることもあります。

就業前に上司に「今日の就業後、少しお時間よろしいですか?」など伝え上司に時間のゆとりがある落ち着いている時に退職の意思表示をしましょう。

会社の誰もいない個室で切り出す

退職の意思を上司に伝える場合、場所も重要になってきます。

基本的に、退職や給与の話など個人的な相談をする場合は周りに他の社員がいない場所を選びましょう。

周りに社員がいる状態で退職の相談をすると周りの社員は話の内容によっては動揺します。

それに腹を立てる上司もいます。

それに個人的な話を周りの人も聞いている状況というのは、自分自身の本当に伝えたい事もうまく喋れなくなる事もあります。

個室で誰もいない場所を社内で探して、そこで切り出しましょう。

社外で切り出すのは避ける

上司と二人で取引先へ行く事になった時、「二人きりだし絶好のチャンスだ!」と思う方もいると思います。

しかしこれは大きな間違いです。

取引先からの帰りの社内で退職の相談をして、上司から「詳しく聞かせてくれ」など言われてしまいます。

その結果、近場のカフェやコンビニの駐車場で何時間も退職に関して引き止められたり、説得されたりで結局退職できなかったという方は何人もいます。

社内ではお互い就業時間もあり、会議室に何時間も二人でいるわけにはいきません。

退職の意思表示は会社の会議室またはそれに伴うオフィシャルな場面で切り出しましょう。

もちろん、飲み会の席などで切り出すのもNGです。

お酒が入ると判断能力は落ち、話にならないからです。

次の日、上司が飲み会の席で自分が退職を切り出した事すら覚えてない事もありえます。

「○○さん、大事な話があるのですが、少し時間頂いてもよろしいですか?」と上司に伝え誰もいない会議室に向かいましょう。

最初に退職の意思表示をする人を間違えない

最初に退職の意思表示を伝えなくてはならないのは直属の上司です。

ですが直属の上司に伝えるのが怖くて先に同僚や先輩に言ってしまうと退職の噂が流れ、後にトラブルになるケースもあります。

退職日が決まってもいないのに、職場にいづらくなったり、上司との関係も悪くなってしまいます。

退職やキャリアの相談は、最初に権限がある人に相談しましょう。

メールで退職を切り出すのはできるだけ避ける

退職の切り出しは基本的にメールではなく、対面して行いましょう。

メールで伝えると上司に一方的であると捉えられてしまい、上司との関係が悪化し退職を切り出しずらくなります。

切り出す際の言葉に注意する

上司に退職を切り出す際の言葉に注意しましょう。

「ご相談があります。」という文言は避けましょう。

「相談」であれば、退職に関してまだ迷いがあり、まだ引き止められる可能性があると判断されてしまい、強く引き止められたりして時間がかかってしまう事があります。

ですから退職に関して自分の中で強い決意があるのなら「相談があります。」よりも「お話があります。」と言い切ってしまいましょう。

✔︎ポイント
  • 1〜3ヶ月前に退職の意思表示をする
  • 賞与・給与を支給された後に切り出す
  • 繁忙期は避ける
  • 上司の忙しい時期は避ける
  • 会社の誰もいない個室で切り出す
  • 取引先、社外で上司と二人きりになっても切り出さない
  • 飲み会の席では切り出さない
  • 最初に直属の上司に退職の意思表示をする
  • メールで一方的に退職を切り出さない
  • 「相談があります。」よりも「お話があります。」と言い切る

退職理由【例文あり】

退職する際必ず聞かれるのは、退職理由です。

その退職理由によって上司の退職に関しての本気度などを確認してきます。

退職理由で会社批判をするのはやめましょう。

関係悪化の原因になります。

以下でよくある退職理由とその退職理由の伝え方を記載しています。

確認していきましょう。

キャリアアップ・別の仕事へチャレンジしたい場合

「現在とは違う分野の仕事に挑戦してみたいという気持ちが抑えきれず、退職を決意しました。」

上記の理由を上司に伝えると、「転職先は決まっているのか」、「内の会社の違う部署もあるがそれでもだめなのか」など具体的な内容を聞かれることがあるでしょう。

詳しく説明しなければいけない退職理由ですので、嘘をついてキャリアアップ・別の仕事へチャレンジしたいと言うのはやめましょう。

上司からの質問攻めに耐えれなくなります。

結婚で寿退社

私ごとですが、この度結婚することになりまして、これを機に退職させて頂きたいと思っています。

結婚・出産などのおめでたい理由は納得される事がほとんどです。

結婚・出産後でも働きやすい職場の環境の場合「ここの職場は産休取れるし、産休後に復帰している人もいるよ。」と言ってくる上司もいますが、自分の中でしっかりと退職の意思が固まっているのなら断わりましょう。

