転職

転職の入社日って延期できるの?理由によってはNG!たった一つの解決策

NGサインを出す女性

転職活動の末、内定を貰えば転職先との話し合いで、入社日を決めます。

しかし、様々な事情から決まった入社日を変更せざるを得ない場合もあります。

そのような場合に

『入社日を調整してもらうにはどうすれば…。』

『入社日を延期したら、内定取り消しになるのでは…。』

などの疑問や不安があるはずです。

安心してください。

今回は、そのような疑問や不安を解決する方法を紹介していきます!

では、下記に参りましょう。

入社日の変更はできる?

そもそも、入社日の変更はできるのでしょうか。

まずは、入社日の変更における注意点をなどを解説していきます。

基本的に変更はできない

転職先への入社日が決まっている場合、原則として変更できません。

あなたを採用した企業は、そのタイミングで人材が欲しくて採用しています。

ということは、一刻も早く会社の業務に携わって欲しいはずです。

即戦力を求める企業の場合、入社日が予定よりも1か月以上延期になる場合は採用が白紙になる可能性が高くなります。

それほど、タイミングが重要視されてしまうのが転職活動です

在職者の場合、退職交渉や有給消化を考慮すると、2、3ヶ月が入社までの期間の目安と考えるのが一般的です。

一度決定した入社日は基本的には変更しないようにしましょう。

内定取り消しの可能性がある

入社日変更の理由や延期の期間にもよりますが、内定が取り消される場合もあるので注意が必要です。

先ほども述べましたが、中途採用は基本的に即戦力を求めて採用しています。

そのため、妥当でない理由での変更や何ヶ月も延期する場合には、悪印象を与えるだけでなく内定が取り消される場合があります。

どうしても日程変更せざるを得ない場合は交渉が必要

入社日を変更することは原則してはいけません。

しかし

・在職中の会社の今関わってるプロジェクトの後任の引き継ぎが思うようにいかない

・退職を上司に相談したが強い引止めにあう

などといったケースで、入社日が延期してしまうケースもあると思います。

その場合は、できるだけ早い段階で転職先に伝えるようにしましょう。

まずは、深く謝罪しその後に入社日を変更せざるを得ない理由どの程度入社日を変更したいのかを正直に伝えます。

印象が悪くならないよう、延期の理由を具体的に述べ、確実に入社できる日を伝えることも重要です。

私的な理由で入社日の延期は絶対にしない

私的な理由で入社日を延期する人が稀にいます。

例えば

「転職先への入社までの間に旅行や帰省がしたかったが、前職の退社日が引き継ぎの関係で延びてしまった。」

そのため旅行や帰省ができなかったから、転職先の入社日を延期しようとするケース。

即戦力が欲しくて採用している企業なら、内定が取り消されるのは確実でしょう。

私的な理由での延期が転職先で明るみになれば、一気に信用を失ってしまうでしょう。

誠意を持つ事が大切と言えます。

次は、入社日の延期交渉の、メールでの例文を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

では見ていきましょう!

入社日交渉するメールの例文

正直に誠意のあるメールを送る事が重要です。

サンプルを見ていきましょう!

入社日交渉する時のメールサンプル

人事総務部(担当者氏名)様

件名:入社日について

お世話になっております。
内定の通知を頂きました○○ ○○です。
入社初日の日程を〇月〇日でご調整頂いていたと思いますが、私の後任者が体調不良により、引継ぎが予定よりも2週間ほど遅れています。

上司と相談を重ねましたが、他に引き継ぎができる者がいないため、可能であれば退職日を少し延期してほしいとの要請がありました。

ご迷惑をおかけするのは重々承知しておりますが、〇月〇日の入社日を、〇月〇日に変更して頂くことはできますでしょうか。

なるべくよい形で引き継ぎ、退職したいと思っております。

こちらの都合で恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
―――――――――
(氏名)
メールアドレス:(Eメールアドレスを書く)
電話番号:(携帯電話)
―――――――――

上記のメールサンプルを参考に、誠意を持ってメールを送るようにしましょう!

次は、入社日を延期しないための入社日交渉・退職交渉のポイントを解説していきます。

それでは見ていきましょう。

転職内定後の入社日交渉のポイント

入社日交渉における交渉のポイントを3つ紹介します。

  • すぐに入社したい意思を示す
  • 退職日が決まってから入社日を決める
  • 余裕を持ったスケジューリングで入社日を提示する

1つ1つ確認していきましょう。

ポイント① すぐに入社したい意思を示す

在職中・退職済み、どちらの場合でも早く入社したい意思を示すことで好印象を与えやすくなります。

しかし、早いほうが好印象になるとはいえ、安易に無理な入社日を決めてはいけません

入社日を変更することのないよう、現実的に入社できる範囲で早く入社したい意思を伝えましょう。

ポイント② 退職日が決まってから入社日を決める

在職中に転職活動を行なっている場合、退職日が決まるまでは転職先への入社日を決めるのは危険です。

現職の会社の状況的にすぐに引き継ぎができるかもわかりませんし、入社日までに全然間に合わない場合があるかもしれません。

退職日が決まってから、引き継ぎや有休消化の期間を考慮して入社日を決めるようにしましょう。

転職先の会社は様々なことを調整して入社日を決定しているため、一人の入社日を変更するだけでも多大な迷惑を被る可能性があり、悪印象を与えてしまうかもしれません。

ポイント③ 余裕を持ったスケジューリングで入社日を提示する

退職日が決まれば、ある程度余裕を持たせて入社日を決めましょう。

引っ越しや現職のトラブルなどによって思い通りにスケジュールが進まないかもしれません

転職内定後の退職日交渉のポイント

次は退職日交渉のポイントを紹介します。

  • 迷いを見せない
  • 引き継ぎ内容をすり合わせること

こちらの2点も1つ1つ解説していきます。

ポイント① 迷いを見せない

退職を迷っているような態度やそぶりを見せてしまうと、会社から引き留めに合う可能性が高くなります。

強い意志をもって、転職をすると揺るがない態度を見せましょう。

ポイント② 引き継ぎ内容をすり合わせる

引き継ぎ内容の認識や詳細は、入念にすり合わせてください。

引き継ぎ内容のすり合わせがうまく行えないと、引き継ぎ期間や入社日を延期してしまうことになります。

確認はかなりシビアに行い、決めた期間内で引き継ぎが完了できるようにスケジュールを組んでいきましょう。

以上に注意しないと退職時期の後ろ倒しの可能性が高まり、入社日が延期してしまいます。

一度決めた入社日を変更すると、転職先に多大な迷惑をかけてしまうということをしっかりと肝に銘じておいておきましょう。

まとめ

理由にもよりますが、転職先への入社日を延期することはケースバイケースといったところです。

転職先に迷惑をかけないためにしっかりと現職の上司などと話し合い、退職日を確定してもらう事が重要でしょう。

転職先にとっても現職の企業にとっても、なにより自分自身にとって円満退社することが一番大切です。

円満退社は転職を成功させる大切なポイントです。内定後も油断せず退職日と入社日の調整をして下さい。

\ブログランキング参加中!/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

\クリックお願いします!/