親の介護が必要

両親が高齢となり、親の介護をしなくてはならなくなったため、実家に戻ることにしました。

介護が理由であれば、上司の反対も少ないためはっきりと伝えるべきです。

反対が少ない理由は家族の介護である場合、詳細まで聞く事もはばかられるためです

退職の意思は正しく伝えましょう【例文あり】

退職切り出し男

大事な話がありまして・・・実は退職しようと考えてます。

本当に今までお世話になりました。

悩みましたがずっと前からやりたかった〇〇の業界で挑戦したいと思いまして。

会社が忙しいのに申し訳ないのですが、〇月末で退職させていただければと思います。

退職までの間、後任の方が決まりましたら私が受け持ってた業務すべてしっかりと引継ぎしてまいります。

この度は本当に申し訳ないですが、よろしくお願いします。

上司に一方的に退職の意思を伝えるのは良くありませんが、自分の意思もしっかり伝えておかないとあとで後悔する事になります。

退職に関して具体的な内容も上司に伝えるようにしましょう。

退職を切り出す前に準備しておくこと

退職を切り出す前にいくつか準備が必要です。

何も準備せずに上司に退職を切り出すと、準備不足が原因で上司に丸め込まれ、退職が先延ばしになる可能性があります。

✔︎ポイント
  • 退職の意思を再確認する
  • 退職の期限を決めておく
  • 退職理由を考える

上記が退職を切り出す前に準備しておくことです。

下記で解説しています。見ていきましょう。

退職の意思を再確認する

本当に会社を退職するのか、もう一度自分に問いかけましょう。

どっちつかずの状態で、上司に相談しに行くと上司のプレッシャーに負けて退職を諦めてしまう人が少なくありません。

そうならないために自分の中の退職の意思を再確認してみて下さい。

退職の期限を決めておく

具体的に自分の希望する退職期限がないと、退職がなかなかできず後ろ倒しになってしまう可能性があります。

希望の退職時期を決め上司に相談しましょう。

会社側にも都合があり、一方的に「○月○日までに辞めます。」と伝えると、関係悪化の原因になるので避けましょう。

目安となる時期を伝え、具体的な退職日は上司と相談して決めましょう。

退職理由を考える

円満退職をするためには、本音と建前を分けるましょう。

会社に対してのネガティブな理由で退職しようとしていて、それを会社にそのまま伝えても良い結果にはなりません。

嘘をつくべきということではありませんが、良好な関係を築くためには表向きの理由を述べることで会社に納得してもらうことが重要でしょう。

上司に引き止められた際の対処法

上司から退職を引き止められることは多々あります。

  • 別部署への異動を提案された
  • 後任が見つかるまで辞めないでほしい
  • 給料を上げるから残ってほしい

上記の理由のどれかで引き止められる事が多いです。

引き止めがあった時の対応方法をまとめてみました。

別部署への異動を提案された

「今とは別の〇〇の仕事をやってみたいから」という理由を伝える場合、その業務と近い経験ができる部署などへ異動を打診されることがあるでしょう。

本当に部署異動で状況が改善されるのであれば、会社に残るのも手でしょう。

それでも改善がされない場合は、「その仕事は自社では実現できないこと」をきっぱりと伝えましょう。

後任が見つかるまで辞めないでほしい

人手不足で悩んでいる会社の場合、このように引き留められる場合があります。

後任を育てるにこしたことはありませんが、同時に自分の退職タイミングが伸びてしまう可能性があります。

退職までのヶ月で、最大限の引き継ぎができるようにします。」と伝え、早めの引き継ぎを行う意思表示をしましょう。

給料を上げるから残ってほしい

退職理由が金銭的な部分だけの場合は、一度、退職を見直してみてもいいかもしれません。

しかし、給与だけではなく残業時間や人間関係など別の理由もあるようであれば、給与アップという目先の改善ではなく、先々のキャリアまで考慮にいれる必要がありますよね。

退職を切り出せなかった人の体験談

退職を切り出せない人がどのように退職できたのか体験談をまとめました。

20代男性営業

やりたい仕事を見つけ転職したいと思っていましたが、仕事しながら転職活動は無理だろうなと思ってたので早く退職しようと思っていました。でも直属の上司が怖くて中々、退職が切り出せずにいました。だから僕は、上司じゃなくて周りの同僚や先輩に退職するって言いふらしてたら、それがいつか上司の耳に入り、上司から「転職するのか」と尋ねてきました。その時僕はびっくりしましたが、しっかり転職したい旨を伝えると、その日から退職手続きに取りかかってくれました。ラッキーでした。

あまりオススメの方法ではありませんが、無事退職できてよかったですね。

退職を切り出す瞬間は誰でもかなり緊張するでしょう。

その過程が無かったのは確かにかなりラッキーですね。

自分の口で伝えるのが一番ですが、一人でずっと悩む前に周りに相談しましょう。

30代女性不動産勤務

私は営業担当として5年間勤務してきました。現状よりも良い条件のスカウトを受けたことをきっかけに、転職・退職を考えるようになりました。営業担当者は今私の他に上司にあたる課長しかいません。仮に私が退職すれば、課長が私の担当分の顧客を引き継ぐことになるでしょう。課長も休日出勤が常態化しているほど多忙なため、私の仕事まで引き継ぐことになれば「仕事が回らなくなってしまうのでは?」と懸念しなかなか退職を切り出せないでいます。

あやか

これは人員不足で、後任者が見つからず退職を切り出せないケースね。

30代女性不動産勤務

その後、私は1ヶ月ほど悩み退職をなかなか切り出せずにいました。このままでは転職の機会を失ってしまうのではないかと思い、課長に相談することにしました。すると課長は「君に今辞められるのは困る。私だって手が離せない状況なんだ!自分勝手な事をいうな!退職するなら後任を探して、一年間、後任者を研修しろ!」と怒鳴られました。それでも転職したい私は課長に丁寧にしっかり自分の退職理由や転職先での展望を伝えました。

こうすけ

丁寧にしっかり伝える事が大切だよ!

30代不動産勤務

課長は私の退職に納得してくれました。引き継ぎなども私が退職したい時期を伝えると退職時期まで引き継ぎ作業だけに専念させてくれました。2ヶ月後無事退職する事ができました。最初は課長に怒鳴られましたが、転職してからも近況など心配してくれます。円満退社できてよかったです。

あやか

真摯に伝える事がなにより大切なんですね!円満退社できてよかった!

円満退職するための流れ

「立つ鳥跡を濁さず」とあります。

退職が決まっても円満に退職できなければ後味が悪いですよね。

以下で上記で記載してきた退職の切り出し方をポイントに円満退社の流れを記載してます。

確認しましょう。

円満退職の流れ
  • 退職の準備
    • 自分の退職意思を確認する
    • 退職期限を決める
    • 退職理由を明確にする
  • 意思表示する
    • 退職したい期日の1〜3ヶ月前に伝える
    • 会社の繁忙期は避ける
    • 上司に直接伝える
    • 周りに人がいない場所を選ぶ
    • 一方的に話さない
  • 退職決定後
    • 退職関連の書類を記入し提出する
    • 引き継ぎ業務などの進捗を報告する
    • 転職先に提出する書類など確認する
    • お世話になった人に挨拶に行く

円満退社においては、退職決定後の過ごし方が重要になるでしょう。

退職が決まった後は、気が緩みミスを起こしやすいです。

気を引き締めて最後まで責任を持つ事が大切です。

周囲から「あいつはやめるから、やる気がない」などと思われてはいけません。

円満退社して、次の転職先で後悔しないようにしましょう。

退職代行について

自分で退職をどうしても切り出す勇気がない。

退職を切り出しても全く話にならない。

上司から過剰な引き止めに合う。

などで自分一人の力では退職できない場面というのはあります。

それに悩み、働き続け精神的に肉体的にも限界が訪れてしまうかもしれません。

そんな事になる前に「退職代行」に頼みましょう。

退職代行とは、あなたの代わりに退職の意思を会社に伝えてくれる業者のことです。

この業者を利用することであなたは会社の人と顔を合わせる勇気がなくても退職することができます。

オススメの退職代行業者を紹介します。

【当サイトおすすめ】退職代行サービス

最後に当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスをまとめましたのでご覧ください。

おすすめ退職代行サービス

EXIT
SARABA
退職代行Jobs

EXIT

EXIT

料金

正社員・契約社員 50,000円 (税込)/アルバイト・パート 30,000円(税込)

まず、はじめに当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスはEXITです。

NHK、テレビ朝日、Yahoo!ニュースと多数の有名メディアに紹介されており、退職代行サービスを知るきっかけがEXITだったという人も多いんではないでしょうか。

退職代行サービス業界でEXITパイオニア的存在であり、知名度ダントツでNo.1

退職者数累計2500人以上退職率100%と安心して会社を辞めることができます。(2019年8月現在)

会社を絶対にやめたい、安心してやめたいという人にはおすすめできる退職代行サービスとなっています。

✔︎ ポイント
  • 知名度圧倒的No.1
  • 退職成功率100%
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
退職代行『exit』公式ページ

退職代行『EXIT』の評判・口コミは?利用者の声からわかる真実

2019年5月31日

SARABA

料金

一律 28,000円(税込)

次に、当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスはSARABAです。

なぜ自信を持っておすすめできるかというと、会社と「交渉」ができるからです。

正直、退職代行業界のほとんどは料金の違いはあるにしろサービスの内容はほとんどが同じというのが現状です。

しかしSARABAは他のサービスと違い、会社と「交渉」ができるのです。

会社と交渉することは基本的に弁護士の資格を持っていないとできず、他社サービスでは金銭の請求や退職日の交渉はできないのです。

退職代行サービスの中でSARABAだけは会社ではなく、労働組合として退職代行を行っているので「団体交渉権」を持って、会社との「交渉」ができるのです。

会社を辞めるだけではなく、未払いの残業代や給料がある人は間違えなくSARABAを選ぶべきでしょう!

✔︎ ポイント
  • 即日対応
  • 事前相談無料
  • 追加料金一切なし
  • 24時間対応可
  • 全額返金保証あり
  • 会社と交渉ができる

[体験談]退職代行SARABAの評判は?口コミだけではわからない真実

2019年6月4日

退職代行Jobs

料金
一律 29,800円(税込)

当サイトが自信を持っておすすめする退職代行サービスは退職代行Jobsです。

このサービスが他社と違う点は業界初無料心理カウンセリングがついていることです。

会社を辞めるということは多少の不安を感じるものです。

顧問弁護士である西前先生がセラピストの資格を持っており、カウンセリングによって会社を辞めることで生じる不安を和らげてくれます

退職代行Jobsのサービスは、依頼者が「会社を辞めること」だけではなく、会社を辞めた後の精神的なサポートもしてくれるので、他社よりも依頼者に寄り添ってくれるサービスになっていると言えるでしょう。

退職率100%と退職代行としても万全のサービスを行なっています。

  • 業界初心理カウンセリング付き
  • 24時間365日即日即時対応
  • 全額返金保証あり
  • 追加料金なし
  • 相談料無料

[体験談]退職代行Jobsの評判は?口コミだけではわからない真実

2019年8月26日

 


また、退職代行サービスには弁護士が行うものもあります。

次は弁護士が行う退職代行サービスでおすすめできるものを紹介していきます。

【弁護士編】汐留パートナーズ法律事務所

汐留弁護士事務所公式サイト

料金

一律 54,000円(税込)

弁護士が行なっている退職代行サービスの中でも一番の知名度を誇る退職代行サービスです。

弁護士が退職代行をおこなうので、他社ではできない会社との「交渉」といった業務もできます。

未払いの残業代や給与がある、損害賠償で訴えられるということがあっても弁護士がしっかり対応してくれますので、他社にはない絶大な安心感があるサービスです。

費用は他社と比べ高くなっていますが、値段に見合った質の高いサービスを提供しているので安心して会社を辞めることができます。

弁護士事務所ですが、事前相談料は無料となっていますのでぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?

✔︎ ポイント
  • 知名度バツグン
  • 弁護士行うので安心
  • 即日対応
  • 事前相談無料
汐留弁護士事務所公式サイト

[体験談]汐留パートナーズ法律事務所が行う退職代行の評判は?口コミだけではわからない真実

2019年8月31日
当サイトオススメの退職代行サービスを紹介している記事はこちらです

当サイトが厳選した優良な退職代行サービスを紹介していますので、必ずあなたにあった退職代行サービスが見つかります。

退職代行サービスがたくさんあってどこを選べばいいかわからない方必読です。

2019年決定版!本当にオススメする退職代行業者ランキング!!!※口コミ情報あり

2019年9月18日

まとめ

退職に悩む人は数多くいますが、法で労働者には退職の権利が与えられています。

どうなろうとも、最後には退職できるのです。

退職を切り出せなくても退職はできます。

手段はいくらでもあるのです。

あなたがどの手段で退職するかです。

退職はゴールではなく、次の転職先や、自分の生活のスタートラインなのです。

一人で悩まず、周りの人間や退職代行業者にでも相談しましょう。

あなたが円満に退職できる事を心から祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です